猫アレルギーだけど猫を飼いたい!アレルゲンの少ない種類6選

猫アレルギーだけど猫を飼いたい!アレルゲンの少ない種類6選

猫アレルギーを持っている人でも猫好きであれば、猫を飼いたいですよね。では、アレルゲンの少ない猫種はどのようなものがいるのでしょうか。今回は「猫アレルギーでも大丈夫!アレルゲンの少ない種類6選」についてご紹介させていただきます。

2119view

猫アレルギーでも飼えるオススメの種類

人と猫

猫アレルギーを持っているけど「猫を飼いたい!」「猫と暮らしたい!」と思うこともありますよね。

猫アレルギーは、治療をしてなおるようなものではないので猫アレルギーになってしまうと猫を飼うことを諦めてしまっている人もいらっしゃるかもしれません。

しかし、猫のアレルゲンの少ない品種であれば一緒に暮らして猫アレルギーでも猫を飼うことができます。

そもそも猫アレルギーはどうして起きるのでしょうか。その理由に「Feld1(フェルディ)」と呼ばれるタンパク質の存在があります。これは猫の唾液などに含まれており、空気中にもたくさん浮遊しています。

猫アレルギーを持つ人はこれを吸い込んだり触れてしまうことで

  • 目のかゆみや充血
  • 皮膚が赤くなる
  • 鼻水が出る、くしゃみが出る
  • 喉が痛くなる

これらのような症状を引き起こしてしまいます。しかし、この猫のアレルゲンが少なければ猫アレルギーでも猫を飼いたいと思えば飼うことができます。

そこでここでは、猫アレルギーだけど猫を飼いたい人におすすめのアレルゲンの少ない猫種についてご紹介させていただきます。

サイベリアン

サイベリアンは、シベリア生まれの大型の猫です。サイベリアンは、Feld1の生産量が猫の中でもダントツに少ないので猫アレルギーの人が飼っても反応を起こしづらいと言われています。サイベリアンは

  • 明るい
  • 温厚
  • 人懐っこい

これらのような性格もあるので、初めて猫を飼いたいと思った方にも非常におすすめです。

コーニッシュレックス

コーニッシュレックスは、巻き毛が特徴のかわいい猫です。コーニッシュレックスはアンダーコートしか生えていないことと、巻き毛になっていることによって抜け毛も少なく猫アレルギーの人も猫を飼いたい!と思えば飼うことができますよ。

ベンガル

ベンガルは見た目もワイルドで一見ヒョウにも見えるような格好の良い風貌を持っています。近年人気になってきているベンガルも、

  • 抜け毛が少ない
  • グルーミングが少ない

これらのような理由によって猫アレルギーの人でも飼いたい!と思えば飼うことができます。グルーミングが少ないだけで唾液が空気中に浮遊しにくくなるんですね。

また、ベンガルは見た目とは打って変わって寂しがり屋で人懐っこい性格をしています。抱っこをされることも好みますので、猫アレルギーの反応がでないようであればたくさんスキンシップをとってあげてくださいね。

オリエンタルショートヘア

オリエンタルショートヘアは、毛色をたくさん持つ非常にかわいい猫種です。毛色をたくさん持ってはいますが、すべてのオリエンタルショートヘアが名前の通り短毛種です。

ですので、抜け毛も少なく猫アレルギーの人でも飼いたい!と思えば飼うことができます。

ジャバニーズ

あまり日本ではジャバニーズは知られていませんが、ジャバニーズも抜け毛が少なくフケの広がりもないので猫アレルギーの人でも飼いたい!と思えば飼うことができる猫の種類です。

ロシアンブルー

エメラルドグリーンの瞳がとても魅力的な「ロシアンブルー」。ロシアンブルーは近年人気傾向にあり、ペットショップで見かけることも多くなってきましたよね。

ロシアンブルーはFeld1の生産量が少ないので猫アレルギーの人でも飼いたい!と思えば飼うことができる猫です。海外では、猫アレルギーでも無症状でロシアンブルーを飼っている人も多くいるようです。

猫アレルギーでも猫を飼いたい時の対処法

猫と触れあう人

猫アレルギーでも猫を飼いたい時の対処法はどのようにすれば良いのでしょうか。猫アレルギーは猫好きでも猫嫌いでもおかまいなしに出てしまうので猫好きの人にとっては辛いところですよね。

しかし、猫アレルギーでもきちんと対処法をしていれば猫を飼うことができます。そこでここでは、猫アレルギーでも猫を飼いたい時の対処法についてご紹介させていただきます。

