猫がカーテンをボロボロにする…対策出来る5つの事

猫がカーテンをボロボロにする…対策出来る5つの事

猫と暮らしていると、ときどき困ったことをしてくれる事があります。カーテンによじ登って、ボロボロにするのもその一つ。愛猫がカーテンをボロボロにしてくれるので、とても困る飼い主さんは少なくありません。どうにか対策、できないのでしょうか?

2816view

猫がカーテンをボロボロにするのは?

カーテンレールに登り遊ぶ猫

猫がカーテンをボロボロにする理由と、その対策を見ていきましょう!

1 高いところに登りたい欲求

キャットタワーから下を見下ろす猫

理由

猫は高い所から、下界を見下ろすのが大好きです。「カーテンに登れば、高いところに行かれる!」と夢を見て、登るのでしょう。かわいい愛猫の夢を叶えてあげたいのはやまやまですが、こればかりはお望み通りとはいきません。

カーテンがボロボロになるばかりか、酷い時にはカーテンレールや窓枠までもが破損する原因になります。こうなると、大損害です。カーテンを登って高いところへ到達する、という夢は、申し訳ないけれど諦めて貰うしかありません。

対策

高いところに登りたい欲求は猫の本能とも言えるものですから、抑えようがありません。猫が思う存分高所を満喫できるよう、キャットタワーなどを用意してあげましょう。効果が上がった飼い主さんは多いようです。

2 爪とぎ代わり

爪研ぎの上で丸くなる猫

理由

カーテンの爪の引っ掛かり具合が気に入って、爪とぎ代わりにしている可能性もあります。

対策

爪が引っかからないような素材のカーテンにしたり、愛猫が気に入りそうな爪とぎを用意したりしてあげてください。爪を引っ掛けないように爪をマメにカットしておくことも大切ですが、猫によっては爪が尖っていなくても、カーテンを登ってしまう場合があるのだとか。

猫が登りにくいカーテンには、遮光カーテンやロールカーテン、シェードカーテン、縦のブラインドなどがあります。素材はなるべく密度の高い、ツルツルなものを選ぶと良いでしょう。猫が嫌う忌避剤をカーテンにつけておく、という手もあります。

3 飼い主さんの注意をひくため

カーテンの陰からこちらを見る猫

理由

カーテンに登ると飼い主さんが止めに来る、心配してくれるなど、構ってくれることが嬉しくて、登る場合も。

対策

カーテンが気になってしまう気持ちは分かりますが、このような構ってちゃんの場合は、無反応が一番です。

4遊び道具だと思っている

カーテンに潜って遊ぶ猫

理由

カーテンが、面白い遊び道具だと思っているかもしれません。登ったときの揺れや爪を立てた時の感触など、気に入ってしまったのでしょう。

対策

もっと興味を持ってあげそうなものを、用意してあげてください。他に面白いものがあると分かれば、カーテンへの興味を失う可能性はあります。カーテンにベタベタする両面テープのようなものを貼っておくと、猫が嫌がって登らなくなるかもしれません。見た目は良くありませんが、試してみてください。

5 窓の外がカーテンで見えないから

カーテンにじゃれて遊ぶ子猫

理由

猫は窓から外を見るのが好きです。見張りの意味もあるようですが、鳥や通る人、車など、様々なものを見て楽しんでいます。でもカーテンで全ての窓が塞がれていると、「カーテンのせいでお外が見えないにゃ!(怒)」とどかそうとすることも。

対策

窓から外が思いっきり見えるように、してあげてください。窓にキャットタワーが置けない場合、窓に直接吸盤で貼り付けるタイプの猫ベッドもあります。猫が外を見たがっている時に、カーテンをどかしてあげても良いですね。

まとめ

カーテンで遊ぶ子猫

猫がカーテンに上ってしまうのは、以下の様な理由がありましたね。

  • 高いところに登りたい欲求
  • 爪とぎ代わり
  • 飼い主さんの注意をひくため
  • 遊び道具だと思っている
  • 窓の外がカーテンで見えないから

やんちゃな子猫は良く、カーテンをよじ登ろうとすることがあるのですが、その時点で登れないと分かれば、その後は登らなくなるでしょう。成猫になると登らなくなるという話もありますが、必ずとは限りません。なるべく早く対策をして、カーテンの破損を防ぐようにしてください。

20代 女性 茶々

カーテンでの遊び方は個体差が激しいように思われますが、登るのはまだ可愛いです。
成猫にキャットタワーの最頂部からカーテンに飛び捕まられたら、カーテンのフックが吹き飛び、レースのカーテンは引き裂かれ、遮光カーテンでも大きなダメージを受けてしまいます。

破損したカーテンをそのままにしておくのは見た目が悪いし、かといって、いちいち交換していたら財布に悪いです。

そこで、レースのカーテンの代わりにガラスフィルムを貼り、遮光カーテンの代わりにシャッターを取り付けました。かなり前の話ですけどね。

本来の役目を終えたカーテンは部屋の中に吊し、猫ちゃん達のアスレチッククラブになっていました。