歯ブラシで猫をナデナデするとうっとりしちゃう3つの理由

歯ブラシで猫をナデナデするとうっとりしちゃう3つの理由

日々の健康な生活に欠かせない歯ブラシ。猫にも必須アイテムですね。実はそんな歯ブラシでナデナデされた猫が、うっとりしてしまうという怪事件が多数、発生しています。なぜ猫は歯ブラシでうっとりしてしまうのか?その謎に迫っていきましょう!

1361view

猫が歯ブラシなでにうっとりする3つの理由

歯ブラシを噛む三毛猫

猫が歯ブラシでナデナデされて、うっとりする理由とは?

1 猫の舌で舐められている感じ

茶色の猫が舌でキジ寝猫をなめる

ザラザラした猫の舌。その感触を歯ブラシは如実に再現してくれるようです。猫に歯ブラシを当ててナデナデすると、まるでそこにはもう1匹猫がいて、ペロペロ毛づくろいしてくれているような感覚に陥ります。

特に顔周りは自分では毛づくろいできない場所。そこを念入りに歯ブラシでなでされると、あたかも猫の舌で舐められているようで、とても気持ちが良くなってしまうのです。

2 お口周りのムダ毛がスッキリ

黒い背景の猫

実はこの歯ブラシなでには、お口周りの細かい部分のムダ毛がスッキリする、というメリットがあります。普通のブラシではなかなかムダ毛が取り除けない、デリケートなお口周りもシャープに。

3 母猫を思い出す

母猫が子猫をなめる

子猫の頃は母猫がたくさんペロペロしてお世話をしてくれました。顔はもちろん、体やお尻まで全身くまなく舐めてくれたことでしょう。歯ブラシには、そんな母猫の優しい舌を思い出させてくれる、そんな作用があるようです。

しばし子猫時代に戻って、母猫が舐めてくれたのをゴロゴロ言いながら堪能します。猫によってお気に入りの歯ブラシの形状や硬さがあるようですので、猫好みの歯ブラシを見つけてあげてください。

その他の猫がうっとりする事

白いタオルに顔だす猫

歯ブラシなで以外に猫がうっとりする事は他にもあります!

1 耳掃除

耳掃除される猫

爪切りや歯磨きなど、体のお手入れを嫌がる猫は多いですが、耳掃除は別格のようです。
抱っこされて「はっ!また嫌なコトされる!!」と警戒する猫も、耳掃除された次の瞬間うっとり顔に…。猫の耳の中はデリケートなので優しくお掃除してあげましょう。

2 マッサージ

顔をマッサージされる猫

猫とのスキンシップや血行促進、凝りをほぐすなどのメリットがあるマッサージ。うっとりと目を閉じる猫、続出です!

しっかりとツボを押さえモミモミしてあげれば、とても可愛らしい猫の姿を目撃することができるでしょう。中には、放心状態になる猫も。自分の猫がどんな反応をするのか楽しみでもあります。

3 音楽

ピアノに寝そべる猫

猫用のリラックス音楽が開発されています。聞くことで猫の不安感やイライラを押さえ、うっとりと素敵な気分にしてくれます。ネット上では無料で聴かせることもできますし、CDなども発売されています。猫が落ち着かない様子の時は聴かせてあげるとリラックスしてくれますよ!

4 ねこじゃすり

猫飼いの間で話題となっている「ねこじゃすり」。これで猫をナデナデすると、歯ブラシのように猫の舌で舐められている感覚になり、うっとりします。きっと猫には「飼い主め。とうとう猫の舌を手に入れたか。」と見直されるはずです。
お互い舐め合うような、憧れの猫流コミュニケーションを手に入れましょう。

まとめ

歯ブラシでなでられる猫

猫がうっとりしている姿、想像しただけでも可愛く思います。猫自身もうっとりする事は嫌いではないはず。たくさんうっとりさせ、飼い主も猫も至福の時間を過ごしましょう!

人気のキーワード