猫に精油(エッセンシャルオイル・アロマオイル)は危険!理由と種類

猫に精油(エッセンシャルオイル・アロマオイル)は危険!理由と種類

猫に精油は危険だと言われているのをご存じですか?動物にリラックス効果のあるアロマとして精油を使う機会も増えてきましたが猫は命に関わると言われています。そこで今回は「猫に精油(エッセンシャルオイル・アロマオイル)は危険!理由と種類」についてご紹介させていただきます。

1790view

猫に精油が危険な理由

赤い花の匂いを嗅ぐ猫

猫に精油が危険な理由は、どのようなことが考えられるのでしょうか。

植物の香りや、成分を凝縮させて、精油としてリラックス効果のある、アロマセラピーなどを行いますよね。精油を使ったアロマセラピーは、

  • リラックス効果がある
  • 心身の不調の緩和できる
  • ものによっては病気を治癒させる働きがある

などと言われています。

ハンカチなどに垂らして吸い込む芳香浴法や、入浴で使う沐浴法、体をマッサージするアロママッサージ、吸入法、湿布法など、使い方は様々です。

事実、香りをにおうだけで、非常に癒されますよね。これは近年、人間だけでなく、動物にも使用されるようになってきました。

しかし、この精油が猫に使われるということは、絶対にあってはいけません。猫に精油が使われてしまうと、中毒症状を引き起こしたり、最悪の場合、死んでしまったりするのです。

ここでは、猫に精油が危険な理由について、ご紹介させていただきます。

猫は精油を代謝できないから

猫は精油を代謝できないことが一番危険な理由です。猫は生きていく中で「肉食動物」なので、植物は必要としませんよね。

そんな猫に、植物の香りや成分を凝縮させている精油を使うと、肝臓で「分解や消化をすることができない」のです。

それにより、猫の体内に成分がとどまり続けてしまうことで、中毒症状を引き起こしてしまいます。

精油で猫に悪影響が出たこれまでの事例

精油によって猫に悪影響がでた事例がこれまでにたくさんあります。具体的には、

  • アロマオイルを舐めた猫が亡くなった
  • 脱水症状を起こして昏睡状態になった
  • 猫の肝臓数値が異常になった
  • 猫が低体温や運動失調になった
  • 猫が震えだした

これらのような事例があります。

精油は猫にとって危険なものです。一方で、一部では「全くの嘘」で安全だと公表しているところもあります。しかし、このようなデータが有る限りは、なるべく使用は避けたいものですね。

香りだけなのに精油が猫に危険な理由

一輪挿しとアメリカンショートヘア

香りだけなのに、精油が猫に危険な理由は、どのようなことが考えられるのでしょうか。植物の香りや成分を凝縮させている良い香りだけなのに、猫に精油は危険と言われますよね。

ここでは、香りだけなのに精油が猫に危険な理由について、ご紹介させていただきます。

成分が血管に入り込み血液の中をめぐってしまうから

たとえ精油が香りだけでも、猫の体内に吸収をされてしまうから危険なのですが、「血管」に入り込むことによって、血液内を循環してしまいます。

これは、猫が呼吸をすることによって肺に精油の成分が入り込みます。精油の分子構造はとても小さいので、血管にも浸透し、血液の中をめぐってしまいます。

成分が嗅覚を通して体内に入り大脳辺縁系を刺激するから

精油の香りは、とてもリラックスできますよね。しかし、猫の嗅覚は人間の何十倍もあります。元々、植物の香りや成分を凝縮させている精油を処理する機能が、猫には備わっていないのに、精油の香りを嗅いでしまうと、鼻から精油の成分が体内に入り込んでしまい、大脳辺縁系を刺激するので、悪影響がでます。

成分が皮膚を通して体内に入り込んでしまうから

猫の皮膚は、

  • 表皮
  • 真皮
  • 皮下組織

これらのような構造でできています。しかし、菌の侵入を防ぐ役割をしている表皮は、人間の半分以下しかなく「皮膚が薄い」のです。それによって、少しの精油でも体内に入り込んでしまいます。

猫にとって危険な精油の種類

花瓶の花をなめる猫

猫にとって危険な精油の種類は、どのようなものがあるのでしょうか。

精油を使っているものは、猫にとって危険なので、

  • お風呂に入れることはしない
  • 猫のいる部屋で焚くことはしない
  • 化粧水は猫のいるところで塗らない
  • ハンドクリームは手についたままにしない

これらのようなことを心がけなくてはいけません。

化粧水も、猫のために精油が使われていないものにすれば良いだけですので、きちんと成分を見て購入をすると良いでしょう。

精油にも様々な種類がありますが、猫にとって特に危険なものもあります。いくつかご紹介させていただきます。

フェノール

シナモンのエッセンシャルオイル

フェノールは、人間であっても過剰摂取に気を付けなければいけない物質の1つです。そんなフェノールは、人間よりも猫はもっと過敏です。

この香り成分は精油だけでなく、アロマオイルでは、

  • シナモン
  • バジル
  • ミルラ
  • タイム
  • クローブ
  • パチュリー
  • リーフ
  • タイムホワイト
  • オレガノ

これらのようなものが猫にとって危険です。

ケトン

セージのエッセンシャルオイル

こちらも、人間も猫も気を付けなければいけない物質です。ケトンが多く含まれているものは、

  • セージ
  • カンファー
  • ローズマリー
  • ヒソップ
  • ペパーミント
  • キャラウェイ
  • スペアミント

などがあげられます。

リモネン

レモンのエッセンシャルオイル

哺乳類には無害に思われがちなリモネンも、猫にとっては危険です。
精油だけでなくアロマオイルでは、

  • レモン
  • オレンジ
  • ベルガモット
  • グレープフルーツ
  • ブラックペッパー

などに含まれています。

ピネン

ユーカリのエッセンシャルオイル

このピネンも猫にとって危険で、

  • ユーカリ
  • サイプレス
  • ジェニパーベリー
  • パイン
  • フランキンセンス

などに含まれています。

猫にとって精油(エッセンシャルオイル・アロマオイル)は危険です。中毒症状を引き起こすと、

  • よだれ
  • めまい
  • 運動失調
  • 震え
  • 口腔内の炎症
  • 下痢
  • 発疹
  • 食欲不振
  • 痛がる
  • 嘔吐
  • 皮膚が赤くなる
  • 皮膚が腫れる

などといった症状がでますので、猫を飼っている人はできれば使わないでください。

まとめ

リビングで横になる猫とカップル

猫にとって精油(エッセンシャルオイル・アロマオイル)は危険です。他の哺乳類に無害でも、猫は特に過敏ですので、中毒症状を引き起こし、最悪の場合亡くなってしまいます。

猫がいないところで使用をする以前に、危険だと分かっているものは、できれば自宅では使用しないようにすると、猫にとっても安心ですね。

人気のキーワード