白猫の性格と種類

白猫の性格と種類

白猫の性格は甘えん坊なのか?オスメスによって性格が異なるのか?など、白猫に関する疑問は多々あると思います。一般に白猫と呼ばれている白い毛色をした猫ですが、実は性格もそれぞれ違うようです。また、白猫には様々な種類が存在しています。この記事では白猫の性格や特徴、種類や被毛の長さなどを「遺伝学」に基づいて解説していきます。これから白猫が飼いたい、という方はこれらの基礎知識を頭に入れておきましょう。

7793view

白猫の性格とは

白猫とは、全身の大半が真っ白な被毛の猫のことを言います。白猫は、種類やオスメスなどにより様々な性格の違いがあり、それらは個体によっても異なります。まずは、一般的な白猫の性格について紹介します。

植木鉢に隠れている白猫

一般的な白猫の性格

  • 甘えん坊
  • クール
  • 気が強い
  • 神経質

白猫の性格は、上記のような特徴を持っている子が多いと言えます。白猫は神経質で繊細な性格ではありますが、実は怒りっぽい面もあります。

また、独占欲が強い白猫もいます。体を触らせず、嫌がる白猫もいるようですし、個体差はありますが、基本的に白猫は甘えん坊な性格と言えるでしょう。

白猫の性格はオスとメスに違いがある

オスの白猫とメスの白猫の性格には下記のような違いもあります。

オスの白猫の性格

  • のんびりしている
  • マイペース
  • 社交的
  • 甘えん坊

メスの白猫の性格

  • 飼い主だけに懐くことが多い
  • クール
  • 気が強い
  • べったりはしない

このように、メスの白猫は他に人に敵意を見せることもあります。程よい距離感があり、ベタベタとくっついてこない子が多いようです。初めは、距離を感じることがあったとしても、白猫の性格を考えて、徐々に関係性を良くしていくよう心がけましょう。

白猫の短毛種や長毛種の性格と特徴

道端の白猫

白猫には、短毛種と長毛種の猫がいます。それぞれの白猫の性格や特徴を紹介します。

短毛種の白猫 「エキゾチック」

  • 性格は、好奇心旺盛だが、おとなしいく、飼いやすい
  • アメリカ生まれ、ペルシャを改良した品種の猫
  • 大きな目、ぺちゃんこの鼻が特徴で、骨太で、筋肉質
  • 短毛ですが、やわらかい手触り

長毛種の白猫 「ペルシャ猫」

  • 性格は、非常に穏やか、甘えん坊、撫でられるのが好き
  • 歴史が古く、存在している品種
  • 大きい体、大きなまんまるとした目が特徴
  • きれいな毛並みを保つため、毎日のコーミングが必要

長毛種の白猫 「ターキッシュアンゴラ」

  • 性格は、穏やかで順応力がある、好奇心旺盛だが、デリケート
  • トルコで、古くから国宝として大切にされてきた猫
  • 細身に見えるが、筋肉質なのが特徴
  • ストレスに弱いため、単独飼いがオススメ
  • 長毛種だが、被毛のお手入れに手間がかからない

遺伝学に基づく白猫の種類

首を傾げている猫

白猫は、遺伝学に基づく分け方をすると、主に2種類あるそうです。

  • 突然変異ではない「白猫白色遺伝子」や「白斑遺伝子」を持つタイプ
  • 突然変異で生まれる、色素を全く持たずに生まれる「アルビノ」タイプ

いずれも白色の毛色を要素に持つ猫ですが、その理由は大きく変わってきます。また、遺伝的にも性質が違うため、注意が必要です。白猫の種類毎の、体の特徴、障害、そして性格など、白猫の飼い主であれば知っておく必要があるでしょう。ますはそれぞれの特徴を見て行きましょう。

