猫は雑食なの?穀物や野菜も食べる理由

猫は雑食なの?穀物や野菜も食べる理由

猫は雑食なのでしょうか?猫は穀物や野菜を食べられる生き物であるため、「猫=雑食」だと思われている人も多いですが、実はそうではありません。それにも関わらず、なぜ猫は穀物や野菜も食べられるのか、本当はどんな食事を与えるべきなのか、この記事で詳しく解説していきます。

1055view

猫は雑食?

ネズミを見つめる猫

犬は雑食といわれることが多いですが、猫に関してはどうでしょうか。結論からいうと、猫は雑食ではなく肉食動物です。

キャットフードの原材料などをチェックしてみると、穀物や野菜を含んだものも数多く出ているため、猫は犬と同じように雑食であるように思えます。

しかし、実は猫は穀物や野菜の消化が少々苦手な生き物です。反対に、肉や魚といった動物性たんぱく質が摂取できる食べ物は猫にとって大きなエネルギー源であり、消化もスムーズにできます。

ネコ科であるライオンやトラ、チーターなどを思い浮かべてもらえたら分かる通り、同じネコ科である猫も肉食なのです。

猫が雑食だと思われる理由

食事中の猫

猫は雑食ではなく肉食であるにも関わらず、穀物や野菜も食べられます。そのため、猫=雑食だと勘違いされやすいのです。猫が雑食だと思われる理由について以下の項目で詳しく解説します。

猫は穀物や野菜が全く食べられないわけではないから

猫は進化していく過程で、雑食とまではいきませんが、穀物や野菜が食べられるようになっていきました。猫のからだの主なエネルギー源となるのはたんぱく質ですが、だからといって穀物や野菜が全く不必要というわけではありません。

猫の捕食対象であるネズミや鳥は穀物や野菜を食べる生き物です。猫はそのネズミや鳥を食べることにより、間接的ではありますが穀物や野菜を摂取しています。

つまり、猫は少量ではありますが穀物や野菜を摂取して、そこから必要な栄養を吸収しているのです。ですから、猫=雑食だと勘違いされるのです。

昔はねこまんまを猫の食事として与えていたから

今では猫のごはんというとキャットフードをイメージする方が多いですが、昔はキャットフードなんていう便利なものはありませんでした。

日本でも猫を飼う習慣は昔からありましたが、キャットフードが一般的になる前はねこまんまを猫の食事として与えるのが普通だったのです。ねこまんまとは、お米に味噌汁をかけたもののことを指します。要するに人間の食べ物の余りを猫にも食べさせていたのです。

猫の体質などを考慮するとねこまんまを食べさせるのは良くないのですが、昔の飼い猫はそれを食べて生き延びていました。

つまり、お米などの穀物や味噌汁に含まれている野菜を一応消化できていたということです。このような背景もあり、猫は雑食だというイメージが強いのではないかと推測できます。

猫は雑食ではなく肉食!バランスのいい食事が大事

キャットフードを見つめる猫

猫は雑食ではなく肉食動物であるため、そのことを考慮した上でバランスのよい食べ物を与えることが重要です。
猫にごはんを与える時は以下のポイントを意識して与えましょう。

タンパク質を十分に摂取できる食事を与える

鶏肉や牛肉、豚肉、ラム肉、鴨肉といったたんぱく質豊富な肉が混ざっているキャットフードを食べさせてあげるのが好ましいです。

キャットフードによっては、かさ増し目的で必要以上に穀物を混ぜているものもあります。そのような商品は低価格で販売されていることが多いですが、雑食ではなく肉食である猫にとってあまり良い栄養バランスとはいえません。

食べさせたら危険な野菜もある

例えば、ニンニクやニラ、ネギ類の野菜は猫に重度の貧血症状を引き起こす可能性があります。他にも、ほうれん草やセロリの食べ過ぎは尿路結石の原因になりかねませんし、アボカドを食べた場合は肝臓に大きな負担をかけるリスクがあります。

このような危険性があるため、野菜を与える場合は必ず与えてもよい野菜かどうか調べた上で食べさせましょう。
そもそも、猫は雑食ではなく肉食動物であるため、無理に野菜を食べさせる必要はありません。

まとめ

舌をペロンと出す猫

猫は雑食だと思われがちですが、実はそうではありません。本当は穀物や野菜の消化が苦手な生き物なのです。猫の食生活をきちんと理解した上で、肉や魚などの動物性たんぱく質が摂取できる食事を与えるように心がけましょう。

スポンサーリンク

人気のキーワード