アレルゲンを減らす

猫アレルギーの人が猫を飼いたいと思ったときにはまず症状の原因となってしまう「アレルゲンを減らす」という対処法が一番有効です。具体的には、猫のシャンプーをすることです。

毎日のようにシャンプーをしてしまうと猫も水嫌いなことや、皮膚炎を起こしやすくなってしまうのでおすすめできませんが「1ヶ月に2回程度」のシャンプーをしてあげることがおすすめです。

そして、猫の被毛もグルーミングで抜けてしまわないように毎日「ブラッシングする」ようにしてあげてみてください。こうすることで、空気中に浮遊するアレルゲンが減るので猫アレルギーの人でもアレルギー症状がでにくくなります。

また、猫は水嫌いなのでシャンプーができない場合にはホットタオルを使ってキレイにしてあげてください。

空気清浄機をフル稼働させる

猫アレルギーの人が猫を飼いたいと思ったときには、少々費用はかかってしまいますが各部屋に「空気清浄機」を設置してみましょう。
空気清浄機は、空気中に浮遊するアレルゲンなどを除去してくれるので猫アレルギーを起こしにくくなります。

アレルゲンの付着しやすい家具などを片付ける

猫アレルギーの人が猫を飼いたいと思ったときには「アレルゲンの付着しやすい家具などを片付ける」ことをしてみましょう。アレルゲンは

  • 布団
  • 布製品
  • 衣類
  • 羽毛
  • 羊毛

これらのようなものに付着しやすいです。地面に付着するだけでなく、普段から身につける衣類や布団などにもたくさんついてしまうことによって猫アレルギーの症状を引き起こしてしまいます。

まずは身近にあるソファをレザーにしたりカーテンをブラインドに変えたりなど、家具などを見直してみることが大切です。

こまめな掃除をする

猫アレルギーの人が猫を飼いたいと思ったときには「こまめな掃除をする」ことを心がけてください。猫の被毛一本にもアレルゲンは含まれています。

猫の被毛は、品種にもよりますが抜けやすいので地面や家具にたくさん付着してしまいます。そのままにしていると猫アレルギーの症状の原因になってしまいますので、猫アレルギーでも猫を飼いたいと思うのであれば日頃からの掃除が大切になってくるでしょう。

薬を飲む

猫アレルギーは簡単に完治させれるものではありません。しかし、アレルギー症状を緩和させる薬はあります。猫アレルギーでもどうしても猫を飼いたいと思うのであればいつ症状がでても良いようにきちんと薬を常備しておくようにしましょう。

屋外型猫ハウスを作る

犬は犬小屋というものがありますよね。実は猫も近年、屋外型でしっかりと飼育できる小屋があります。きちんとした工房で猫専用の屋外型猫ハウスを作ってもらえれば一緒に暮らすことはできるのです。

猫アレルギーの症状が酷いからと、飼い始めてから手放してしまうようなことがないようにきちんと対処法を考えておきましょう。

猫アレルギーでも猫を飼いたい時の注意点

猫と仲良くする人

猫アレルギーでも猫を飼いたい時の注意点はどのようなことがあるのでしょうか。猫アレルギーでも猫を飼いたい時「かゆいけど大丈夫」「目が痛いけど大丈夫」「くしゃみが出るけど大丈夫」と安易に考えていてはいけません。

猫アレルギーでも猫を飼いたい時の注意点としては「突然、重篤な症状が出ることもある」ということです。猫アレルギーは、猫を飼ってからすぐに反応をしない場合もありますが症状が重くなってくると

  • 意識を失う
  • 呼吸困難になる
  • 最悪の場合死亡する

ということもあるのです。

ですので、「猫アレルギーかな?」と思っている人は猫を飼う前に必ず検査をしておくようにしてください。猫アレルギーかどうかを調べるには

  • 耳鼻科
  • アレルギー科
  • 内科
  • 皮膚科

これらのような機関で検査をしてもらうことができます。問診やパッチテストで猫アレルギーだと判明をしても「猫を飼いたい」ということを伝えると具体的な対処法を聞くこともできます。

たとえ猫アレルギーだとしても、諦めてしまわずに猫を飼いたいときには地道に対策をしていってください。

まとめ

アレルギーの少年と猫

猫アレルギーだと猫を飼いたいと思っていても諦めがちになってしまいますよね。しかし猫アレルギーでも、アレルゲンの少ない品種にすれば飼うことができます。

その他にもきちんと生活環境を整えれば猫アレルギーの症状もでにくくなりますので、猫を飼いたいと思っているのであれば対処法を考えておきましょう。

人気のキーワード