猫にカニカマを与えてはいけない理由

猫にカニカマを与えてはいけない理由

猫にカニカマなどの練り物製品をおやつ代わりに与えている方もいらっしゃるでしょう。しかし、ヒト用のカニカマを猫に与えるのは非常に危険だというのをご存知でしたか?カニカマをおいしそうに食べるからと、たくさん与えていると愛猫の健康に悪影響を及ぼすことになります。猫にカニカマを与えてはいけない理由とはいったい何でしょうか?

7475view

監修:獣医師 平松育子先生

(ふくふく動物病院)

猫にカニカマは与えてはいけない

食事中の猫

猫にとってカニカマは非常に危険な食べ物だというのをご存知ですか?猫にとって美味しいと感じるツボが多いのか、カニカマを欲しがる猫ちゃんは大変多いですよね。冷蔵庫からカニカマを出すと飛んできておねだりをする猫ちゃんもめずらしくはないでしょう。

カニカマを食べて中毒症状を引き起こしたり、すぐに死にいたるような危険はありませんが、カニカマの中に含まれる成分が猫の体に多大なる負担をかけてしまい病気の原因にもなります。愛猫の健康を守るためにも、カニカマを与えている方は考え直してください。

猫にカニカマを与えてはいけない理由

えさをもらっている猫
  • 食品添加物が入っているから
  • 塩分が多すぎるから
  • 糖分が多すぎるから

猫にカニカマを与えてはいけないもっとも大きな理由は、カニカマに含まれている塩分や糖分、食品添加物の危険性です。カニカマは魚を加工して作られていますが、この加工する過程で様々な食品添加物が使用されています。もちろんヒトにとっては、危険がほとんどない量ですが、体の小さな猫にとってはほんの少しの量でも悪影響を及ぼします。

さらにカニカマの味付けに使われている塩分や糖分も、猫にとっては多すぎます。さらに、カニカマなどの練りものは消化に時間がかかるため、消化機能が低下している猫は、消化不良を引き起こす危険もあります。その他にも、猫によってはアレルギー症状を引き起こす可能性もあります。愛猫の体を大切に思うならば、カニカマを与えないように気をつけましょう。

猫がカニカマを食べてしまうことによる影響

カニカマを食べようとしている猫
  • 塩分過多による腎臓への負担
  • 食品添加物による内蔵への負担

猫がカニカマを食べてしまうとどのような影響が出るのか気になりますよね。前述したとおり、猫にとってカニカマは中毒性などはありませんので摂取した=すぐ死にいたるというものではありません。そのため、誤って食べてしまったからといってすぐに病院へ駆け込む必要性はありません。

猫がカニカマを食べることで悪影響を受けるのは【大量にカニカマを食べてしまった場合】と、【常用的にカニカマを食べている場合】です。まず考えないといけないのが、塩分過多による腎臓への負担です。塩分を大量に食べると、体外塩分を排出するために腎臓が活発に動きます。少量であれば、腎臓の働きによってリスクが伴うことはありません。しかし大量に塩分を摂取すると、排出が追い付かず腎臓に負担がかかるだけではなく高血圧となる可能性もあります。

またカニカマに含まれる調味料、着色料、保存料といった食品添加物は種類によっては猫にとって有害になってしまったり、負担になる可能性があります。

愛猫がどうしてもカニカマを欲しがるならば月に1~2回、2cm程与えてもいいでしょうが、愛猫の健康を考えるとカニカマをおやつとして与えるくらいならば、猫用のおやつを与えるようにしてあげましょう。

カニカマ以外で猫に与えてはいけないもの

カリカリと猫

猫にカニカマを与えてはいけないとお伝えしましたが、それ以外の練り物製品や加工食品も基本的には与えてはいけません。よく知らず知らずのうちに猫に与えてしまいがちな食材は以下のようなものがあります。

  • ちくわ
  • シーチキン
  • かつお節
  • さきイカ
  • スルメ
  • チーズ

どれも飼い主が日常で口にしやすいのと同時に、愛猫におすそ分けしやすい食品ですよね。基本的に加工食品には大量の糖分や塩分が含まれているほか、食品添加物も多く含まれているので、ヒトの食べ物が与えないようにしましょう。

まとめ

カニカマに興味がある猫

愛猫がカニカマを欲しがったら思わず与えてしまいそうになりますが、そのちょっとくらいが愛猫の健康を害する原因となります。今まで猫にカニカマをあげていたのに、今さらあげないなんていうのはかわいそうと思うならば、猫用のおやつを与えてあげるようにしましょう。猫用のおやつならば害がないように成分を調整されていますので安心して与えることができます。

ただし、猫用とは言っても与えすぎは体に毒となります。与えるときは用法用量をしっかり守るように心掛けてください。愛猫の健康を守れるのは飼い主様だけです。ぜひ普段の食生活を見直してみましょう。

人気のキーワード