猫のフード「カナガン」はこんな猫におすすめ!特徴や与え方

猫のフード「カナガン」はこんな猫におすすめ!特徴や与え方

猫を飼っている方が一度は聞いたことのあるフード「カナガン」。猫のフードのカナガンは有名なので一度は使ってみたいと思う方もいらっしゃると思います。そこで今回はカナガンの特徴や与え方についてご紹介させていただきます。

1006view

猫のフードカナガンはどんな猫におすすめ?

ご飯を食べている子猫

猫のフードカナガンは、イギリス産のキャットフードです。「人間が食べても安全だ」と言われるほどで、口コミなどでも、世界中の愛猫家が取り入れるほどの人気ぶりになっています。

少し値段が高いところがネックですが、猫の健康面を考えると、この「カナガン」は非常におすすめです。そこでここでは、猫のフードカナガンは、どんな猫におすすめなのかについてご紹介させていただきます。

穀物アレルギーの猫にカナガンはおすすめ

カナガンのフードは、穀物アレルギーの猫におすすめです。

穀物アレルギーの猫は、小麦や大豆、とうもろこしなどが含まれているキャットフードがダメなので、市販で販売されているキャットフードのほとんどが食べられないことになってしまいます。

穀物アレルギーなのに、猫が穀物の含まれているキャットフードを食べていると、

  • 炎症性腸疾患
  • 胃炎(下痢、嘔吐)
  • 皮膚のかゆみ

などを引き起こしてしまいます。しかし、この猫のフード「カナガン」は、穀物を使っていないので、アレルギーの猫にはもってこいです。

偏食ぎみの猫にカナガンはおすすめ

猫によっては、とても偏食で「何をあげても食べない!」ということがありますよね。キャットフードは食べないのに、おやつばかりで肥満になってきている猫や、偏食のせいでキャットフードを食べず、体重減少を招いている猫もいるかもしれません。

猫が餌を食べないときや、偏食ぎみの猫におすすめなのがこの「カナガン」。カナガンは、モニター調査でも100%猫の食いつきがよくて、いつも食べない猫も食べること間違いなしです。

また、同じくらいの価格で、「シンプリー」という商品もありますが、個人的にはカナガンの方が食いつきは良かったです。

成長期の猫にカナガンはおすすめ

カナガンは、成長期の猫におすすめです。どんな猫にもおすすめなのですが、特に体や脳を発達させている段階の幼猫期の栄養補給としては、カナガンが一番でしょう。

カナガンは、高タンパクなキャットフードなので、しっかりと骨を丈夫にし、発達のサポートをします。

猫のフードカナガンの特徴

蝶ネクタイをして食卓に座る猫

猫のフードカナガンは、猫を飼っている方なら一度は聞いたことのあるフードの名前だと思います。しかし、実際に使ってみるならば、カナガンの特徴を知っておきたいですよね。

そこでここでは、猫のフードカナガンの特徴についてご紹介させていただきます。

人間が食べられると言われるほどの安全性

猫のフードには、目を疑うほど価格の安いものもたくさんありますよね。しかし、キャットフードの価格の安いものは、「粗悪な材料」で作られていることがほとんどです。

人間は食べることはできないのですが、猫のキャットフードには4Dミートと呼ばれる「死んだ動物の肉」などがよく使われています。

しかし、カナガンであれば人間も食べることができる「ヒューマングレード」のものを使用していて非常に安全です。

動物性タンパク質が豊富

猫のフードカナガンは、動物性タンパク質が豊富です。キャットフードのほとんどは、動物性タンパク質は20~40%ほどしか含んでいませんが、カナガンであれば約70%も含有しています。

栄養豊富

カナガンは、ヘルシーでありつつも栄養価が高いために、幼猫期などの猫におすすめです。総合栄養食であるので、どのライフステージの猫も食べることができます。

自然素材

カナガンの特徴で特に嬉しいのが、この「自然素材」という点です。キャットフードは、

  • 質の悪いタンパク質
  • 保存料
  • 香料
  • 着色料
  • 人工添加物

など、猫にとって有害なものがたくさん含まれています。

腐らないようにするためや、見た目や香りをおいしくさせるためなどに使われているのですが、やはりできれば避けたいものですよね。

そんなときに、猫のフードカナガンを選べば、上記のようなものは全て使われていません。香料であっても、チキングレイビーなどで自然の香りをつけ、保存料も自然にある安全なものを使っています。

