猫が夜中に暴れる原因と6つの対策

猫が夜中に暴れる原因と6つの対策

猫が夜中に、走りまわったり暴れると迷惑になるし辞めさせたいと思うものです。猫が夜中に大運動会をするのは、どうしてなのでしょうか?猫が夜中に暴れるのは、しつけでなおるのでしょうか?猫が夜中に暴れる原因と対策法をご紹介します。

1407view

猫が夜中暴れる原因

暗闇の中で獲物を狙う猫

猫が夜中になると、急に元気になって暴れるのはどうしてなのでしょう?
それまでは静かにしていても、夜中にスイッチが入ってしまう猫の心理を紹介してみたいと思います。

猫の本能と名残

猫が夜中に暴れるのは、猫の狩猟本能と野生の名残からきているようです。
猫は、昼の間にたっぷりと睡眠をとります。その間にエネルギーを蓄えているのです。
猫は夜行性の動物なので、夜中になると活発になってしまうのでしょう。
これは、猫の野生の名残でもあり、自然と体のリズムがそうさせているようです。

エネルギーが有り余っている

昼間に溜めたエネルギーを発散できずにいると、夜中に暴れる原因になります。
猫は、夜中になると暴れるときもあれば、眠くて寝てしまっているときもあります。
猫のエネルギーが有り余っている状態だと、興奮して暴れたり、猫同士が走り回ったりして、夜中の大運動会が始まってしまうのです。

ストレスによるもの

猫はストレスでも夜中に暴れることの原因になります。
ストレスを発散させようとして暴れるのです。ストレスの原因は、寂しい、構ってもらえない、落ち着いて寝られないなどが考えられます。
低い声でうなるように鳴いて、タンスやカーテンに登るような行動が見られることもあります。

病気によるもの

猫が急に暴れる原因には、病気の可能性もあります。
いつもは大人しい猫も、突然発作のように暴れることもあるのです。暴れる病気として、中毒によるもの、脳内の異常、寄生虫·ウイルスの感染、甲状腺機能亢進症などが考えられます。

猫が夜中暴れるときの対策

暗い部屋で遊ぶグレーの子猫

1生活リズムを変える

猫が夜中に暴れる対策として、猫を飼い主さんの生活リズムにさせるようにしましょう。
猫の本能は消えることはありませんが、習慣を作ることはできると思います。
夜は寝る習慣を付けるようにしてあげましょう。
猫が暴れて噛んだりする場合、寝る前にケージにいれて落ち着いたら出してあげる、夜はケージで寝させるようにするのもひとつです。

2運動させる、遊んであげる

猫が夜中に暴れる対策として、生活リズムを変えるのと同時に、たっぷり遊んであげて運動させる必要もあります。
夜寝る前に、飼い主さんが遊んで猫が疲れれば、夜中に暴れることも減ると思います。

猫のエネルギーを発散させてあげないと、ストレスや運動不足になってしまいます。
夜中に猫が暴れるからという理由で、叱ったり、おやつをあげたりしておとなしくさせようとするのは辞めましょう。

3ストレスを回避する

夜中に猫が暴れる対策として、生活リズムや運動をさせても暴れることもあります。
暴れる原因がストレスからきている場合に、ストレスの原因を廃除してあげましょう。
猫とのスキンシップはとれていますか?寂しい気持ちにさせていませんか?猫が落ち着ける環境ですか?
猫は、ストレスをすぐに感じてしまうので、日頃からたっぷりと愛情を伝えてあげて安心できる環境を整えてあげましょう。

4猫の異変に早く気づく

猫が夜中に暴れるだけでなく、急に暴れるようになってしまうケースもあります。
マンションなどで夜中に暴れると、トラブルの原因にもなります。
できる対策をしたけど、猫の暴れる行動が治まらない場合は、病気かもしれないのでひどくなる前に一度、病院で相談して見るとよいでしょう。

猫の年齢で、病気や症状もかわってきます。子猫なら、誤飲など中毒症も考えられます。
ノミやダニなど感染して痒いことも考えられます。
発作や激しく鳴いて暴れるなどの、猫の異常にいち早く気づいてあげるのが大切です。
ある程度年齢がいけば、一年に一度の定期健診を受けておいた方がよいでしょう。

5猫壱 キャッチ·ミー·イフ·ユー·キャン2猫用電動おもちゃスティック付き (価格:2750円)

猫壱 キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン2 猫用電動おもちゃ スティック付き
3,350円(税込)

Amazonでベスト1位を飾る人気商品です。
電動で猫じゃらしが動き、猫の狩猟本能を満たしてくれる商品です。猫のストレス解消におすすめです。これで、猫が夜中に暴れる対策をしましょう。

6ウェイモール(WEIMALL)

キャットタワー 突っ張り おしゃれ 全高210~230cm
8,680円(税込)

突っ張りタイプのキャットタワーです。
このキャットタワー商品の良い点は、運動不足解消、パーソナルスペース、隠れる場所、高い所に上がれる、スペースを取らない所です。
これで運動をさせて、夜中に暴れる対策になれるかも知れません。

猫が夜中に暴れるまとめ

キャットタワーの上を歩く猫

猫が夜中に暴れるのは、夜行性の動物の本能や運動不足によるものが多いです。
また、ストレスや病気が原因という場合もあります。

夜中に暴れると、マンションだと近所の迷惑になり辞めさせたいと思ってしまいます。
しかし、猫が夜中に暴れてしまうのはしつけをしてもあまり意味がないように思います。
しつけるよりは、夜中に暴れないように運動させることや、ストレス解消させるようにした方がよいでしょう。

猫のストレス解消には、狩猟をすると気分転換にもなるので、是非ご紹介したおもちゃを使用してみてはいかがでしょうか。
また、運動不足を解消するにはキャットタワーを設置してあげるとよいと思います。

20代 女性 茶々

我が家では猫ちゃんエリアを分けているので夜中に走り回っていても問題ありませんが、里親さんが見つかりにくくなるので、夜中に走り回らない、鳴かない、ケンカをしない、ようにするため、私が寝るときに消灯します。
消灯すると真っ暗になり猫ちゃんはトイレに何とか行けるぐらいで走り回ることは出来ません。鳴く子もケンカする子も最近はいませんが、仮に走ったり鳴いたりケンカした場合は、キャリーバッグかケージで離れ住まいをしてもらいます。
人気のキーワード