猫に輸血する方法やリスク、費用について

猫に輸血する方法やリスク、費用について

猫も病気やケガで輸血が必要となることがあります。輸血をすれば助かる命があるのです。猫の輸血はどのように行うのでしょうか?猫に輸血をする際のリスクとは?輸血の費用はどれくらいかかるのでしょうか?猫の輸血について解説します。

1159view

猫に輸血する方法

輸血の血液を採取中の猫

動物病院ごとにドナーを募集する

人間と同じように、猫も輸血をすれば助かる命があります。ただ、猫の輸血は、まだまだ数が少ないのが現状です。その理由として、血液を確保することが難しいということがあげられます。

人間では、献血というシステムを用い、献血バンクによって血液を安定的に保存していますが、猫ではそのようなシステムがありません。一部の輸血を行うことのできる動物病院ごとに、ドナーを募集して献血してもらいます。それでも、献血のできる猫には条件があり、限られてしまいます。

動物病院でドナーを飼育する

猫のドナーが見つかっても、輸血用に猫1匹あたりから採血できる量は限られていますし、1度採血したら、しばらくは採血できません。また、猫の血液は長期間保存することができません。献血ドナーになるための条件もクリアしなければ、ドナーにはなれないのです。

そのため、規模の大きい動物病院では献血ドナーとして、猫を飼育している所があります。そのような猫を「供血猫」と呼びます。供血猫は、動物病院の近くに捨てられていた保護猫や、里親が見つからなかった猫たちです。

供血猫は、動物病院で暮らしていますが、患者さんが少ない時間には院内を自由に過ごしているようです。

血液の検査

猫の献血ドナーが見つかっても、すべての血液が適合するわけではありません。血液型も重要です。合わない血液を猫に輸血すれば、拒絶反応が起きてしまうからです。

そのため、輸血を受ける側の猫の血液型も調べます。猫の血液型はA型、B型、AB型があり、ほとんどの猫ははA型です。ですから、少ないB型、AB型はドナーを探すのも難しくなります。

血液型が同じでも、ドナーとの血液が合わない場合もあります。お互いの血液を混合させて反応を見るクロスマッチ検査も行われます。

始めはゆっくり輸血する

猫に輸血を開始しても、始めの30分程度は様子を見ながらゆっくり行います。その後、問題がなければ速度を速めますが、心拍数などを確認しながら慎重に行います。輸血時間は数時間程度です。

猫に輸血するリスク

こちらを見ている猫

副作用

猫に輸血をする際には、ステロイドや抗ヒスタミン剤などで副反応の予防をしていますが、それでも副反応が起こることがあります。

アナフィラキシーショックによる血圧の低下や、心拍数や呼吸が速くなるなどの症状が表れます。重度の場合には猫の輸血を中止して、ショック症状を治療しなければなりません。

また、顔が腫れたり、発熱といった症状が出ることも。輸血の回数を重ねれば重ねるほど、副反応は出やすくなっていきます。

感染症

猫のドナーが何らかの感染症にかかっていた場合、輸血を受けた猫に移ってしまうことがあります。猫エイズや白血病などは輸血の前に検査をしますが、それ以外のウイルスはチェックしていないことが多いのです。

対症療法

輸血をすれば、多くの猫は回復、あるいは延命が見込めますが、必ずしもすぐに元気になるわけではありません。副作用で命を落としてしまう危険性もあります。

貧血の場合、猫が輸血をして症状が良くなっても一時的なものに過ぎません。根本から治療しなければ、また貧血になってしまいます。

猫に輸血をする費用

輸血のお金を見ている猫

猫の輸血の費用は初回で30,000円ほどが一般的です。2回目からは血液型検査などはありませんので、20.000円前後になります。

猫に輸血が必要な病気

輸血が必要な猫

ケガによる大量出血

交通事故などで大量出血した場合に猫に輸血が必要になります。

手術

大量出血が予測される手術を行う場合に猫の輸血を準備します。

免疫介在性貧血

猫の免疫機能が正常に働かず、自分の赤血球を破壊してしまう難病です。貧血の他に尿の色が濃くなったり、黄疸が見られます。

白血病

猫の白血病では、免疫機能が正常に働かなくなり自分の赤血球を破壊してしまいます。重度の貧血が起こり、めまいや動機、息切れ、吐き気といった症状が表れます。

白血病による貧血の治療は、主に免疫抑制剤を投与しますが、病気が進行して薬が効かなくなると猫の輸血に頼るしかありません。

中毒

ネギ類を食べた時に起こる中毒では、ネギ類に含まれている有機チオ硫酸化合物が、猫の赤血球を破壊してしまうため貧血が起こります。食べてから間もない場合は、食べた物を吐かせるなどの処置を行いますが、時間がたってしまった場合は、抗酸化剤やステロイド剤を投与します。貧血が重度の場合は、猫に輸血をするのが効果的です。

まとめ

診察を受けている猫

ケガや病気で出血量が多かったり、重い貧血になってしまった時は、猫も輸血を必要とします。ただ、人間のように献血が一般的ではなく、血液の確保が難しいのが現状です。

輸血をしても必ずしもすぐに元気になるわけではありませんし、副反応などのリスクも伴います。猫に輸血をするかしないか、最終的な決断は飼い主がしなければなりません。

急を要することが多く、慌ててしまうこともありますが、獣医さんとよく相談して、悔いのない決断をすることが望まれます。

人気のキーワード