猫を飼う時はどれぐらい費用がかかる!?知っておきたいお金の事

猫を飼う時はどれぐらい費用がかかる!?知っておきたいお金の事

猫ちゃんをお迎えしたいと思っても具体的にどれだけの費用がかかるのか分からないですよね。今回は猫ちゃんを飼う為に必要な費用、そして飼育していく上でかかる費用を述べていきます。

2680view

猫を迎える時の金額

猫を抱きしめる少女

ペットショップ

ペットショップでの生体購入で猫ちゃんをお迎えした場合、生体には5万円~という所が多いです。血統書が付いていたり、希少価値の高い猫ちゃんであれば40万円程でしょう。

一概にどれほどの価値とはいえませんので、自分のお迎えしたい猫ちゃんの相場を調べてみる事をおすすめします。

里親

どんな猫ちゃんでも良い、または里親で命を救いたいと考えている方は里親での引き取りを考えてみましょう。

費用は生体購入程は掛かりませんが、マイクロチップ代・避妊去勢手術代・その他その子にかかった治療費などは掛かる事があります。気になる子がいたら確認しましょう。

猫をお迎えする時の初期費用

トイレをしている猫

猫グッズ

猫ちゃんを飼うには必要な猫グッズがあります。まずは”トイレ”、これは物にもよりますが3000円~購入できます。箱型やデザイン性のあるものを求める場合は、少し高めになりますが箱型は砂が飛び散らないのでおススメです。

次に”ご飯入れと水入れ”、これは台もセットになっているものは1000円ほどで買えます。それぞれの場合はもう少し安く抑えられるでしょう。

そして”キャリーケース”は5000円~で購入できるので、買っておく事をおすすめします。手入れ用に”爪切り”も900円程で売っているので買いましょう。

消耗品

消耗品は、この先ずっと買い続けるものになります。まずは”猫砂”、トイレに使うものですがこれは猫ちゃんの好みに合わせたり掃除が楽なものを飼い主が見つけましょう。

500円ほどで購入できます。”ご飯”これもメーカーや種類により変わりますが2000円ほどで購入できます。そして”爪とぎ”、これは1000円ほどで猫ちゃんが使いボロボロになるので定期的に新しい物を購入しなければいけません。

次に”おもちゃ”、猫ちゃんのおもちゃはビックリするほど一瞬で壊れます。物にもよりますが、猫じゃらし等は気付いた時にはモフモフ部分が消えています。これらは1000円ほどで買えるので出来ればストックしておきましょう。

医療費

そして気になる医療費ですが、これは地域や病院により変わります。大体3000~5000円で打つ事が出来ます。一番予測が立ちにくい医療費は、ペット保険に入ってきちんと何かあった時の為に対策しておくことをおすすめします。

保険会社により様々なプランがあるので、調べて猫ちゃんに合ったものに入れるのが良いでしょう。そして必ず必要になってくるのが”避妊去勢手術代”です。これは、オスかメスかで変わりますが大体5000~30000円でできます。

  • 猫グッズ    合計9900円
  • 消耗品     合計4500円
  • ワクチン    合計3000円
  • 避妊去勢手術  合計25000円

猫を育てる時にかかるおおよその費用

ご飯を食べる猫

毎月

毎月にかかる費用はご飯などの”食費”、猫砂などの”消耗品”が最低でも掛かります。下記に毎月の費用をまとめます。

  • 食費  2000円~4000円
  • 消耗品 1000円~3000円

年単位は?

1年で計算すると他にも健康診断・ワクチンなどの医療費、そして保険に入っていれば保険料など意外とお金はかかります。

大まかに一番安く計算しても年間4万7000円です。これは最低金額での計算なので、4万7000円以上は掛かる計算になりますね。これを猫の平均寿命の16年で計算すると、75万2000円になります。

初期費用(生体費用除く)を入れずに、高齢になれば医療費の負担や保険料も上がる事から約100万円と計算した方が良いでしょう。

猫ちゃん1匹の生涯にかかる費用は約100万、意外と安いと感じるか高いと感じるかは分かれそうな費用になりましたね。

終わりに

日向ぼっこしている猫

いかがだったでしょうか?犬より飼育費用が安いといわれる猫ちゃんですが、もちろん一つの命なのでそれなりのお金はかかります。高齢になれば治療費や手術費の負担も増えます。保険で全てをまかなえるわけではないので、お迎え前に金銭面もきちんと考えましょう。

スポンサーリンク

人気のキーワード