愛猫が余命を宣告されたら?飼い主ができる6つの事

愛猫が余命を宣告されたら?飼い主ができる6つの事

愛猫が余命宣告を受けるとこれからの生活が「不安」でなりませんよね。では、自分の愛猫が余命宣告を受けたとき、飼い主はどのようなことをすれば良いのでしょうか。今回は「愛猫が余命を宣告されたら?飼い主ができる6つの事」についてご紹介させていただきます。

1834view

猫が余命を宣告されたら?

悲しそうな猫

愛猫の余命宣告を受けたら「余命はどのくらいなのか」、「いなくなってしまったらどうしよう」と不安になってしまいますよね。

猫の代表的な病気で知られている糖尿病や腎臓病、癌などで余命宣告を受けることもあると思います。

余命宣告を受けてからも元気に生きる猫もいるので、精一杯頑張ろうと思っていても、これからどうするべきか悩んでしまうのは当たり前だと思います。

では愛猫が余命宣告をされたときに、飼い主ができることはどのようなことがあるのでしょうか。

ここでは愛猫が余命宣告をされたときに、飼い主ができる6つの事についてご紹介させていただきます。

1.病気について知る

本と猫

まず愛猫が余命宣告をされたときには「病気について知る」ことが重要です。
飼い主が自分の愛猫がどんな病気なのかも把握せずに最期を迎えさすのはかわいそうなことです。

猫の病気にも人間と同じように「延命治療」ができる場合も多くあります。
そのようなときには、少しでも猫が長生きできるように無理なく延命治療を選択してあげましょう。

もし、末期の病気であったとしても食事療法や生活面において何か飼い主がケアできることもあるはずです。

ですので、まずは愛猫が余命宣告をされたときに「病気について知る」ことが大切でしょう。

2.ストレスをかけないようにする

悲しそうな猫

愛猫が余命宣告されたときに「ストレスをかけないようにする」ことが大切です。

猫は神経質でストレスを抱えやすい動物です。残りの人生を猫がストレスなく、楽しく過ごすことができるようにするためにも

  • トイレは衛生的に保つ
  • キャットフードは補充しておく
  • 飲み水は新鮮なものを準備してあげる
  • キャットハウスやキャットタワーなど猫の生活できるところを確保する

などのようなことに配慮して、「猫の気持ち」を考えた生活を心がけてあげましょう。

3.病気にかかる費用をイメージしておく

悲しそうな猫

愛猫が余命宣告されたときに「病気にかかる費用をイメージしておく」ことが大切です。

猫の余命宣告は、数日の場合もあれば数年の場合もあります。

そんなときに、猫の

  • 通院費(検査費や手術費)
  • 入院費
  • 投薬費

など様々な面でお金がかかります。

猫の病気であっても、人間以上に病院代がかかる可能性も高いので「病気にかかる費用をイメージしておく」ことも大切でしょう。

4.面倒や介護について知っておく

悲しそうな猫

愛猫が余命宣告されたときに「面倒や介護について知っておく」ことが大切です。

猫の病気には、様々な症状があります。残りの人生、猫にどのような介護をしてあげるべきなのか学業や仕事を続けながら

  • 誰が
  • どのように

面倒を見ていくかなどの計画を立てることも大切です。

猫が家族全員に愛されて、満足できる生活を心がけてあげてください。

5.たくさんコミュニケーションをとる

猫と人間

愛猫が余命宣告されたときに「たくさんコミュニケーションをとる」ことが大切です。

愛猫が余命宣告されたときには、残りの人生が寂しくなく、家族全員に愛されていることを実感することができるよう、にたくさん撫でて構ってあげるようにしましょう。

一緒に眠り、遊んであげることで、猫が幸せ一杯で満足な生活ができるように、話しかけてコミュニケーションをとってあげてください。

6.最後まで諦めない

病院にいる猫

愛猫が余命宣告されたときに「最後まで諦めない」ということが大切です。

猫が突然の余命宣告を受けると、飼い主さんは泣いてしまうことや、うつむいてしまうこともありますよね。しかしそのような状態では猫も「悲しい気持ち」になってしまいます。

余命宣告は、あくまでも余命の予想です。最後まで諦めない心を持ち、精一杯生きている猫の生活をどのようにしていくかということを、一番に考えていくことが大切でしょう。

まとめ

抱っこされる猫

猫の余命宣告を受けると飼い主は悲しい思いで一杯になってしまいますよね。

しかし人生を全うした猫もいま幸せいっぱいのはずです。まずは、残りの人生を「どのようにしてあげたいか」を考えて、家族全員で愛猫を愛してあげることが大切になってくるでしょう。

女性 匿名

人間の場合も同じですが、不安にさせないように普段と変わらない態度で接することが1番大切だと思います。
人気のキーワード