白色遺伝子と白斑遺伝子とは

白色遺伝子と白斑遺伝子は、別の遺伝子ですが、いずれも白色の毛色を生み出す遺伝子です。それでは、それぞれの遺伝子による違いはどういうものなのでしょうか。

白色遺伝子

  • 白色遺伝子を受け継いた猫は、全身が白い毛色になる

白斑遺伝子

  • 白斑遺伝子を受け継いだ猫は、もともとの毛色の遺伝に対して、局所に白色の斑(模様)が現れる

共通する特徴

  • 「マスキング遺伝子」とも呼ばれ、毛色に関わる他の遺伝子に対して優性に働く
  • 聴覚障害を持つ確率が高い

アルビノとは

白猫の種類の一つとして、アルビノという個体が居ます。アルビノとは、色素を全く持たずに生まれる珍しいケースで、個体数としても少なく、希少な猫です。

ここでは「白猫の種類」としていますが、実際は先天的な病気の一種です。医学的には「先天性白皮症」、「先天性色素欠乏症」と呼ばれています。

アルビノ色素がないため、白い肌もしくはピンクがかったように見えます。また肌や被毛以外にも、色素を作り出すことができないため、瞳孔の奥の血管が見え赤い目をしています。ウサギの目が赤いのは、そのためです。

アルビノかどうか見分ける時は、目を見ます。緑色、茶色、橙色の目を持つ猫は、アルビノではありません。青系統の色をしていても、赤みがかっていない場合も違うでしょう。

アルビノは、メラニン色素の生成がうまく行えないため、光に非常に弱いです。紫外線を当てないように注意いなければいけません。飼う際は、必ず、室内飼いし、紫外線から守ってあげましょう。

白猫の現象「ゴースト・マーキング」

白猫は、子猫のころに体の一部に黒い斑点があった場合でも、大人になると消えることがあるようです。この不思議な白猫の現象は、「ゴースト・マーキング」と呼ばれています。また、頭部に現れるものを、「キトゥン・キャップ」と言います。

白猫の目の特徴

白猫の顔のアップ

白猫の目の色は、どんな色をしているのでしょうか。猫の目は、基本的にグリーン、ヘーゼル、アンバー、カッパーの4つの色に区別されています。そして、白猫の目は、青色、緑色の割合が多いそうです。

目が青色、緑色なのは、白猫の目の「メラニン色素」が薄いからです。また、青い色の目を持つ白猫は、聴覚障害を持っている確率が高いようです。

白猫に多い「オッドアイ」

白猫に多いのが、左右の目の色が違う、「オッドアイ」です。正式には「虹彩異色症」と言います。青色の目の白猫には聴覚障害が多いようで、発生率は3~4割となっています。

片方の目が青色で、青色ではないもう一方の目は、聴覚が正常です。オッドアイを持つ白猫は、希少なため、入手を希望する方もいます。オッドアイ以上に稀な、一つの眼球に複数のカラーが存在する白猫も存在しているようです。

オッドアイを持つ白猫の性格についてですが、他の白猫の性格と大きな差はないと言えます。ですので、オッドアイの白猫を迎え入れる際には「甘えん坊」「クール」などの白猫の主な性格を軸に考えれば良いでしょう。

まとめ

白猫の性格や種類について紹介させて頂きました。よく、猫に関する言い伝えで根拠はありませんが、「白猫の招き猫は縁起が良い」と聞いたことがあります。白猫と一緒にいると、何か少し良い事があるかもと思ってしまいますよね。

白猫は、引き込まれるような魅力を持っています。大切な家族の一員としてお考えの方は、白猫の性格や種類、特徴などを把握して頂いて、繊細で愛らしい白猫を共に過ごしてみてはいかがでしょうか。

40代 女性 yuko

以前、近所に白猫の野良猫が居ました。ちょうどいつも通る道にいたので、いつか触れるぐらい仲良くなれるだろうと期待していたのですが、全くもって無理。本当に神経質な性格のようで、私が一歩近づけば、向こうが一歩下がるといったかんじで、結局近づくことさえできずに終わりました。
しかし今思えば、そのような性格なのであれば、放っておいてあげるほうが猫のためなのだと反省しています。触られるのが好きな猫ちゃんもいますが、必ずしも全ての猫がそうとは限らないですからね。

