野良猫にひっかかれた時に注意すべき病気と対処法

野良猫にひっかかれた時に注意すべき病気と対処法

皆さんは野良猫にひっかかれたとき、対処法や注意しなければいけない病気をご存じですか?猫好きであれば、野良猫にひっかかれたときのいざというときに備えておくことが大切です。そこで今回は「野良猫にひっかかれた時に注意すべき病気と対処法」についてご紹介させていただきます。

8026view

野良猫にひっかかれたら注意すべき病気

野良猫

野良猫にひっかかれたら注意すべき病気はどのようなものがあるのでしょうか。野良猫にひっかかれたら「痛みもないし大丈夫かな」と放置してしまう方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、野良猫にひっかかれたら注意すべき病気がいくつかあります。そこでここでは、野良猫にひっかかれたら注意すべき病気についてご紹介させていただきます。

猫ひっかき病

野良猫にひっかかれた傷や、噛まれた場所から感染症になってしまうのが「猫ひっかき病」です。野良猫にひっかかれたときに猫ひっかき病になると

  • 発熱
  • リンパ節が腫れる
  • 発疹がでる
  • 倦怠感

これらのような症状がでることがあります。野良猫にひっかかれたときに傷などから感染症になってしまうので傷が小さくてもきちんとケアをしなくてはいけません。

傷を放置して悪化させると痙攣や意識朦朧、吐き気などを催す可能性もあるので注意しなくてはいけません。

パスツレラ症

猫が口の中に100%保有していると言われる「パスツレラ菌」。野良猫にひっかかれたときや噛まれたときに「パスツレラ症」という感染症になってしまうこともあります。パスツレラ症になると

  • 髄膜炎
  • 骨髄炎
  • 排血症

これらのような症状がでます。パスツレラ症を放置していると重症化もしやすいので野良猫にひっかかれたときには注意が必要です。

疥癬症

疥癬症は猫ヒゼンダニ症とも言い、皮膚の病気のことです。ヒゼンダニによって野良猫は感染症になり、感染した野良猫に触れたりひっかかれたりすることで人間にも感染をしてしまいます。疥癬症になると

  • 赤い発疹がでる
  • 激しい痒み

などの症状がでて、他の野良猫や人間にも感染をしてしまいます。

野良猫にひっかかれた時の対処法

たくさんいる野良猫

野良猫にひっかかれた時の対処法はどのようにすれば良いのでしょうか。野良猫にひっかかれた時にはほとんどの人が放置をしてしまうと思います。

野良猫にひっかかれた時に放置をしていても無事自然治癒をすることもありますが、体内にウイルスが繁殖して症状が悪化したり体調が悪くなってしまうこともあります。

ですので野良猫にひっかかれた時には、傷口の大きさや出血量に関わらずきちんと対処をすることが大切です。そこでここでは、野良猫にひっかかれた時の対処法についてご紹介させていただきます。

流水で洗い流す

野良猫にひっかかれた時にはまず「流水」で傷口を洗い流すことが大切です。ひっかかれた場所の傷口から菌やウイルスが侵入してしまいますのでしっかりと洗い流すようにしましょう。

外などで手洗い場所がないときには、飲水などを購入して洗い流しても良いでしょう。

消毒する

野良猫にひっかかれた時に、菌やウイルスの繁殖を防ぐためにも「消毒をする」ようにしましょう。アルコールやオキシドールなどを使って時間をかけて消毒をしてください。

すぐに消毒液がない場合には、石鹸でひっかかれた傷口を丁寧に洗うだけでも効果はありますので野良猫にひっかかれたら放置をせずに優しく洗い流すようにしてください。

医療機関を受診する

野良猫にひっかかれた時にすぐに症状がなくても、後から腫れが出てきたり化膿することもあります。野良猫にひっかかれた際に

  • 発熱がある
  • 倦怠感
  • 食欲不振
  • 腫れがある
  • 化膿をしている

などの、これらのような症状があれば傷口をそのままにせずになるべく早く医療機関へ相談するようにしてください。

野良猫にひっかかれないようにするには

野良猫を触る

野良猫にひっかかれないようにするにはどうすれば良いのでしょうか。外へ出たとき野良猫にひっかかれたら感染症などの心配もあるので、できれば避けたいですよね。

そこでここでは、野良猫にひっかかれないようにするにはどうすれば良いののかについてご紹介させていただきます。

野良猫に近付かない

警戒心が強い野良猫や、縄張り意識の強い野良猫は猫好きな人間が近付いただけですぐにひっかいたり噛みついたりすることもあります。

「ひっかかれたら感染症になる」ということを踏まえると野良猫に近付かないようにすることが一番の策でしょう。

野良猫を触らない

猫好きな人にとっては、野良猫がいるとつい可愛くて手を伸ばしてしまいますよね。野良猫もご機嫌であれば近寄って来てくれるのですが、自分勝手で気ままな性格なので突然怒りだしてひっかいたりしてしまうことも考えられます。

ですので、野良猫が居ても触らずに遠目で観察するようにしましょう。

野良猫が威嚇したら触ることはやめる

野良猫でも、家に餌を食べに来たりなついていることがありますよね。そのような時には、ひっかかれた時の危険性が分かっていても可愛さから触ってしまうこともあると思います。

そのようなときは「威嚇したら触ることはやめる」ということはやめましょう。猫は尻尾を左右に激しく振ったり、ウーッと唸っているときには「怒っているサイン」です。

そのような仕草や行動があれば距離を置くようにしてくださいね。

まとめ

ひっかきそうな野良猫

野良猫にひっかかれてできた傷を放置してしまいがちですがそのままにしていると

  • 猫ひっかき病
  • パスツレラ症
  • 疥癬症

などの感染症になってしまうことがあります。

水で洗い流したり、アルコールなどで消毒をしても痛みがなくならなかったり他にも症状があるときにはそのままにせずに必ず医療機関を受診するようにしてください。