子猫を安全に捕獲するための方法と3つのポイント

子猫を安全に捕獲するための方法と3つのポイント

ふと、か細い鳴き声が聞こえてきたと思ったら、建物の陰に子猫が!なんて状況ありますよね。安全のためにもどうにか捕獲したいけど、警戒していて簡単に捕獲できそうにない・・・そんな状況にお困りの方のために、今回は子猫を捕獲する上手な方法をご紹介します。今まさに子猫を捕獲しようとしている方も、これから子猫を捕獲する状況に陥るかもしれないという方もぜひ参考にしてくださいね。

2615view

子猫を安全に捕獲するための方法

捕獲前の猫

子猫を少しずつ懐かせる

子猫であれば、人への警戒心も成猫よりは薄い可能性がありますのでまずは懐かせる方法を考えてみてはいかがでしょう。

たとえば子猫に餌やおやつを与えてみる、おもちゃなどで遊んでみる、子猫に威圧感を与えないように体制を低くして優しく話しかける、など子猫を捕獲する前に少しずつ懐かせてあげるのが理想的です。

くれぐれも焦らずに、全てのものに恐怖心を抱いて怯えている子猫の気持ちになって考えてあげましょうね。

子猫に捕獲器を利用する

捕獲器の猫

子猫に警戒されてどうしても仲良くなれないという場合は捕獲器を活用してみましょう。子猫が中に入ると扉が閉まる構造になっているため、罠にはめるみたいでかわいそう、子猫にストレスを与えないだろうか?と、不安になるかもしれません。

しかし、劣悪な環境や危険な環境でいつ命を落とすかもわからない子猫をそのまま置いておくくらいならば、捕獲器を利用した方がいい場合もあります。

捕獲器は自分で購入をするとなると、高額になりますが動物愛護センターや保健所、動物病院などに事情を話すと無料で貸出しもしてくれます。ぜひ、子猫のためにも活用をしてみましょう。

子猫にダンボールを使う

子猫に捕獲器を使うことに抵抗のある方は、ダンボールにひと手間を加えた罠を用意してみましょう。方法はとても簡単で、子猫がいつもいる場所周辺にダンボールを置くだけです。できればその中に、餌やおやつなどを入れておくと子猫は余計に虜になりやすいです。

ダンボールは猫にとって大変魅力的な箱のようで、野良の子猫でもダンボールを置いておくだけですぐに飛び込んでくれることもめずらしくはありません。

ただダンボールを置いておくだけというのも手軽でいいですね。どうしても仲良くなれないと思ったら子猫に捕獲器を試す前に、手軽にできるダンボールを試してみてはいかがでしょうか?

子猫に網を使う

子猫が必死に餌を食べていたり、おやつを食べているところを、魚網や虫取り網で捕獲をする方法も原始的ですが非常に有効な手段です。捕獲場所に子猫が夢中になるような食べ物やマタタビなどのニオイが強いものを置いておき、おびきだされたところ子猫を一気に捕獲する!

また、食べ物や餌をまく場所にあらかじめ網を敷いておき、夢中で食べているところを一気に持ち上げて子猫を捕獲する!大変原始的かつ、理にかなった捕獲方法ですよね。皆様もぜひ試してみてください。

子猫を安全に捕獲するポイント

子猫を捕獲

その子猫は捕獲をする必要があるのか?

子猫を安全に捕獲するポイントは、まずその子猫は本当に捕獲をしなければいけない猫なのかというのを考える点です。まだとても小さな子猫の場合、周りに母猫がいるかもしれません。もし、母猫がいるならば子育ては母猫に任せた方が賢いと言えるかもしれませんね。

ただ既に離乳も済んでいるならば、子猫を捕獲してイエネコとして飼ってあげる方が幸せな場合もあります。また、野良の子猫と思っても、実はどこかの家から脱走してきた子猫の可能性もあります。そのため子猫を捕獲する際は、本当に保護をする必要のある子猫か注意をしましょう。

捕獲前の猫

少しずつ懐かせる

子猫であれば、人への警戒心も成猫よりは薄い可能性がありますのでまずは懐かせる方法を考えてみてはいかがでしょう。

たとえば餌やおやつを与えてみる、おもちゃなどで遊んでみる、子猫に威圧感を与えないように体制を低くして優しく話しかけるなど、子猫を捕獲する前に少しずつ懐かせてあげるのが理想的です。

