猫はとっても寒がり!暖をとりがちな10の場所

猫はとっても寒がり!暖をとりがちな10の場所

猫はとっても寒がりです。冬の寒さは勿論ですが、夏場のエアコンや扇風機も飼い主さんが知らないだけで猫が寒がっていることもあるのです。では猫はどうしてそんなにも寒がりなのでしょうか。また暖をとりがちな場所はどんなところがあるのでしょうか。今回は「猫はとっても寒がり!暖をとりがちな10の場所」についてご紹介させていただきます。

2060view

猫が寒がりの理由は?

布団にくるまる子猫

猫が寒がりな理由は、どのようなことが考えられるのでしょうか?

猫は冬の寒さや夏のエアコンや扇風機が苦手なことが、よくありますよね。

日中には陽のあたる場所を好み、なるべく暖かいところで過ごそうとしますが、猫が寒がりな理由って意外にも分かりませんよね。

猫が寒がりな理由について、ご紹介させていただきます。

先祖が砂漠で生息していたから

猫が寒がりなのは、先祖が砂漠で生息していたからです。

猫の先祖は、リビアヤマネコという野生の動物でした。

リビアヤマネコは、熱い砂漠地帯に生息し、暑さ、乾燥などに強い体を備えていました。

一方で、砂漠地帯には水がなかったために、寒さに耐えるという機能は備わっていません。

それにより、現在の猫も寒さには弱く、そして水嫌いになっているのです。

しかしすべての猫が寒さに弱いというわけではなく、ロシアなどのとても寒い国で育った猫達は進化を遂げ、毛がフサフサになり、寒さに耐える機能を備えています。

猫の筋肉量が少ないから

痩せている二匹の猫

猫が寒がりなのは、筋肉量が少ないからということもあります。

猫は運動神経には優れますが、普段はいつでも昼寝ばかりをしているので、他の動物に比べて筋肉の量は少ないです。

筋肉の量が少ないということは、体温の調節もうまくできないので、寒さにとっても苦手になってしまいます。

脂肪がある、または筋肉がある場合には、寒さに比較的強くなるので、肥満体型の猫は、細い猫よりも寒さには強いでしょう。

猫が暖をとりがちな10の場所

椅子の上の猫

猫が暖をとりがちな場所はどのようなところがあるのでしょうか。

猫は夏場に暑いとお風呂場や玄関、フローリングのところなど、自分で涼しいところを見つけて、過ごしていますよね。

一方で、とても寒い冬には猫はどのように対策をしているのか、気になりますよね。

猫が暖をとりがちな10の場所について、ご紹介させていただきます。

1.飼い主の布団の中

布団の中の猫

日が沈み、暗くなると冬の寒さは一段とひどくなりますよね。

そんなときには猫は、人の体温で暖をとります。

夜であれば、飼い主の布団の中や真上などにくっついて、寒くないようにしているのです。

2.コタツの中

暖かそうな布から顔を出す猫

猫はこたつで丸くなる、という歌があるように、猫は暖かい場所が大好きです。

冬の時期には、猫は暖かい飼い主の入るこたつに、一緒に入ることもあるでしょう。

近年では、猫用のペットこたつも販売されているので、こたつ好きの猫ちゃんは必見です。

3.車のボンネット

野良猫は冬の寒さに耐えながら外で過ごしていますよね。

そんな野良猫の暖をとる場所として多いのが、車のボンネットです。

車はエンジンを切ったあとはしばらく暖かい状態がつづきます。

それによって猫は、車のボンネットに入り込み暖をってしまいます。

車を使わないときであれば良いのですが、そのまま走行してしまうと、猫の怪我の原因にもなってしまうので注意が必要です。

4.猫同士でくっついて

親子猫

猫同士でくっついて暖をとります。

仲のよい多頭飼いの猫や、野良猫たちは、寒い冬に猫同士でくっついて、1か所で眠ることがあります。

野良猫は、基本的に縄張り意識が強いので、簡単に一緒に集まることはできませんが、兄弟猫などであれば、仲間意識もあるので、冬の時期には一緒にくっついて、寒くないようにしています。

5.電気カーペット

伏せする猫

寒い時期になると、飼い主さんが床に電気カーペットを敷くことがありますよね。

電気カーペットは猫にとってはまさに天国で、地面にくっついて寝ます。

電気カーペットはこたつほど熱中症になる可能性も低く、猫の暖をとるのにはおすすめですので、電気カーペットの上に、毛布などを敷いてあげると良いでしょう。

6.段ボールやキャットハウスの中

キャットハウスの猫

猫は寒いときには、自分サイズの狭いところで眠る傾向にあります。

狭いところであれば、比較的暖かい空気が空気がこもりやすいので、自然と冬場にはキャットハウスなどで眠るでしょう。

そして、段ボールなどの箱であれば保温性に優れているので、猫は暖をとるときによく使います。

7.ストーブの周辺

暖炉の前の猫

猫はストーブの周辺の、暖かい空気が大好きです。

ストーブの目の前だと、空気も乾燥をしているので、まりおすすまできませんが、ストーブのあるお部屋だと、全体的に温くなっているので、猫も暖をとるでしょう。

8.陽のあたる場所

お日様の光を浴びる猫

寒い冬でも、太陽の当たる窓際に座るととても暖かいですよね。

猫はもともと、日向ぼっこが大好きなので、寒い時期であっても陽のあたる場所を好みます。

9.湯たんぽなどの暖かいところ

冬になると、飼い主さんがお布団に、湯たんぽを置くことがよくありますよね。

そして、その次の日にそのままにしていると、ほんのりと暖かい湯たんぽに猫がくっついて、眠っているということもよくあります。

猫にはペット用の湯たんぽがあるので、毛布などに包んで使ってあげてくださいね。

10.高い場所

暖かい空気は、下よりも上にたまりますよね。

猫はそれにより、自然と高い場所で眠ったり過ごすようになります。

例えば、本棚の上やキャットタワーの上などで暖をとるでしょう。

まとめ

猫はもともと、熱い砂漠地帯に生息していたことや、筋肉量が少ないことによって、とっても寒がりです。

そんなときには、飼い主の布団や湯たんぽ、ストーブ、電気カーペットなどにくっついて、暖をとることがよくあります。

近年では、ペット用の保温グッズがたくさんありますので、活用してみてくださいね。

人気のキーワード