また、珍しい品種だとそれだけで魅力的に感じてしまいがちですが、疾患についても知っておかないといけませんね。アルビノのように、紫外線のことまで考慮して飼わないといけないとなると、留守番させるときなど、とくに注意する必要がありそうですね。

40代 女性 あーたーにゃー

純白の猫は稀なのですね。そう言われてみたら、全身真っ白の猫は見たことがないかもしれません。
だから近所の野良の白猫数匹は、みんなキトゥン・キャップなんだな、と今更ながらに思いました。恐らく血縁関係もあると思いますが。
しかも、更にその中の2〜3匹は、オッドアイなんですよね。オッドアイは聴覚障害があると聞いて、どうにか保護出来ないものか、と思ったこともありますが、この記事にある通り、クールで、気が強く、神経質なんですよね。どの子も、近づくともの凄い勢いで逃げて行きます。
オッドアイ以上に稀な、一つの眼球に複数のカラーが存在する猫も、一度見てみたい気がします。やはりオッドアイのように、何処かに障害が出るのでしょうかね。
一口で白猫と言っても、奥が深く、長毛、短毛と様々なので、その猫の特徴をよく知ることが大事だな、と改めて思いました。

女性 ケロキ

白猫の魅力は様々ですよね。その背景に遺伝が関係しているのがまた興味深いです。
以前家の周りに、白色の子猫がいました。2日か3日ほどでいなくなってしまいましたがスマホで写真を撮ってあったので見ると、全身真っ白ではありませんでした。眉間に灰色っぽい線があったので、キトゥン・キャップかもしれません。成猫の白猫もたまに見かけますが、他の猫と比べると警戒心がそれほど強くない印象です。庭にいるのを見つけて近づきながら声をかけると大抵の猫は走っていなくなってしまいますが、白猫は木の陰に隠れたままこちらを見ていたり、距離をとりながらも逃げようとしないのです。この記事を読む限りオス猫だったのかもしれません。白猫は意外に愛嬌のある子が多いのかもしれないと思いました。

40代 女性 nekomic

白いというだけで、とても神秘的な猫に見えますね。

家に住み着いている白いメス猫がいます。白い母猫から姉妹で白猫が生まれてきたので、白は遺伝するのだなと漠然と思ったものです。3匹とも真っ白の猫です。

目の色は、3匹とも緑です。光の加減か、すこし青のようにも見える時があります。体つきは3匹とも細めで、繊細な雰囲気があります。

他の野良猫は触れるくらいに近づいてくるのですが、白い猫たちはなかなか寄って来ません。普段の様子を見ていても、神経質そうな性格に見えます。

いつも座っている場所が決まっているけど、他の猫が近くに来るとすぐに場所を変えます。餌をあげても、少しでも距離が近いとなかなか食べに来ません。食べている時にも、ちょっと音を立てたりすると、食べるのをやめて離れていきます。

メスだからということもありますが、他の猫が近づくととても威嚇します。ただ、親子3匹はとても仲が良くて、いつも体を寄せ合っています。白い猫が3匹集まっているのはとても美しくてかわいらしいものです。

雨の日に濡れて外にいたり、田んぼのあぜ道をどんどん歩いていったりしていますが、なぜか、いつも綺麗に白くなっています。グルーミングをしっかりしているのでしょう。猫嫌いの家族でも、白い猫だけはかわいいと言っています。

白いキツネや蛇を、神様の使いと言ったり、珍しくて貴重であったりしますよね。アルビノの場合を指すのでしょうけれど、白猫にも何か気品があるように感じるのは、白が特別な意味を持つ色だからではないかと思います。

20代 女性 にゃんぱらり

うちの子は子猫の頃、野良から保護したのですが、真っ白でブルーアイです。メスです。紫外線対策は万全な窓にしてます。聴覚障がいはありますが、室内飼いなので全く問題ありませんよ。神経質な子が多いとのことですが、うちの子は初対面の人でもゴロゴロ懐きまくりの甘えん坊です。聴覚障がいだから音に対しても神経質さがないので、とても飼いやすいです。
人気のキーワード