猫がほこりを食べちゃった!誤飲の対処法やしつけ方など

猫がほこりを食べちゃった!誤飲の対処法やしつけ方など

「猫が床のほこりをぺろぺろ食べてしまう…」「ほこりを食べる癖を直したい!」猫は興味を持ったものは見境なく食べてしまいます。子猫のみならず、大人の猫でもそれは一緒です。しかし、本来食べ物では無いものを与え続けるといずれは体に悪影響を及ぼすので早めに改善しましょう。今回は猫が誤飲するほこりや他の異物類、誤飲する理由や対処方法をご紹介します。

452view

猫がほこりを食べたときの対処法

掃除機の横を歩く猫

それでは、猫がなぜほこりを食べたがるのか、そして食べてしまった時はどうすればいいのかを見ていきましょう。

体を触ってみる

猫が知らないうちにほこりを食べていても、ほとんどの場合気づきませんよね。ちょっとの量なら問題が起きないかもしれませんが、たくさん食べてしまうのはとっても不衛生です。しかし、万が一食べていたら猫の体をチェックしてみましょう。

ご飯を食べさせていないのにお腹がプクっと膨らんでいたら、大量のほこりや異物をお腹に入れている可能性大です。ほこりや異物でお腹いっぱいなので、ご飯を受け付けないでしょう。

また、膨らんだお腹を触ってみてください。嫌がったら気のせいではなく本当に「何かをたくさん食べた証拠」になります。

病院へ行こう!タイムリミットは3時間

飼い猫が明らかにほこりを大量に食べていたら、すぐに病院へ連れていってください。ほこりが胃に溜まると胃にダメージを与える原因になります。食べたほこりが胃に達するまで3時間くらいの時間がかかります。

もしもほこりに何かの繊維やダニなどが付いていたら、最悪の場合はお腹を切開して異物を取り除かなければなりません。治療費は大体15万円程度にのぼります。猫ちゃんの安全も脅かされるし、治療費でお財布にも大きなダメージです。

お腹の切開など手術になる前に対処するには早期治療が必要です。飼い猫がどれくらいの量のほこりを食べているのかを獣医に伝えましょう。診察や対応がスムーズになるはずです。

無理やり吐かせる

あまりおすすめはしませんが、塩水を大量に与えて猫にわざと嘔吐させるという方法があります。嘔吐させれば、ほこりや異物が胃に届く前に体外へ追い出せます。

しかし、嘔吐する時は異物によっては胃にダメージを与えます。嘔吐は体力の消耗も激しいので猫が元気の無い時は無理やり吐かせるのはやめましょう。更に塩水を飲ませることで食中毒の原因にもなります。

塩水はどれだけあげればいいのかさじ加減も難しく、大量に与えすぎると命を落としてしまいますよ。塩水を猫に飲ませるのは体へのダメージがあるし、適量の見極めなど素人では与え方がとても難しいです。なので、あくまでも最終手段として塩水を使うのは控えておきましょう。

ほこりを食べないようにしつけるには

猫の手を掴んで叱っている女性

ほこりを食べる癖がついてしまったら、飼い主さんは飼い猫とどう向き合えばよいのでしょうか?ダメだからと言って、無暗に飼い猫を怒鳴り散らしては「この飼い主さんは怖い人だ!」と信頼関係が壊れてしまいます。猫との信頼関係を壊さないよう、自然に誤飲をやめさせる正しいしつけの方法を紹介します。

水をかける

猫は水を掛けられるのが大嫌い!個体差もありますが、ほとんどの猫はふいに水をかけられるとびっくりして逃げてしまいます。

猫がほこりを食べようとしている時に後ろからシュッと霧吹きでお水をかけてあげましょう。続けていくうちに「ほこりを食べていると水をかけられるにゃん!」とほこりを食べることにちょっとした恐怖や警戒心を抱かせることができます。

大声をだす

「食べちゃダメ!」「やめなさい!」大きい声でハッキリ注意すれば大声にビックリして行動をやめてくれます。ただし、叩いたり怒鳴ったりするのは効果がありません。単に恐怖を覚えるだけで人に近寄らなくなるかもしれません。

また、猫の嫌いな音を利用するのも手です。空き缶に石を3個くらい入れて転がしてみましょう。ガラガラっと大きく響く音は猫が苦手な音です。この空き缶の音を利用すれば猫はその場所に近づかなくなります。

