秋に気を付けたい猫の病気4つのポイント

秋に気を付けたい猫の病気4つのポイント

夏も終わり涼しくなってきました。秋になると、猫にどうやら変化がでてくるようです。猫の病気は季節によってもかかりやすくなるようです。秋に気をつけるポイントを紹介してみましょう。

1711view

秋に気をつける病気のポイント

暖かくして眠る子猫

1.咳やくしゃみをしていたら

くしゃみが出そうな猫

猫が咳やくしゃみをしていたら猫風邪を発症しているかもしれません。
猫風邪は、秋から冬に起こりやすく免疫力の弱い猫には要注意です。夏の気温から気温の変化により、体力の低下しやすくなります。そのため免疫力が落ちて体調を壊しやすくなり、ウイルス感染症のリスクが高まってしまうそうです。

猫風邪や、呼吸器系の病気の他にも朝晩冷え込むようになり、心臓に負担がかかり、足や腰の関節にも負担がかかりやすくなります。持病を持つ猫や、老猫には気をつけてあげないといけません。

2.水をあまり飲まなくなったら

遠まわしに水を見る猫

秋は夏に比べると水を飲む量が減ってしまいます。猫があまり水を飲まなくなると、泌尿器系の病気にかかりやすくなるのです。どうしても秋から冬になると猫の水分量は減ってしまいます。
一日に必要な水分量を、摂取しなくなると尿路結石や腎不全を発症してしまう原因です。
また、水飲み場やトイレが寒い場所だと行くのが億劫になり、我慢して膀胱炎を発症する可能性にもつながります。

3.猫の被毛がよく抜けると感じたら

ブラッシングされる猫

猫の被毛がよく抜けるようになり、毛づくろいをすることが増えたら、換毛期の時期が来たようです。秋は冬に向けて毛の生え変わる時期です。

換毛期には猫の毛づくろいが増えるため、お腹に被毛が溜まりやすくなります。
毛づくろいをするたびに、たくさんの毛玉を飲み込み毛球症になってしまう事が多いようです。毛玉を吐く回数も増えるので体にも負担がかかってしまうのです。

4.食欲がでてきたのに運動不足

ご飯を食べる猫

猫の食欲が増加してきたら食欲の秋でしょう。どうしても夏は食欲が落ちてしまうため、体重が減ってしまう事もあります。しかし少し涼しくなりだした頃から、食欲が一気に出て、体重も増え出すようです。秋になると猫の食欲も出るので、飼い主さんもホッとするのではないでしょうか?

ただ注意しないといけないのは、寒い時期になると運動不足になりやすいのです。猫は寒い時期に体温温存させるため、よく食べ、あまり動かないように過ごそうとしてしまいます。そうすると脂肪が蓄積されていき肥満になってしまう原因になります。

秋に注意するポイント

布団にくるまる記事猫

体調管理

猫の体温は秋だけでなく年中気をつけなければいけません。猫風邪や犬フィラリア症などの感染を防ぐためのワクチン接種や、ノミ・マダニの駆除対策を定期的に行うようにします。
また体力が低下している猫や、持病を持つ猫が体に負担がかからないようにしてあげましょう。マッサージや暖かいタオルで体の血流をよくしてあげると良いでしょう。

食事管理

食欲があるのは良いですが一日の決まった量よりもあげないようにしましょう。
「よく食べてくれるから嬉しくて」と言っていると、気づけば肥満から病気のリスクを高めることになってしまいます。きちんと食事量も守り、猫の肥満から守ってあげてください。

そして猫がいつでも水分が摂取できるように水飲み場を増やすか、飲みやすい場所に置いてあげるようにしましょう。

室内管理

秋になると急に朝晩が冷えるようになります。猫は暑さにも弱く寒さにも弱いのです。室内の温度管理や防寒対策をしてあげましょう。

猫は寒いと暖かい場所に行きたがるので寝床に毛布を敷いてあげておくと良いかも知れません。また、トイレに行きたがる猫が寒さで我慢しないように設置場所も考えてあげましょう。

運動管理

猫が運動不足になると肥満にもつながりますが、ストレスも溜まってしまいます。毎日少しの時間でも良いので、一緒に遊ぶようにして体を動かすようにしましょう。上下運動ならば10分で十分の運動量になります。

まとめ

落ち葉が頭に乗った猫

秋に気を付けたい猫の病気を紹介しました。秋は体力が低下しやすいので、感染症にかかりやすくなるのです。そして食欲も増加し肥満になりやすくもなるのです。

私の飼ってる猫も、夏に食欲が低下して体重が減ってしまいました。それから痩せてしまい、体重が増えなくて心配していましたが、最近体重が増えて安心しました。
食欲も出てきたので運動と肥満に気をつけてあげるようにしたいです。

20代 女性 茶々

とっくに立冬も過ぎて冬だと思いますが、季節の変わり目に体調を崩すのは人も猫も同じなので気を付けましょう。
人気のキーワード