猫が飼い主に顔を埋めるのはどうして?4つの理由

猫が飼い主に顔を埋めるのはどうして?4つの理由

猫は寝ているときに激しく顔をゴソゴソして埋め、飼い主のところへきて顔を埋めてくることがありますよね。この行動には、どのような心理があるのでしょうか。今回は「猫が顔を埋めてくる4つの心理」についてご紹介させていただきます。

8790view

猫が顔を埋めてくる4つの心理

頭を手に押し付ける猫

猫が顔を埋めてくる心理はどのようなことが考えられるのでしょうか。

猫は寝ているときに、ソファや布団に顔をゴソゴソとして顔を埋めて、飼い主の手や足に顔を埋めてくることもありますよね。

では、猫がこのような行動をしてくる「心理」は、一体 どのようなことが考えられるのでしょうか。

ここでは、猫が顔を埋めてくる4つの心理についてご紹介させていただきます。

1.甘えたいから

甘える猫

猫が顔を埋めるのは「甘えたいから」ということが考えられます。

猫は、言葉を話すことはできませんが、様々なことで飼い主に対して「愛情表現」をしています。

飼い主に「大好きだよ」、ということを伝えたいときには、自分の顔を飼い主に向かって埋めてくることや、飼い主の手を舐めて、スリスリと顔をなすりつけてくることもあります。

このように様々な方法で、猫は愛情表現をしているんですね。

2.挨拶をしているから

挨拶する猫たち

猫が顔を埋めてくるのは「挨拶をしているから」ということが考えられます。

猫同士は鼻をチョンっとくっつけて「挨拶をする」ことがありますよね。

顔をスリスリとして埋めたりするほど、恋人やパートナーなど親密な関係にあるとも言え、これは飼い主のことを、

  • 兄弟
  • 仲間
  • パートナー

これらの関係性だと思うくらい、信頼関係があるので、猫は顔を埋めるという行動をするのです。

3.匂い付けをしているから

足に顔を当てる猫

顔を埋めてくる心理として「匂い付けをしている」ということが考えられます。

猫には、フェロモンのようなニオイを放つ、臭腺というものがあちこちにあります。

これはお尻や肉球などにあるのですが、顔の周りにもあります。

そのフェロモンを、飼い主や、寝ているソファなどにつけているという心理があります。

これはマーキングと同じ行為で、「自分の縄張りだ」、「ここら自分の場所だ」、と主張しているのです。

これを飼い主に向かってするということは、飼い主が自分のものだと主張しており、飼い主は愛されている証拠なのですね。

4.顔が痒いから

足の上に乗る猫

猫が顔を埋めてくる心理として「顔が痒いから」ということが考えられます。

猫は痒いところがあるとグルーミングをし、後ろ足を使って器用に掻く行為をします。

しかし顔という、後ろ足が届かない部分が痒くなると、飼い主の手やソファ、布団などに顔を埋めて、掻くような行動をすることがあるようです。

単純に痒いだけなら良いのですが、毎日その行動をしていることや、短時間に何度も掻いているようであれば、「皮膚炎」など、病気の可能性もあるので、猫の様子をきちんと観察しなくてはいけないでしょう。

この行動が治まらないような場合には、動物病院へ相談をするようにしてくださいね。

まとめ

飼い主に顔を押しあてて寝る猫

猫は飼い主やソファ、布団などに顔を埋めてくることがあります。

これは、

  • 飼い主に甘えたいから
  • 挨拶をしているから
  • 匂い付けをしているから
  • 単純に顔が痒いから

などの理由が考えられます。

猫が「匂い付け」をする目的で、飼い主に向かって顔を埋めるというのは、飼い主さんのことが大好きで、「自分のものだから、誰にもとられたくない!」という深い愛情の表れなんですね。

猫は、フェロモンのようなニオイを放つ臭腺によって、飼い主にマーキングをしているのです。

またそれだけでなく、猫が顔を埋めてくるときに、後ろ足で掻こうとするなど「痒がっている様子」があれば、皮膚炎や他の病気が疑われますので、動物病院に早めに相談するようにしてくださいね。