猫を飼うのに向いている人の性格5つ

猫を飼うのに向いている人の性格5つ

猫を飼うのに性格が必要なの?と思ってしまいますよね。犬と猫では同じ動物でも、習性が違うので接し方も変わってきます。猫を飼うのに向いている性格の人を、紹介してみたいと思います。

8427view

猫を飼うのに向いてる人の性格

顔を近づける猫と女性のシルエット

ペットは、私たちを癒してくれたり、生活をがらっと変えてくれたりする存在です。それが良くもあり、悪くもあると判断した上で、猫を飼うことを決めるのも大切なことです。

ペットの中でも猫を飼うのに向いてる人の性格について、紹介していこうと思います。

1.猫に合わせられる人

飼い主の足に手をかけて甘える猫

猫を飼うのに向いている人は、猫の甘えたい、構ってもらいたい、要求に応えてあげられる人です。

猫は気分屋な所もあるので、好きなときに構ってアピールや、甘えてきたりするものです。そんなときに、鬱陶しいとか面倒臭いと思わずに、コミュニケーションがとれる人が向いています。

また、仕事で遅く帰ってきて、電気をつけバタバタとする人、夜中に帰ってくる人は、猫がゆっくり寝ていても、起こされたり落ち着きをなくしたりする原因にもなります。

猫もある程度は合わせてくれますが、毎回帰る時間がバラバラ過ぎると猫もストレスになります。

2.おおらかな人

猫を飼うのに向いている人は、優しくておおらかな人、朗らかな人が向いていると思います。常に怒っている人や、怖い顔をした人には寄っていかないそうです。猫にも人間からでるオーラがわかるのかも知れません。

声の大きな人や、動きの激しい人、乱暴な人、すぐに手をあげる人は猫を飼うのに向いていないかも知れません。猫を飼って性格がおおらかになる人もいるようです。

3.どんな猫でも受け入れられる人

様々な種類の猫たち

猫を飼うのに向いている人は、根本的に猫が好きな人です。
猫をファッション感覚で飼う人は、子猫の時期しか可愛がれません。

思ったより手が掛かるのを承知で、猫がどんな状況になっても受け入れられる寛大な性格の人が向いていると思います。
猫を家族として思える人、外面だけで猫を選ばない人は、どんな猫でも受け入れられるのではないでしょうか。

4.責任感がある人

猫を飼うのに向いている人は、猫の生涯を最後まで面倒を見る意思の強い人です。
まずは猫を飼う前に金銭面、環境面などの重要なことを理解して、猫を飼える状況であることが条件ですよね。

猫にお金がかかり過ぎて大変だから、猫って手が掛かる、家を空けられない、などの人間の都合で捨てる人も少なくありません。
たとえ、猫を飼う前は軽い気持ちであっても最後まで責任をとる、責任感の強い人に飼ってもらいたいと思う気持ちです。

5.世話好きな人

猫にブラッシングをする人の手

「猫って犬より楽だから飼いやすい」「散歩行かなくていいから」と言う気持ちで猫を飼う人もいるようです。

確かに猫は、昼間は寝てるし散歩も行かなくていいので、犬よりは楽と言えるかも知れません。

しかし、猫はストレスを溜めやすいデリケートな動物なので、些細なことでストレスになるのです。犬でも猫でも、しっかりお世話をしてあげられる人が向いているのです。

トイレが汚れていても放ったらかし、ご飯の時間はバラバラ、鳴いていても無視するなど、適当にお世話するのではなく、しっかりお世話できる人、ボランティア精神の強い人が向いているのかも知れません。

まとめ

飼い主の手を掴む猫の手

猫を飼うのに向いている人は、責任感があり、根本的に猫が好きな人だと思います。

猫を飼ったことがない人が、猫と暮らしてみてどう感じるかにもよると思います。思っていたより大変で手が掛かるけど、とても癒される日々になっている、愛おしいと思えばいいと思います。

猫を飼ってからお金がかかる、猫アレルギーがでた、等と無責任に猫を扱うのだけはやめましょう。

何らかの理由があって飼えない場合は、次に大事に育ててくれる飼い主さんを見つけるまで、最後まで責任を持つことが大事です。

命を粗末にしたり、簡単に捨てたりすると言う行動は、絶対にしてはいけません。ペットを飼うなら、それなりの覚悟が必要です。

スポンサーリンク