水以外で猫に飲ませても大丈夫な飲み物5つ

【獣医師監修】水以外で猫に飲ませても大丈夫な飲み物5つ

猫は水以外を飲んでも大丈夫なのでしょうか?猫は水が好きな猫と嫌いな猫にわかれてしまいます。どうしても水を飲まない時は、違う飲み物を与えてみてはいかがでしょうか?

7792view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

水以外で猫に飲ませていい飲物

コップに入った水を飲む猫

1.猫用ミルク、猫用スポーツドリンク

哺乳瓶で猫用ミルクを飲む子猫

猫専用のミルク、猫専用のスポーツドリンクなら猫に飲ませても問題ありません。人間用とは違い、猫の体に害がないように作られています。

栄養がとれないときには、猫用のミルクで栄養補給させることもできます。子猫用と成猫用があるので、年齢に合わせて選んであげましょう。

2.麦茶

グラスに入った麦茶

猫にカフェインがNGだと言うのはご存じだと思います。そのお茶の中でも、カフェインが含まれていないもの、麦茶があります。

しかし麦茶には猫の病気、尿路結石の原因となる「ミネラル」や「マグネシウム」が含まれているようです。

しかし麦茶には猫の病気、尿路結石の原因となる「ミネラル」や「マグネシウム」が含まれているようですが、 調べたところによると、麦茶に含まれるミネラルやマグネシウムは少量なので、猫が飲んでも問題がないということなのです。つまり、麦茶は猫が飲んでも大丈夫な飲物と言えます。

3.肉や魚のゆで汁

水を飲まない猫に、肉や魚からとったゆで汁を与える飼い主さんも多くいます。どうしても猫に水分を摂取させたいときは、猫が喜んで飲んでくれる水分だと思います。

ゆで汁を与えるときは、調味料などの味付けをしていない食材からとるようにしてください。またゆで汁は、しっかり冷ましてから猫に与えるようにしましょう。

4.軟水のミネラルウォーター

ペットボトルに入ったミネラルウォーター

猫に好ましい水は『水道水』だと言われています。

しかし飼い主さんによっては「水道水は心配だ」と躊躇して、ミネラルウォーターを飲ませている人もいるようです。しかし猫にミネラルウォーターは、あまりよくないと言われています。

ミネラルには、マグネシウムやカルシウムが多く、尿結石や腎臓病の原因を引き起こしてしまうのです。

もし猫にミネラルウォーターを与えるときは、マグネシウムやカルシウムの少ない軟水にしてあげましょう。

5.甘酒

コップに入った甘酒

甘酒が体にいいと言われているのは有名ですよね。それが人間だけではなく、猫にも栄養補給ができる飲物なのです。

甘酒に含まれる成分が、猫の食欲改善や体力の回復などに働き、まさしく飲む点滴になるようです。食欲や元気のない猫に甘酒を与えるといいと言われています。

もちろんアルコールの含まれていない甘酒を少量与えるようにしてください。

甘酒は猫の体に良い飲物ですが、糖尿病などの猫の病気によっては、悪化する飲物でもあるので注意が必要とされています。

猫に飲ませるのは水が一番

蛇口から水道水を飲む二匹の猫

猫に飲ませていいものはありますが、結局は水道水が一番安全な飲み物だと言えます。猫の体質に合うのは、シンプルな水が最適なのです。

ただ猫に水を好んで飲んでもらうのに、苦労している飼い主さんが、他の飲物で補えないものかと試行錯誤してしまうのです。

猫に水を飲んでもらうためには、猫の好みの水を与えるようにするといいでしょう。

猫は口にするものに好き嫌いがでてしまいます。一度拒むと、二度と口にしなくなってしまい、苦労してしまいます。

また飽き性な猫は、味の変化させると喜んで飲んでくれることもあります。水の味や温度、器、高さ、量を気にしてあげると、飲まなかった猫が飲んでくれるようになる場合もあります。

猫の好きな水を見つけてあげると良いと思います。

まとめ

給水から水を飲む子猫

水以外で飲ませても大丈夫な飲物を紹介しました。水以外でも飲ませていいものは、猫に害がないものを選ばなければいけません。それは少量なら大丈夫なものや、成分を気にしながらあげれば問題はなさそうです。

しかし、継続してあげるとあまりよくないこともあります。どうしても水を飲んでくれず、緊急事態になるならば、飲んでくれる物を与えるのがいいのでしょう。