末期の猫のリンパ腫 症状や余命、飼い主として出来ること

末期の猫のリンパ腫 症状や余命、飼い主として出来ること

猫に発症する腫瘍のうち、非常に多くみられるのがリンパ腫といわれており高い確率で発症してから数年で命を落としてしまいます。末期のリンパ腫になった場合にみられる症状や後悔しないように残された時間に対して猫にしてあげれることを今回お話しします。

817view

猫のリンパ腫末期の症状

遠くを見つめる末期のリンパ腫の猫

リンパ腫とは、白血球にあるリンパ球が腫瘍化することをいい、猫の腫瘍の中でも特に発症しやすいといわれています。

一般的に猫のリンパ腫は高齢の猫に多く発症しやすいですが、猫白血病ウイルスの感染と関係しているといわれています。

リンパ球は体全身に存在しているため、腫瘍化した箇所によって症状が異なり、「多中心型リンパ腫」「消化器型リンパ腫」「縦隔型リンパ腫」「皮膚リンパ腫」などに大きく分けられます。

下痢や嘔吐

腸管やその付近のリンパ節が腫瘍化する「消化器型リンパ腫」の場合は、猫に下痢や嘔吐などの消化器症状が続きます。しだいに末期状態になると、ご飯を全く食べなくなり体重が減少します。

咳や呼吸促迫(呼吸困難)

猫の胸の中にあるリンパ節が腫れている影響で、リンパがうまく流れず胸水が溜まるため咳が出たり、息苦しくなり呼吸困難に陥ったりしやすいです。

胸水が溜まる状態は、末期のリンパ腫の猫に多くみられる症状でもあります。

食欲がない・食べない

特に猫白血病ウイルスに感染していた場合、体を守ってくれる役割がある白血球の数が減少するため免疫力が徐々に低下していき、貧血傾向になります。

食欲が落ち、しだいに末期のリンパ腫になると猫は食事を一切食べなくなり、一気に体重が落ちます。

リンパ節が腫れる

猫のリンパ節は体の至るところに存在し顎下にある下顎リンパ節や、脇にある腋窩リンパ節などがあり腫れてしまいます。

大きく腫れたり、他のリンパ節に転移したりしていることが、末期のリンパ腫の場合多くみられます。

猫のリンパ腫末期の余命

病院で獣医師に末期のリンパ腫を診察されている猫

猫のリンパ腫の場合、基本的に抗がん剤による治療や炎症を抑制するステロイドの投与を行いますが、抗がん剤には下痢や嘔吐、食欲低下などの副作用がでてきます。しかし、リンパ腫の悪性度によって余命が変わります。

悪性度が高いリンパ腫で、抗がん剤などの治療を一切行っていない場合は、余命1〜2か月ほどといわれています。また、猫に抗がん剤の効果が効いている場合でも半年〜もって1年ほどのようです。

そのため、末期のリンパ腫になり猫がご飯を全く食べなくなったり、胸水がすぐに溜まり息苦しくなる状態に陥ったりした場合、おおよその余命は1〜2週間ほどと思われます。

ですが、リンパ腫の悪性度や発症した部位、抗がん剤の投与の効き目などによって猫の余命は多少は変わります。ですが現実は治療しても、完治することは非常に困難な病気でもあるのです。

実際にリンパ腫になった猫がきたことがあり、定期的に抗がん剤の投与をしていましたがあまり効果がみられず、徐々に食欲が落ちていきました。

猫が末期状態の頃には全くご飯を食べず、胸水がすぐに溜まってしまい1週間ほどで亡くなりました。発症してからわずか3か月しか経っていませんでした。

猫が末期のリンパ腫になったら

末期のリンパ腫でペースト状のご飯をスプーンから食べる白猫

食べやすいウェットフードやスープ状のご飯を少量ずつあたえる

末期のリンパ腫になる頃には猫の食欲が低下し、体重が落ちていきます。元々の猫の体重によりますが、一般的に体重が2kgきると命に関わってきます。

猫が栄養およびカロリーを得るためには食事しかなく、あくまで点滴治療は体内に不足している水分や電解質などを補いバランスを保つことしかできないからです。

そのため、少しでも食べさせてあげることが今後の猫の余命にも繋がります。

水分含有量が多いウェットフードやスープ状のものを選び、少量ずつこまめにあたえてあげましょう。また猫は温かいものが好きで食べてくれやすいです。

体温が下がるため体を温める

猫の状態がどんどん悪くなり、末期に差し掛かる頃になると体温が低くなり、体を触ると冷たく感じるようになります。通常猫の体温は平均で38〜39度ですが、低体温といわれる目安の体温は37度以下です。

低体温になると心拍数や呼吸数の低下、意識低下、ケイレン発作など様々な症状が現れてきます。猫の体温が低下している状態にみられる行動は、ふだんいる場所からいなくなり、廊下など冷たくて涼しいところを好みます。

これは、残されたエネルギーをなるべく消費させないようにするためといわれています。また、人と同様に猫も体温が下がると体はこれ以上に体温を下げないように体を温めようと働いてしまうことで実際は体温が低いのに、暑く感じてしまうことも理由としてあげられます。

そのため部屋の温度を上げ、毛布をかけてあげるなど猫の体温を下げないように注意が必要です。またお湯を入れたペットボトルや湯煎した保冷剤を猫の首や脇、股の間などに挟んでいれてあげるとよいです。

最期まで看取る時間を大切に

抗がん剤で、ある程度猫の余命を長くすることはできますが、予後は非常に厳しいのが現状です。残された時間をどのように過ごすかが大事だと思っています。

どんな猫も、一番好きなのは飼い主さんだと思っています。なるべく多くの時間を共に過ごし、寄り添ってあげることがきっと猫は嬉しいはずです。

まとめ

末期のリンパ腫を患うチャトラの猫を抱きしめる女性

猫白血病ウイルスに感染している場合、感染していない猫と比べてリンパ腫になりやすい確率が高いことは現段階で分かっており、抗がん剤治療をしても完治はすることはできません。それでも数か月は生存期間を伸ばすことはできます。

リンパ腫にならないために、猫白血病ウイルスに感染させないことが非常に大事になります。完全室内飼いにし、多頭飼いで元野良猫(保護猫)がいる場合は、ウイルス検査をすることを勧めます。

猫のリンパ腫の発生部位や悪性度によって症状が変わってくるため、治療方針やケアなどで悩んでしまうと思いますが、抱え込まず病院スタッフと一緒になって考えることで、少しでも後悔しない選択肢を選ぶことができると思います。

人気のキーワード