猫が飼い主を見下してる時にする5つの行動

猫が飼い主を見下してる時にする5つの行動

猫は犬のように上下関係を作らないとは言うものの、「自分よりも劣っているヤツ」と思うことはあるようです。猫の世界にもいじめはありますから、飼い主さんがその見下す対象になる可能性も、ゼロではないでしょう。猫が飼い主さんを見下している時、どんな行動を取るのでしょうか?

14841view

猫が飼い主を見下しているときの行動とは?

牙が少し見えているグレーの猫

猫が飼い主を見下しているときの行動は、以下の5点です。

行動1 都合の良いときだけ近づいてくる

人に撫でられている長毛猫

お腹が空いたときや、遊んでほしいときだけ近づいてきて、後は全く近寄ってこない、という場合、見下されている可能性があります。
でも、猫ってそんな動物でもあります。飼い主さんの方から近づいたときに、ゴロゴロ言うなどの好意的な反応がいつもなければ、見下されていると思って良いでしょう。
完全に、猫に家政婦さんだと、思われています。

行動2 本気の攻撃

牙をむいて威嚇する猫

猫に触れたとき、本気で噛む、引っ掻くなどの攻撃をされたら、見下されています。
「気安く触るにゃ!」と怒っているのでしょう。
猫に触ると、触った人の匂いが体につきますから、それが嫌なのかもしれません。

猫の本気攻撃は、大変危険です。
重症になる場合もありますので、猫が本当に怒っているときは一刻も早く退散しましょう。

行動3 お腹を見せない

道路の端で休んでいる猫

お腹は猫の急所です。なぜなら、臓器が密集していながらもそれを守る固い骨がないからです。
ですから、お腹を攻撃されれば、命に関わる危険性があるのです。

猫は信頼している人には、お腹を見せて甘えます。
もちろんそれ以外にも、暑いときやご機嫌なときも仰向けになることがありますが、人の近くでお腹を見せる場合は、その人をよほど信頼していると思って良いでしょう。

一方で、警戒している人には、お腹を見せることはありません。
猫がもし、あなたの近くでは決してお腹を見せないのであれば、あなたのことを信頼していない可能性が高いです。
猫の性格による部分もありますが、ご紹介した他の行動と照らし合わせて、猫が見下しているかどうかを判断すると良いでしょう。

行動4 無視

椅子の上で横になっている猫

猫は、自分よりも劣っていると思う生き物には、近づきません。
状況によって猫が無視することはありますが、いつも一貫してあなたのことを無視するのでしたら、見下されていると思って良いでしょう。
悲しいかな、それが現実です。
美味しいおやつを手に持っていると、注意を向けてくれるかもしれません。

行動5 正に見下す

高いところから見下している猫

「今、そんな気分じゃにゃい!!」とでも言いたげに、触ろうとすると高いところに登って、こちらの様子を伺う猫…。
正に見下してくる猫は、あなたを都合の良い存在だと思っているのかも。
ちょっと腹が立ちますが、猫のご機嫌が良いときを狙って、コミュニケーションを取ってみると良いのではないでしょうか?

まとめ

口を開けて訴えている子猫

猫に見下されるとは、とても辛く悲しいことです。
人でも猫でも、言いなりになる人は、バカにされる傾向にあるのではないでしょうか?

愛猫がいくら可愛くても、全て言いなりになるのではなく、ダメなところはダメと、ビシッとしつけることも、大切です。愛猫との信頼関係、一から作り直してみると、良いでしょう。

あ、もちろん、猫のしもべになるのが幸せ!という場合は、無理に止めはしませんが…。
猫との暮らしの楽しみ方は、人それぞれです。それぞれの猫ライフ、満喫していきましょう!

男性 yoki

今で4匹目の猫ちゃんですオスのスコテシュホールドでニャン太郎ですもう飼って5年位かなまだ分からない事が有ります。そんな時このサイトが役に立ちます。これからも見るね

女性 匿名

先日、猫ちゃんaが、猫ちゃんbのご飯をひっくり返して「シャーシャー!」言ってました。
見てなかったので原因は分かりませんが、他の子のご飯をひっくり返してシャーシャーは無いだろうと思いスリッパで叩きました!。壁ですけどね。

私が壁や床をスリッパで叩きながら近づいても「シャーシャー!」言ってましたが、近づくにつれ、「あれ?、私シャーシャー言っているのに怖くにゃいの?。もう一度やるね。シャーシャー、シャーシャー!…。ヤバイ、本気で怒っているみたいにゃ。ごめんにゃさい(m_m)」って感じで丸まって小さくなっていたので、猫ちゃんbに謝らせました。

それ以来、猫ちゃんaは私が食事を持って行くと緊張した面持ちで固まっていて、私が器を置いてから頭を撫でると、安心した感じでガツガツと食べ始めるようになりました。

猫ちゃんを嚇すのは好きではありませんが、多頭飼いの場合は、弱い猫ちゃんが虐めに合わないように配慮する必要がありますので、飼い主が猫ちゃん達に見下されることがないように自分の言動に注意する必要があります。

その方法は絶対的な正解がないので飼い主によって基本的な姿勢が違うでしょうし、その時の状況によって個別具体的な対応が違うと思いますが、なかなか難しい問題です。

スポンサーリンク

人気のキーワード