飼い主が猫同士の仲を取り持つ為に出来る3つの事

飼い主が猫同士の仲を取り持つ為に出来る3つの事

猫同士の事は猫にしかわからないのですが、ケンカの原因が何かを探る事でましになるかも知れません。飼い主が猫同士の仲を取り持つ為に出来る事や改善する方法をまとめました。。

1454view

猫同士の仲を取り持つ為にできる3つの事

ベットで一緒に眠る三匹の猫

急に、猫同士が険悪になったり片方が攻撃的になったりした場合、時間が解決する事もあればそうでない時もあります。

出来ることなら、ケンカせずに仲良くして欲しいと思ってしまいます。飼い主さんが、猫同士の仲を取り持つ為に必要な事を紹介します。

1.スキンシップをとる

女性と猫

飼い主さんとスキンシップを取ることで、猫同士の仲を取り持つ事ができるかも知れません。遊んであげる、ブラッシングしてあげるなど、猫の運動不足を解消してあげましょう。運動不足により、片方の猫が攻撃的になる事があるので運動は重要です。

2.落ち着ける場所を作る

お昼寝中の猫

猫の落ち着ける場所がないとストレスの原因にもなります。

一人でゆっくりしたい時もあるのです。周りの囲まれた、静かで薄暗い空間を作ってあげると良いです。また、高い場所に寝床があると喜ぶようです。

3.ストレスになる環境を作らない

隠れる子猫

猫のストレスが蓄積されてしまわないように、環境を見直しましょう。

猫が嫌がる騒音、室内温度、お気に入りの場所を無くした等、何気なくしている事がストレスをつくっているかも知れません。

ケンカの原因を突き止める事で改善できる

一匹でくつろぐ白黒ぶち猫

一時的によるもの

動物病院に行けば、病院や他の動物の匂いを付けて帰ってきます。猫が混乱してしまい匂いの違う猫に威嚇したり、警戒したりします。これは、仲が悪くなったのではなく時間が経てば元に戻ると思います。

嫉妬によるもの

2匹の猫

急に仲が悪くなったのは、猫のやきもちからくるかも知れません。

飼い主さんが先住猫に構わずに他の猫に構えばやきもちを妬きます。何をするにも先住猫を優先に心がけてあげましょう。

一緒に生活をしていれば、全ての猫に愛情を与えないと行けません。猫の性格を見て、遊び方や喜んでくれる事を観察しながら心のケアをしてあげてください。

飼い主が原因によるもの

猫に馬乗りになる男の子

飼われている猫のストレスの原因は、人間がつくってしまっている可能性がよくあります。

家庭内での言い争いや、落ち着かない行動などは、猫も雰囲気の悪さを感じてしまいます。そして、香水や芳香剤の匂いからストレスになる事もあります。

まとめ

顔をくっつけて一緒にくつろぐ猫

猫同士の仲を取り持つ為に出来る事は、飼い主さんとのスキンシップや住みやすい環境を整えてあげるのが解決法になると思います。

最近、構ってあげてなかったり遊んであげる事もしていなかったなら猫の心のケアをしてあげて下さい。

人気のキーワード