傍にいて欲しい?猫が死ぬ前に思う5つの事

傍にいて欲しい?猫が死ぬ前に思う5つの事

死を目前に迎えた猫は、飼い主に傍にいて欲しいと思うのでしょうか?猫は死期が近くなると、身を隠すと言います。「それって、傍にいて欲しくないからなんじゃ…?」と思ってしまいますが、意外とそうでもないみたいです。さあ真実を、探しに行きましょう!

10680view

猫は死ぬ前、飼い主に傍にいて欲しいのか?

ブランケットにくるまり眠る猫

猫は死ぬ前に、飼い主に傍にいて欲しいと思うのでしょうか?

1. 不安…

なでられて眠る猫

死を目の前にして、不安を感じることがあるようです。そんな時は、大好きな飼い主が傍にいてくれると、安心するのではないでしょうか?

やたらと甘える猫もいるようですので…。優しく声をかけたり、無理がなければ抱っこしてあげたりするのも良いでしょう。飼い主の顔を見て、ニャーニャー鳴くこともあるようですので、そんな時は猫が何を求めているのか、察してあげましょう。

体が弱っているので、いつもと同じ動きはできません。反応がなくても猫が何を求めているのか、なるべく汲み取ってあげられるようにしてください。

普段から飼い主にべったりと甘える猫の場合は、飼い主に傍にいて欲しいと望むでしょう。逆にあまりベタベタとしないクールな性格の猫は、死を前にしても甘えることがないかもしれません。その場合は適度な距離を持って、見守ってあげてください。

2. 隠れたい

隠れている様子の猫

猫は具合が悪いと隅に隠れてじっとして、不調を治そうとします。

その習性から、死ぬ前になるとどこかへ隠れたがる猫もいます。これは、猫の性格によるようです。死の直前まで外に出たがる猫や、ヨロヨロとしながらどこかへ隠れようとする猫など、飼い主としてはちょっと悲しいかもしれませんが、猫の望むようにさせてあげるのが良いでしょう。あまり手を出さず、見守ってあげましょう。

3. そっとしておいて

横たわりこちらを見ている猫

猫が死にそうと思い、必要以上に医療に頼ろうと思ってしまうかもしれません。人情として、それは仕方のないことです。ですが治療は、猫にとって病気よりも辛くて苦しいものかもしれません。それを猫に無理強いするのは、果たして良いことなのでしょうか?

もしかすると猫は、このままそっと、逝かせて欲しいと思っているかもしれません。猫は自分の死期を悟っていると言います。すると、死の数日前から自ら食べるのを拒み、その時を迎えます。その静かな死にぎわを、飼い主の都合で乱してしまうのも考えものです。治療かそっとしておくのか、判断は非常に難しいですが、まずは猫のことを1番に考えて、対処してあげましょう。

4. 撫でて

顎を撫でられる猫

最愛の飼い主に、撫でて欲しいと思う猫もいるでしょう。ゴロゴロと喉を鳴らし、幸せな気分で旅立ってくれたら、嬉しいですね。もちろん猫を失ってしまうのはとても悲しい事ですが、死は生きるもの全てに訪れるもの。ある意味で割り切らないと、やっていけないかもしれません。

死を目前にした猫に、なるべく幸せに旅立って貰う。これが飼い主に残された、1つの使命かもしれません。

5. 悲しまないで

空を見つめている猫

猫が死を迎えた時に飼い主があまりに悲しんでいると、心配になって安心して旅立てないかもしれません。猫を安心させる為にも、悲しみすぎないのも大切です。とは言え、どうしても悲しくなってしまうでしょう。

猫が元気なうちから、いつかは別れの時が来る、と覚悟しておくのは大事です。そして、猫が死を迎えた後、悲しい時は思いっきり泣くのもとても重要。ペットロスから、重度のうつ病などになってしまう飼い主もいます。

そうなってしまったら、猫が天国からハラハラして見ているかもしれません。そうならないように心の準備をしっかりして、猫に依存しすぎないよう、注意しましょう。

まとめ

光を浴びて目を閉じている猫

猫と蜜な関係を築いてきた飼い主の方なら、猫が何を求めているのか、何となく分かるはずです。

猫の気持ちを尊重して、静かで穏やかな死を迎えられるようにしてあげたいですね。

筆者は自分が死を迎えた後、必ず猫たちに会えると信じています。それまでしばしのお別れなだけだと、思っています。あの世でハッピーに会えるよう、猫を幸せに送り届けてあげましょう。

人気のキーワード