普段からコミュニケーションを取っておく

叱るだけではしつけにはなりません。猫と飼い主の信頼関係があってこそ、しつけは成立します。常日頃から猫をマッサージしたり、お気に入りのおやつを与えたり、遊びの相手をしてあげましょう。

叱るとき、相手をするときの2つにメリハリをつけて行動すれば飼い主さんのお願いもしっかり聞いてくれるでしょう。

ほこり以外で猫が誤飲しやすいもの

布に噛みついて遊ぶ子猫

ほこり以外にも、猫が誤飲する物はいくつもあります。猫を家に招き入れた時、誤って食べてしまわない様にしまっておきましょう。

髪留め用のゴム

髪留め用のゴムは、猫が飲み込むのに最適なサイズなのでよく誤飲されがちです。間違っても床に放置してはいけません。髪留めには飼い主さんの香りが付いており猫が興味を持ちやすいので猫がいる部屋自体に置かない方がいいでしょう。

飼い主さんの衣類

髪留め用のゴムと同じで、衣類も飼い主さんの香りがついているので猫が興味を持って噛みつきます。お気に入りのシャツやズボンがボロボロにされるだけでなく、噛み千切った繊維がお腹にたまって毛玉となって部屋のあちこちに吐き出されるので厄介です。

何らかのストレスや欲求不満を抱えた猫は「ウールサッキング」という異常な行動を繰り返します。ウールサッキングとは猫が大きな不安や欲求不満を感じた時に取る行動です。

具体的にどういう行動にでるのかというと、意味もなく延々と毛づくろいしたり異物に噛みついたりします。ウールサッキングをする猫が衣類に噛みつくことを覚えると、衣類を見つけるたびにずーっと噛み続ける癖がついてしまいます。

ウールサッキングの原因は日々のストレスによるものですが、一番の原因は飼い主との信頼関係です。信頼関係がない人間と同じ空間にいるのは苦痛ですよね?

猫をしつけるとき過剰に怒鳴ったり手を上げたり、怒った後のフォローもしないことが猫にとって最もストレスになります。ほこりや他の誤飲物にも共通しますが、猫が誤飲したり噛み癖をつかない様にするには何より信頼関係が重要だという事を覚えておきましょう。

ビニール袋

コンビニやスーパーで買い物した時についてくる取って付きビニール袋は猫が興味を持ちやすい素材です。触れるとガサガサと音が鳴り、噛んだら簡単に引きちぎれるので猫はおもちゃだと思い込みます。引きちぎる時にビニールが少し破れてそのまま誤飲するケースが多いようです。

猫がビニール袋を噛むのは単に遊びにハマっているということもありますが、「病気とストレス」によることもあります。猫の体に寄生虫が潜んでいたり消化器系に問題が起きると食品ではなくても食べる様になってしまいます。

猫がビニール袋を食べてしまうと、嘔吐と便秘が続きます。常に気だるくなって食欲もなくなりだんだん元気がなくなってしまいます。

猫がビニール袋を誤飲してしまったらすぐに病院へかけつけてください。食べられない対策としては、猫が嫌うスプレーを塗布したり猫の手がとどかない場所に大事なものを置きましょう。

まとめ

猫の前でほこりを拭き取る飼い主

以上が猫が誤飲するほこりや他の異物類、誤飲する理由や対処方法でした。

猫は赤ちゃんと一緒で、飲み込めそうなものは何でも口にいれようとします。なので、誤飲したら危なそうなものは床に放置してはいけません。

特にほこりはフワフワと動き回るため猫が興味を持ちやすく誤飲しやすいです。猫を飼育するならなるべくほこりや誤飲しそうな物が散乱していない環境づくりをしましょう。

ほこりは少しくらい食べても特に問題ありませんが、ほこりを食べることが癖になって大量に食べてしまうと胃や消化器系にダメージを与える事があります。あまりにも誤飲がひどい時はすぐに病院へ連れていってください。重症化すると手術も必要になるため「たかがほこりの誤飲」と言えど侮れません。

もちろん固形に近いものを誤飲するほど身体へのダメージも深刻です。ゴムやビニール袋、または衣類などの誤飲は絶対に防いでください。

日頃から食べる物と食べてはいけないものをハッキリ教え込む必要があります。誤飲時にしつけすることで猫に「これを食べるとお仕置きされる」という意識を与えましょう。

猫が誤飲するのは好奇心からです。悪気なくほこりや異物を食べてしまいます。「それは食べちゃいけないものだよ」としっかりと教え込む必要はありますが、決して猫を恐怖させるしつけをしてはいけません。猫の健康のためにも愛情をもってしつけをしましょう。