赤毛の猫はどんな性格?オスが多いって本当?

赤毛の猫はどんな性格?オスが多いって本当?

赤い毛を持つ猫は、温かく穏やかな雰囲気で、見ているだけも癒されます。見た目は良くても、性格はどうなのでしょうか?凶暴?わがまま?それとも甘えん坊?そして、赤毛の猫にはオスが多いとも言われています。この真偽についても、調べてみました。赤毛の猫について深く、迫ってみましょう!

1041view

赤毛の猫とは?

横になる茶トラ

赤毛の猫とは、茶トラを始めとした茶系の被毛を持つ猫の事です。「茶トラ」という猫種がある訳ではありませんが、全身が茶色(赤毛)の猫が総じて茶トラと呼ばれます。

また、赤毛に白が混ざっている猫を「茶白」、赤毛と黒と白を「三毛」、赤毛と黒を「サビ」と呼びます。

三毛猫

歩く三毛猫

サビ猫

見つめるサビ柄猫

赤毛の猫の性格は?

茶トラの仔猫

赤毛の猫はどのような性格をしているのでしょうか?毛色による性格の違いがある、と言われていますが、あくまでも一般的な話です。当たり前ですが、同じ毛色の猫全てが同じ性格をしている訳ではないので、ご了承ください。その猫の持つ個性を楽しめると、良いですね!

茶トラの場合

猫用ベットでくつろぐ仔猫

茶トラの猫は食いしん坊で怠け者、フレンドリーな性格と言われています。スキンシップが取りやすいのも、茶トラの特徴。茶トラは日本では人気がある毛色で、テレビCMなどでも活躍しています。その毛色のほんわかとした優しい印象が、日本人にはしっくりくるようです。

逆に、海外で黒猫に次いで人気がないのが、茶トラ猫。保護猫の中で残ってしまう事が、多いそうです。ですが、キリストが赤ちゃんの時に茶トラ猫にお守りをして貰ったという言い伝えがあったり、「マーマレードキャット」「ジンジャーキャット」など、身近な食べ物の名前で親しみを込めて呼ばれたりすることも。有名な猫であるガーフィールドも、茶トラです。

三毛猫の場合

ベランダで横になる三毛猫

三毛猫は、プライドが高くグルメ、飼い主さんの事はしもべだと思っている傾向があるのだとか。賢い面もありますが、基本的にわがままでマイペースです。正に「猫」、という性格です。

サビ猫の場合

紅葉の中で座るサビ柄猫

サビ猫は賢くて甘えん坊、でも我慢強いという性格をしています。その外見から嫌がられてしまう事もあるのですが、実はとても飼いやすく、魅力的な猫なのです。

赤毛の猫はオスが多い!?

リボンを付けた長毛猫

赤毛の猫はオスが多いという噂がありますが、本当なのでしょうか?実は、茶トラの猫の8割は、オスなのです。これは、毛色を作り出す遺伝子と性別が関係している事を示しています。

一方、同じ赤毛を持つ猫でも、三毛猫とサビ猫には、メス猫が多いです。三毛猫のオスが珍しい事は良く知られていますが、実はオスのサビ猫も同じくらい、珍しい存在です。

オスが多い茶トラは大らかでフレンドリーな性格、メスが多い三毛猫とサビ猫は賢くてマイペースな性格と言われるのは、なんだか納得がいきますね。

まとめ

微笑んだような表情の猫

猫の毛色と性格に関連があるというのは、人で言う血液型占いのようなものです。あまり毛色ばかりにとらわれず、その猫の個性を見てあげて欲しいと筆者は思います。一緒に暮らしているとその猫の様々な面が見えてきて、より愛おしさが増してきます。その猫それぞれの、個性を大切にしてあげてくださいね。

スポンサーリンク

人気のキーワード