猫用ヒルズの選び方やおすすめ商品

猫用ヒルズの選び方やおすすめ商品

皆さんは猫にどんなフードをあげていますか?アメリカで大人気の猫のフード「ヒルズ」は、日本でも近年有名になってきましたね。今回は「猫用ヒルズの選び方やおすすめ商品」についてご紹介させていただきます。

631view

猫のフードヒルズとは?

猫とキャットフード

猫のフードヒルズとはどのような商品なのでしょうか。
アメリカでは、獣医師が自分の飼い猫にほぼ100%「ヒルズ」を与えると言われているほど人気を誇る猫のフード「ヒルズ」は近年日本でも有名になってきましたね。そこでここでは、猫のフードヒルズについてご紹介させていただきます。

猫のフード「ヒルズ」とは年齢や栄養、持病のある猫のための療法食など、様々な猫に配慮をしたキャットフードです。フードの形状はパウチタイプのウェットや缶、からドライまであるので、どんな猫にも対応をしているおすすめの商品です。

猫のフードヒルズの特徴

餌を食べる猫

猫のフードヒルズの特徴はどのようになっているのでしょうか。
猫のフードヒルズは人気の商品で自分の猫に与えるならば特徴についても知りたいですよね。そこでここでは、猫のフードヒルズの特徴についてご紹介させていただきます。

種類

猫のヒルズの種類は様々あります。まず一番には病院で相談をしておすすめされたものを選ぶようにしましょう。

ヒルズの種類は

  • サイエンスダイエット
  • プロ
  • 食事療法用

などのキャットフードに分かれています。通常の猫はサイエンスダイエットやプロを食べることになり、病院などで指導をされている猫は、食事療法用のヒルズを猫に与えることになります。

年齢

猫のキャットフード、ヒルズは年齢によっても種類がわかれています。

  • 1歳を迎えるまでの子猫用
  • 大人になってからの成猫用
  • 7歳以上の老猫用

などになっています。これらは噛みやすさや栄養に配慮して年齢別になっています。

形状

猫のキャットフードのヒルズはは形状も様々です。

  • 固形のドライフード
  • 缶タイプ
  • ウェットのパウチタイプ

などがあります。

療法食

病院で猫の健康状態で指導をされた場合には療法食を与えることになります。療法食であれば特定の病気に適した栄養素になっており、猫の健康をサポートしてくれます。
具体的に

  • 腎臓の病気
  • 膵炎などの病気
  • 消化ケアをするため
  • 結石などの尿路系の病気
  • カロリー制限のある糖尿病などの病気

などのそれぞれの病気に対しての療法食があります。

成分

猫のヒルズは成分にも配慮がされています。製品により、原材料は異なりますが主原料は「タンパク質」になっています。また合成タンパクは使われずに、その他の成分は、なるべく高品質なものが使われています。

猫のフードヒルズの選び方、おすすめ商品

食卓に座る猫

猫のフードヒルズの選び方、おすすめ商品はどのようなものがあるのでしょうか。
自分の猫にヒルズを選ぶとき、選び方やおすすめ商品が気になりますよね。そこでここでは、猫のフードヒルズの選び方、おすすめ商品についてご紹介させていただきます。

年齢

猫のヒルズを選ぶときには「年齢」を見ましょう。id消化ケアです。こちらはヒルズの療法食になります。

プリスクリプション・ダイエット 療法食 猫用 CDマルチケア 4kg
5,728円(税込)

商品情報
・本体サイズ (幅X奥行X高さ) :28×16×46cm
・本体重量:4kg
・原産国:チェコ

こちらは小さな猫から成猫など回復期に適した栄養素になっています。
お値段は3,604円で、消化ケアなので下痢や嘔吐で失われた水分やビタミン、カリウムを補給してくれます。



病気のケア

猫のヒルズを選ぶときには医師に相談の上、病気のケアができるものを選ぶようにしましょう。
尿路系の病気の場合には尿ケアのものがおすすめです。

ヒルズ 猫用 i/d 消化ケア ドライ 2kg

ヒルズ 猫用 i/d 消化ケア ドライ 2kg
3,910円(税込)

商品情報
・サイズ:2kg

こちらは、ストルバイト結石の管理に役立つ栄養素になったヒルズのキャットフードです。お値段は5,728円です。ミネラルやアミノ酸のバランスが考えられていますので、医師に相談をしてから使ってみてくださいね。

まとめ

キャットフード

猫のヒルズはアメリカだけでなく、日本でも有名になってきました。
猫のキャットフード、ヒルズは年齢や持病などに配慮をして様々な種類があります。高品質な材料にもなっていますので、是非医師に相談をしてから使ってみてくださいね。

スポンサーリンク

人気のキーワード