穀物が使われていない

猫にとって穀物は、あまり体に良いものではなくて、

  • アレルギー
  • 消化不良

などの原因にもなってしまいます。

しかし、猫のフードカナガンであれば、穀物が使われていないので穀物アレルギーの猫や、健康を第一に考えたい場合には、非常におすすめなのです。

世界中で使われている

この猫のフードカナガンは、イギリス産なのですが日本だけでなく世界中で人気になっています。猫の健康面や安全性を考えたいのであれば、飼い主はカナガンを購入するのでしょう。

猫にカナガンをはじめてあげるときの注意点

飼い主の手から餌を食べる猫

猫にカナガンをはじめてあげるときの注意点は、どのようなことがあるのでしょうか。猫にカナガンをはじめてあげるときには、いくつか注意点もあるのでご紹介させていただきます。

保存方法

  • ジップロックに小分けして冷暗所に保管する
  • 密封してジップロックに小分けする

猫のフードカナガンを与えるときには、保存方法も考えなくてはいけません。カナガンは1.5kgの大袋なので、

  • 食べきれない
  • 量が多くて困る

という声が少しあるようです。

通常であれば問題ないところなのですが、保存料が使われておらず無添加なので、「保管方法」に悩んでしまうことがあるようです。

ですので、猫に鮮度を落とさずに衛生的にずっと食べさせてあげるには、カナガンを「ジップロックに小分けして冷暗所に保管する」「密封してジップロックに小分けする」などして工夫をしなくてはいけません。

シニア猫の場合

猫のフードカナガンは、ライフステージの決まりもありません。しかし、シニア猫の場合、まれに「内臓機能」が低下していることがあります。

もし、内臓機能が低下している場合には、カナガンなどの高タンパクな食べ物は体に良くありませんので注意をしてください。

猫のフードカナガン おすすめ商品2選

お店でキャットフードを選ぶ女性

カナガンの猫フードをあげてみたいと思っても、どんなものにしようか悩んでしまいますよね。そこでここでは、カナガンの猫フードについてご紹介させていただきます。

猫カナガンキャットフードチキン&サーモン

カナガンキャットフード チキン&サーモン
6,510円(税込)

商品情報
・人工添加物不使用
・穀物不使用

こちらは、ウェットフードのカナガンの商品です。味はチキン&サーモンで猫が喜んでくれます。新鮮なチキンの味と、サーモンの濃厚な味がしっかりとフードにつまっているので、偏食ぎみの猫や、餌を食べない猫におすすめです。

こちらも、ウェットフードではありますが、カナガンの販売する商品なので、人工添加物などは不使用の猫を考えたキャットフードになっています。

カナガンキャットフードチキン

カナガンキャットフード チキン
4,967円(税込)

商品情報
・人工添加物不使用
・産地イギリスから直輸入

こちらのカナガンの猫のフードは、最もメジャーな商品です。イギリスから直接輸入したもので、イギリス飼育の鶏を60%以上も使用した素晴らしいものです。

子猫からシニアまでのライフステージで食べさせてあげることができるので、栄養をとらせてあげたい、健康を考えたい飼い主さんにはおすすめです。

まとめ

食後に口周りを舐めながら振り返る猫

猫のフード「カナガン」は猫の健康面を考えたい方には非常におすすめの商品です。人間が食べられる程の安全性と動物性タンパク質や栄養の豊富さ、自然素材で作られている点が特徴で、特に

  • 穀物アレルギーの猫
  • 偏食ぎみの猫
  • 成長期の猫

などに与えると、100%喜んでくれること間違いなしです。是非一度、試しに購入してみてくださいね。

40代 女性 匿名

カナガンは確かに素晴らしいフードですが、高脂肪なため気をつけなければならないフードです。
我が家の愛猫は、カナガンフードで数値が500近くまで上がり、ヒルズの低脂肪フードで200近くまで下がりました。
猫の平常脂肪値は50〜150です。

飼っている猫が非常に健康であるなら大変に素晴らしいフードと言えますが、何か身体に問題がある年齢には全く向かないフードです。

店舗の窓口には専門家はいらっしゃいません。どの年齢でも食べれるのは間違いありませんが、身体に癖のある純血種には注意が必要です。
因みに、モグニャンやシンプリーも高脂肪であり、カナガンと同じ会社が窓口です。

毎日ホテルの食事を与えられるのは超健康優良猫だけだと思います。

良いフードも使い方を間違えてしまうと毒になります。

人気のキーワード