猫はどこでも寝る!寒い時によく見る8つの光景

猫はどこでも寝る!寒い時によく見る8つの光景

猫は寒いとあんな所や、こんな所で寝ます。猫はちゃんと暖かい場所を知っているのです。猫が寒いと感じたら、よく見かける光景を紹介してみましょう。

2305view

寒いとどこでも寝る猫の光景

寝る猫

猫は寒い時期になると暖かい場所を求めてしまうようです。あまり見かけない場所で寝ていることや、知らずに踏んでしまうような場所で寝ている事があります。
猫のこんな光景を見かけたら寒いからではないでしょうか?

1.布団の中にもぐる

布団の中に居る猫

猫は寒いと感じると布団の中にもぐってしまいます。部屋の温度が冷たいと感じているようです。猫が布団の中にもぐって寝ているのは冬の光景と言えるでしょう。猫がいない時はそっと布団の中を覗いて見てください。踏まないように気をつけてあげましょうね。

2.ストーブの前を陣取る

ストーブ前に猫

冬になると、電気ストーブや電気コタツや電気カーペットなどの電化製品が大活躍します。
猫もきっと待ち遠しいのではないでしょうか?コタツを出せば喜んで入って寝ています。電気ストーブをつけると、さり気なく前を陣取るのです。

猫は寒くなると暖かい場所を探すのが得意なようです。猫が電気類に近づいてくると寒いのでしょう。電化製品で猫が火傷をしないように注意してあげましょう。

3.ふわふわの素材の物

ふわふわのクッションの上に居る猫

基本、猫はふわふわやモコモコの生地が好きなようです。夏の時期には暖かい素材のものから遠ざかりますが、冬の時期は毛布やタオルなどの上で寝ている光景を目にします。

猫は肌触りの良いふわふわ素材を見つけると、お気に入りの寝床になってしまうのでしょう。寒い時期には、猫用にふわふわ素材の毛布を寝床に用意してあげると喜んでくれると思います。

4.お風呂に潜入する

お風呂で温まる猫

ほとんどの猫はお風呂が嫌いなようですが、寒い時はお風呂に入りたがるのです。
寒い時には、ぽかぽかのお風呂場で寝てしまうのです。飼い主さんのお風呂上がりに潜入することや、湯船にお湯を張った所に潜入してくるのです。猫がいない時はお風呂場でうとうとしている事でしょう。

猫がお風呂場に行く時には、お湯の中に入ってしまわないように湯船に蓋をして、足を滑らせないように注意してください。

5.飼い主の体の上

女性の上で寝る猫

猫が寒いと温もりを求めてきます。しょっちゅう飼い主さんの膝に乗ってきて、眠っている事もあるようです。猫は飼い主さんとくっついていると暖かいようです。

猫同士がくっついて寝るのも寒い季節に多く見られます。猫は飼い主さんの体温がとても心地よいようなので、心ゆくまで寝かせてあげましょう。

6.高い場所にいく

高いところにいる猫

猫が高い場所が好きな理由は、寒さをしのぐためでもあります。寒くなると、低い場所よりも高い場所に移動する習性があるのです。寒い季節は、床には冷気が溜まるので、暖気の流れる上の場所を寝床にする事が増えます。

猫が高い場所で寝ているなら、快適な睡眠がとれる寝床を用意してあげましょう。キャットタワーを置いておくと便利かも知れません。

7.飼い主の脱いだ服

猫は飼い主さんの脱いだ服の上に寝ている事があります。もしくは、座っていた椅子などの温もりがある所です。

飼い主さんが脱いだ瞬間に、のこのこと移動してきて、ドスンと寝てしまうのです。
夏場にはあまり見かけない光景で、寒いとやってしまうようです。飼い主さんが着替えるのを、下で待っている猫もいるみたいですね。

8.箱や袋の中

丸いゴミ箱の中で寝る猫

猫は箱や袋が大好きです。狭いスペースがどうも落ち着いてしまうのです。
猫が箱や袋で遊んでいる時に、そのまま入って出てこなくなり、覗いて見たら寝てしまっていることもよくあります。

箱や袋は風を通さないので防寒になるのでしょう。猫は寒くて出るのが億劫になったのか、落ち着いてしまって眠くなったのかどちらかと思います。

まとめ

暖かいところで寝る猫

猫はどこででも寝るのが得意なようです。寒い時は、暖かい場所を上手に探して移動しています。猫が見当たらない時は温もりのある場所に身を潜めていると思います。

布団やお風呂場などを確認してみてください。猫が寒いと感じている場合には、暖かい寝床を作ってあげるようにしましょう。

人気のキーワード