麦わら猫について解説!特徴や性格

麦わら猫について解説!特徴や性格

三毛猫、サビ猫、縞猫、トラ猫などなど様々な呼び名のある猫達ですが、麦わら猫という名称をご存知ですか?麦わら帽子のような柄や色に見えることから命名されたようです。それでは、麦わら猫の特徴を皆様とご一緒に楽しみたいと思います。

3646view

麦わら猫の特徴

日向ぼっこしている麦わら猫

麦わら猫の被毛

麦わら猫の被毛の正式な名称は、「ブラウンパッチドタビー」と言われます。
キジトラと赤トラ(茶トラ)が混じった被毛色で、縞模様柄のあるのが麦わら猫の特徴です。
キジトラ猫のブラックの色が薄い傾向もあります。

麦わら猫はほぼメス

三毛猫と同じで、麦わら猫の被毛の出方はメス猫が持っている赤色(茶色)の遺伝子によりますので、キジトラと赤トラ(茶トラ)の混ざった色柄の麦わら猫のほとんどが、メス猫として誕生します。

麦わら猫とサビ猫、べっこう猫との違い

サビ猫の顔アップ

縞模様遺伝子を持つ麦わら猫と、縞模様遺伝子を持たないサビ猫は、基本的に被毛の出方を決定する遺伝子の種類が違います。

サビ猫の正式な被毛名称は、「トーティシェル」という呼び方になります。
サビ猫はブラック(黒色)とレッド(赤色、茶色)のまだら模様をさし、サビ猫にはブラックが多い「サビ」と、レッドが多い「べっこう」とがあります。

サビ猫はブラックの被毛に縞模様を持ちません。
ブラックが多めのサビ猫を観察すると、麦わら猫との違いが分かりやすくなると思います。

麦わら猫とべっこう猫との違いは?

茶色が多めのべっこう猫

レッド(茶色)が多めのべっこう猫の方が、サビ猫より麦わら猫と混同されやすくなります。

縞模様の麦わら猫の場合は、目や口の周りの色が抜けている事が多く、べっこう猫は他の被毛と同じ毛色になっています。
耳の地肌も麦わら猫は肌色であるのに対して、縞模様のないべっこう猫には被毛の色がつきます。

麦わら猫の性格

横をむいて座る猫

それぞれの猫の持つ被毛の柄や色、そして短毛か長毛かで性格が変化することはあるようです。
その他、育った環境や人との関わり方でも違ってきます。
それでは、麦わら猫の性格を探ってみたいと思います。

警戒心が強い性格である

キジトラ猫が野生味の強い性格でしたから、この地模様を持っている麦わら猫の性格も、やはり警戒心が強いようです。

慎重な性格である

麦わら猫は初対面時に比べて時が経ち、馴れて飼い主との距離が縮まったとしても、「人との接触には慎重」「人との接触をなるべく避ける傾向」があるようです。

麦わら猫はほとんどが単独行動を好み、慎重な性格から来るためでしょうか、三毛猫よりも人に懐きにくいという性格の特徴も持っています。

遊び方は大人しい傾向

麦わら猫は、慎重で警戒心が強いので、我を忘れて走り回ったりすることはあまりないようです。基本的には麦わら猫にはメス猫が多いですが、オス猫が生まれた場合は、遊び好きな性格になるようです。オス猫とメス猫の違いとしても、興味深いところですね。

気が強い性格である

自我が強い、独立心が旺盛であるなど、「気の強さ」には様々なイメージがあります。
プライドに関しては麦わら猫は高いのかもしれません。そして気が強いということは麦わら猫はシャム猫のように賢いのでしょう。

現在の日本で生粋の和猫を探す方が難しいですが、和猫の血より洋猫の血が濃い麦わら猫の方が、気は強くなりやすいようです。

麦わら猫は珍しい?

毛づくろい中の麦わら猫

麦わら猫は、やはり珍しいようです!

麦わら猫の出現率は低め!

一色のみ、二色、三色、縞柄などなど、全ての被毛の種類の中でも、麦わら猫の出現割合は少ない方に位置しますので、間違いなく珍しい被毛の柄と言えるでしょう。

ただし、地域によって白色被毛の多い地区、黒色被毛の多い地区、縞模様の多い地区と偏りがあり幅をきかせている代々の猫族が違いますので、麦わら猫の多い地区を探すと日本や世界のどこかには存在しているかもしれません。

他の被毛猫と間違えやすい!

「キジトラ猫と思っていたのに、麦わら猫だった!」とおっしゃる飼い主も多いようですので、実際は麦わら猫であっても、キジトラ猫と分類されている可能性があるために、数字上珍しくなっているのかもしれません。

キジトラ猫の被毛より「ぼんやりした縞模様」が出ている場合は、目の周り口の周り、耳の中なども検証し、麦わら猫と考えていただいた方がよいかもしれません。

まとめ

寝ている麦わら猫

麦わら猫について解説!特徴や性格についてお話をさせていただきました。

麦わら猫とキジトラ猫、サビ猫を何頭も拝見してますと違いが分かってきますね。
猫の種類を言い当てる楽しさもありますが、外にいる猫達の被毛の柄から、麦わら猫を探し当てるのも楽しいだろうなと感じます。

まだ猫と暮らし始めた頃は、タビーって何だろうと考えたりしていましたが自然の作る造形美には喜びや楽しみが尽きることがありません。
そして猫との暮らしには様々な楽しみ方があり、一生枯れることのない猫という生き物との生活に感謝したいと思います!

人気のキーワード