猫が「信頼できる人なのか」を見極めている3つのポイント

猫が「信頼できる人なのか」を見極めている3つのポイント

猫は人のことをじっと観察し、その人が信頼できるのかどうかを見極めているようです。「この人は近づいても大丈夫か、信頼しても危険はにゃいか」と猫が判断するポイントは、どんなところなのでしょうか?ポイントを押さえて、猫から信頼される人になりましょう!

4972view

猫が「信頼できる人か」を見極めるポイント

物陰からこちらを見つめる猫

猫が人を見て、その人が信頼できるのかどうかを見極めるポイントには、以下のものがあります。

  • ポイント1 嫌なことをしてこない
  • ポイント2 お世話をしっかりしてくれる
  • ポイント3 愛情を持って接してくれる

ポイント1 嫌なことをしてこない

子供に構われる猫

しつこく構ったり、大きな声や低い声で接したり、じっと猫の目を見つめるのも、猫にとっては嫌なことです。他にも急に動く、強い香りをさせるなど、猫が嫌だな、と感じることはたくさんあります。

それらを頻繁にしていると、猫にとっては信頼できない人に分類されてしまいます。猫が悪いことをしたからと言って体罰を与えるのも、厳禁です。注意しましょう。

ただ、歯磨きや爪切り、投薬など、猫のお世話上どうしても必要なことは、猫が嫌がることでもしなければいけない場合があります。この場合は致し方ありませんが、我慢した猫を褒める意味で、美味しいおやつなどを与えると良いでしょう。

何度か繰り返すと、「嫌なことの後は美味しいおやつがもらえる♪」と覚えて、それほど嫌がらなくなる可能性があります。飴と鞭を上手に使って、猫が嫌がることでも、サクッと終わらせてしまいましょう。

ポイント2 お世話をしっかりしてくれる

飼い主にブラッシングされている猫

猫は人の動きをとても良く見ています。

ご飯をくれる人、遊んでくれる人など、猫の中で分けているようで、人によって態度を変えるのもすごいところです。身の回りのお世話を一番してくれる人に、一番良く懐くと言われています。

猫に信頼されたかったら、可愛がるだけでなく、ご飯やトイレ掃除などの身の回りのお世話を、しっかりとやってあげましょう。しもべになればなるほど、猫の信頼度は増していくことでしょう(笑)。

お猫様が快適に過ごせる環境を、徹底的に作りあげると、ますます評価がアップしそうです。

ポイント3 愛情を持って接してくれる

黒猫にキスをする女性

自分に敵意を持っている人よりも、好意を持ってくれている人の方が、信頼しやすいのは猫も同じです。

とはいえ、猫嫌いの人は猫に近づかないために好かれる、という話もありますが、基本的には愛情をたっぷりと注いであげた方が、信頼関係が作りやすいでしょう。

猫に辛く当たる、虐待などはとんでもない行為ですし、飼えなくなったからと言って簡単に捨ててしまうのも、言うまでもありませんが厳禁です。

猫は人以上に繊細な生き物なので、ストレスがあるとすぐに体調に出てきてしまいます。
ですから、猫にストレスを与えるのは良くありません。

猫のペースに合わせて接するのも、大切です。

猫はマイペースな生き物なので、そのペースを崩されるのを嫌います。猫の方から寄ってきたときだけ構う、寝ているときはそっとしておくなど、猫中心に動いた方がうまくいきます。

人中心にしたければ、猫はあまり向いていないかもしれません。人に合わせて行動してくれるような、従順な動物では間違いなくありませんから。

まとめ

真剣な眼差しの猫の横顔

猫が信頼できる人を見極めるポイントをまとめると、やはり猫中心で動ける人が良いのだな、と言うのが見えてきます。どちらかと言うとリーダー的な人よりも、参謀役の方が猫との相性が良い気がします。

うまくお猫様を立て、その癒しパワーや可愛らしさを最大限に引き出すと、最高の猫ライフが楽しめるのではないでしょうか?
いずれにせよ、お互いが深い信頼関係で結ばれ、楽しく快適に過ごせれば、それ以上のことはありませんね!

女性 匿名

ヒトから見て信頼出来るネコなら、ネコからみて信頼出来るヒトに巡り会う確率が上がるように思います。

ヒトだけが気を使う関係は家族じゃないです。
ヒトもネコも互いに気遣いあって、より幸せになるのが本当の家族です。

40代 女性 吾亦紅

それわかります。猫の性質を理解して猫が快適に過ごせる工夫をするということと、猫中心に合わせてあげるということは微妙に違うと思います。
というのは、猫ちゃんにもそれぞれ性格があって、必ずしも一般的に言われてることとは違うことがあるからです。触られて好きな体の場所だったり、抱っこの仕方だったり。
やっぱり人間同士と同じで、基本は抑えつつも人と猫、それぞれが一番いいなと思う生活や接し方を模索していくのが、本当の家族なんじゃないかなぁと思います。

スポンサーリンク

人気のキーワード