猫がだらだらする5つの理由

猫がだらだらする5つの理由

猫ってどうして、だらだらするのでしょう?遊んではだらだら、ご飯を食べたと思えばだらだら、トイレに行ったと思えばだらだら、甘えたと思ったらだらだら・・・猫のだらだらには、限界というものがありません。どうして猫はこんなにもだらだらできるのか?その理由、探ってみましょう。

2996view

猫がだらだらするのは?

仰向けに眠る猫

猫がだらだらするのは、なぜなのでしょうか?

  • 1 休息
  • 2 暑い
  • 3 具合が悪い
  • 4 ハマり具合がちょうど良い
  • 5 満腹

1 休息

枕をして眠る子猫

猫は一日の大半を寝て過ごす動物だということは、周知の事実です。
ですが、その内熟睡している時間はごく短いのです。野良猫は、獲物を見つけたら全力で狩りをします。
そのときに備え、体を休めているのですが、いかんせん熟睡する時間が短いため、浅い眠りで体力の回復をはかるために、長時間寝るのです。たとえ飼い猫であっても、その習性は変わりません。

実際に狩りをすることがなくても、いつでも戦闘態勢に入れるよう、だらだらして体力を温存しています。飼い主さんが狩られてしまう日も、近いかもしれません!

2 暑い

ソファーの切れ目で眠る子猫

暑いと猫は、体を長く伸ばしたり仰向けになったりして、体の熱を逃がします。
だらだらしているように見えるのは、一生懸命熱を発散させているのです。

いや、だらだらした猫の見た目に一生懸命度合いは全くありませんが、それでも猫は、必死なのです!
必死に暑さと戦っています。あまりに猫が暑そうにしている場合は、クーラーやペット用の保冷剤などを使って、涼を取れるようにしてあげてください。

3 具合が悪い

布団をかけてじっとする猫

猫は体の具合が悪いと動かずにじっとして、回復するのを待ちます。

ただ、具合が悪いのを隠す動物でもあるので、もしかしたらどこかに隠れて、あまり姿を見せないかもしれません。

愛猫の様子がいつもと違うときは、どこかに不調があるのでは、と注意してみておいた方が良いでしょう。早期発見が大事です。

4 ハマり具合がちょうど良い

段ボール箱に入る猫

ダンボール箱やカゴ、飼い主さんのバッグなど、狭い場所が猫は大好きです。
あまりのハマり具合の良さに、そこでだらだらすることもあるでしょう。

我が家の猫は、洗濯カゴがお気に入りです。キュッとハマって、リラックスしている姿を良く見かけます。

そのような場所は、猫の緊急時の避難場所にもなりますので、家の中に1箇所は、愛猫お気に入りのハマりポイントを作ってあげると良いでしょう。

5 満腹

ご飯を食べ終わった猫

美味しいご飯をお腹いっぱいに食べ、満足した後、だらだらすることもあります。

満腹→眠くなる、の図式は、人でも猫でも共通のよう。
猫の本当の気持ちは分かりませんが、猫が好きなご飯をあげた後はより満足そうに顔を洗い、だらだらしている気がします。
まぁ、満足してくれれば、それでよいのですが。

おもしろ猫のだらだら画像集

猫パンチする猫

猫が変な感じでだらだらしている画像を、お届けします!
あなたのお気に入り猫さんは、どの猫さんですか?

キーボードがママ代わり!?

キーボードの上で眠る子猫

まるでママに甘えるかのように、キーボードを抱えてだらだらする猫さん。
見る夢は、ゲームか何かでしょうか?猫はもっとふわふわな感触のものを好むのかと思いきや、結構固めもお好みのよう。もしかしたら、硬派な猫さんなのかもしれませんね。

勉強疲れ?

眼鏡をかけてソファーで眠る猫

メガネをかけ、ちょっとインテリちっくな猫さん。

勉強疲れをしてしまったのか、ソファの上でだらだらしています。にゃんとも、気持ち良さそう。
きっとすっごく、頑張ったのですね!

埋まり過ぎな子猫さん

ふかふかの毛布の中で眠る子猫

ほわっほわの白い毛布に、すっぽりと包まれる子猫さん。
雪に埋まったようにしか見えませんが、とてもキュートです!
思わず持って帰りたくなるこの子猫さん、どこにいるのでしょう?どなたか教えてください!!

猫もももも、桃のうち!?

かぶり物をした猫と桃

へ〜、こ〜ゆ〜茶しろの新しい桃が、できたんだね〜!
ちょっと、待ったぁぁぁ!これは、猫です。
桃っぽく変装した、もしかしたら桃になりたかった、猫です。
間違えて味見してしまわないよう、ご注意を。

まとめ

大きなあくびをする猫

実は意外とちゃんとした理由で、猫はだらだらしていたのですね。
しょっちゅうだらだらしているからと言って、(若干疑問は残りますが)決して怠け者な訳ではないことが、お分かりいただけたでしょうか?

いずれにせよ、猫がだらだらしている姿は、人から見るととても癒される姿でもあります。
猫が思う存分だらだらでき、猫の持つ癒しパワーが最大限になるように、私たち人間が、気遣ってあげたいですね!

それが人類の、猫にできる最大の貢献かも、しれません。

40代 男性 にゃぁ専門

今どきの飼い猫は殆どが去勢や避妊手術をされていて生命体最大の仕事である子作りが出来ないうえに、完全室内飼いで縄張巡回をする必要がありません。

遊びと食事以外は果てしなくダラダラしているのが普通だと思っていましたが、ネコさま達は、いったい何をテキパキ処理すれば良いのだろう…。