くれぐれも焦らずに、全てのものに恐怖心を抱いて怯えている子猫の気持ちになって考えてあげましょうね。

捕獲器を利用する

捕獲器の猫

子猫に警戒されてどうしても仲良くなれないという場合は捕獲器を活用してみましょう。子猫が中に入ると扉が閉まる構造になっているため、罠にはめるみたいでかわいそう、子猫にストレスを与えないだろうか?と、不安になるかもしれません。

しかし、劣悪な環境や危険な環境でいつ命を落とすかもわからない子猫をそのまま置いておくくらいならば、捕獲器を利用したほうがいい場合もあります。

捕獲器は自分で購入をするとなると、高額になりますが動物愛護センターや保健所、動物病院などに事情を話すと無料で貸し出しもしてくれます。ぜひ、子猫のためにも活用をしてみましょう。

ダンボールを使う

子猫に捕獲器を使うことに抵抗のある方は、ダンボールにひと手間を加えた罠を用意してみましょう。方法はとても簡単で、子猫がいつもいる場所周辺にダンボールを置くだけです。できれば、その中に餌やおやつなどを入れておくと余計に虜になりやすいです。

ダンボールは猫にとって大変魅力的な箱のようで、野良の子猫でもダンボールを置いておくだけですぐに飛び込んでくれることもめずらしくはありません。

ただダンボールを置いておくだけというのも手軽でいいですね。どうしても仲良くなれないと思ったら子猫に捕獲器を試す前に手軽にできるダンボールを試してみてはいかがでしょうか?

網を使う

子猫が必死に餌を食べていたり、おやつを食べているところを魚網や虫取り網で捕獲をする方法も原始的ですが非常に有効な手段です。捕獲場所に子猫が夢中になるような食べ物やマタタビなどのニオイが強いものを置いておき、おびきだされたところを一気に捕獲する!

また、食べ物や餌を撒く場所にあらかじめ網を敷いておき、夢中で食べているところを一気に持ち上げて子猫を捕獲する!大変原始的かつ、理にかなった捕獲方法ですよね。皆様もぜひ試してみてください。

子猫を安全に捕獲するポイント

子猫を捕獲

その子猫は捕獲をする必要があるのか?

子猫を安全に捕獲するポイントは、まずその子猫は本当に捕獲をしなければいけない猫なのかというのを考える点です。まだとても小さな子猫の場合、周りに母猫がいるかもしれません。もし、母猫がいるならば子育ては母猫に任せたほうが賢いと言えるかもしれませんね。

ただすでに離乳も済んでいるならば、子猫を捕獲してイエネコとして飼ってあげるほうが幸せな場合もあります。また、野良の子猫と思っても実はどこかの家から脱走してきた子猫の可能性もあります。そのため子猫を捕獲する際は、本当に保護をする必要のある子猫か注意をしましょう。

子猫の捕獲を焦らない

「子猫を捕獲を早くしたい!」「一刻も早く過酷な運命から救い出してあげたい!」、そんな思いから子猫の捕獲を焦ってしまう方もいらっしゃるでしょうが、猫を捕獲するときに焦りは禁物です。

焦ってむやみに近づいてしまうと警戒心の強い子猫ならすぐに逃げ出してしまいます。焦っても何もいいことはありませんので、子猫を捕獲をするときは慌てないように心がけましょう。

子猫を捕獲をする場所は日陰

子猫を捕獲をするために捕獲器を設置したり、ダンボールで手軽な罠を作る方は、念のために捕獲場所を静かで日陰で屋根になるようなものがある場所に設置しましょう。

もし子猫が捕獲器に入ったとしたら、ヒトがくるまではそのままになります。その待ち時間の間に熱中症や凍傷になるのを避けるため設置場所はしっかりと考えましょう。

また、子猫はヒトがいると警戒して近づいてくれない場合もありますので、捕獲器を設置したときは注意深く見守るように気を付けましょう。

まとめ

捕獲されていない子猫

子猫を捕獲しなければならない状況となると、母猫が育児放棄をしたり、飼い主様に捨てられてしまったり、母猫とはぐれてしまったりといった事情が考えられます。まだヨチヨチ歩きの子猫ならたやすく捕まえられますが、少し大きくなった子猫の場合、なかなか捕まえられないことも多いようです。

しかし、そのまま放置をしていると外敵によって危険が伴う場合もめずらしくはありません。ぜひ子猫の安全のためにも捕獲をしなければならないときは、素早く実行しましょう。そに勇気と冷静な判断力が、子猫の尊い命を救うことにつながるはずですよ。