寝ている姿でわかる猫の気持ち8つ

寝ている姿でわかる猫の気持ち8つ

猫の寝相から気持ちを読みとることが出来ることをご存知ですか?今回は猫の寝相からわかる猫の気持ちについて、まとめました。

8431view

寝ている姿でわかる猫の気持ち

薄く目を開けて寝る猫

猫は言葉をしゃべれない分、しっぽや寝る場所などで自分の気持ちなどを表しますが、実は寝ている姿でも猫の気持ちがわかることをご存知ですか?今回は猫の寝相からわかる”猫の気持ち”について、いくつかご紹介します。

1.猫が両手足を床につけて寝ている時

いわゆる座った状態のまま寝ている時のことを表しますが、猫はこの状態で寝ることがとても多いように感じます。猫がこの体制で寝ている場合、警戒していることも多く両手足が床についているので、「いつ何があってもすぐに逃げられる体制」だと言われています。

2.猫が香箱座りで寝ている時

香箱座りで寝ている猫

前足を綺麗にたたんでいる、猫の定番ポーズとも言える香箱座り。日ごろ、香箱座りで寝ている猫がほとんどではないでしょうか?前足をたたんでいることから、座ったまま寝ている時よりも警戒心は少ないと言われていますが、香箱座りも猫にとってはいつでも逃げられる体制なので、やや警戒している状態だと言えます。

3.猫が丸まって寝ている時

猫が丸まって寝ている姿を見たことがある!という飼い主さんも多いのではないでしょうか?これは寒い時や、構ってほしくない、ひとりにしてもらいたい、という時に見られる寝相です。この時にしつこくしてしまうと、嫌われてしまう可能性もありますので、出来るだけソッとしておきましょうね。

4.猫が両手足を伸ばしきって寝ている時

猫が両手足をビローンと伸ばしながら寝ている姿。とても可愛いですよね。この格好は猫が気を張っていると見せてもらうことが出来ないポーズで、警戒心はゼロ、だいぶリラックスして寝ているということがわかります。

5.猫が手で目を隠して寝ている時

いわゆる”ごめん寝”。これは猫好きさんの中でも大人気の可愛い寝相ですよね。私も猫の寝相で一番好きなのは”ごめん寝”です。猫がごめん寝をしている時の気持ちは「まぶしい」と感じていることが多いと言われています。猫がごめん寝を見せる時には、電気を消してあげたり、少しお部屋を暗くしてあげると良いかもしれません。

信頼している人の前での猫の寝相

丸まって眠る猫

猫の寝相で飼い主さんへの信頼度がわかることをご存知ですか?ここでは、飼い主さんを信頼している時にだけみることの出来る猫の寝相をご紹介します。

6.猫が仰向けで寝ている

猫が仰向けで寝ている時は警戒心が全くない、とてもリラックスし落ちついて眠りについているという証拠です。猫は危険だと感じている時には絶対に仰向けで寝ません。安心して寝ている証拠なので、ソッとしておいてあげましょう。

7.猫が飼い主にお尻を向けて寝ている

猫が飼い主にお尻を向けて寝る時は、飼い主のことを信頼している証拠です。猫は警戒している相手にはお尻を向けるようなことはしません。後ろから襲いかかってこられてしまうと、間違いなく不利になるからです。

寝ている猫にお尻を向けられている時は、「なんでお尻をむけるの~?!」と感じる気持ちもわかりますが、信頼されているんだと感じ、猫の愛情表現を見逃さないようにしましょうね。

8.猫が飼い主と一緒に寝る

飼い主のことが大好きな猫の場合、飼い主と一緒に寝たがる子がいます。これも飼い主のことを警戒していない証拠です。猫からの愛情表現のひとつとして受け止めましょう。

まとめ

眠る2匹の猫

今回は猫の寝ている姿からわかる、猫の気持ちについてまとめました。猫の仕草から気持ちが読み取れることは知られていますが、実は寝相からも猫の気持ちがわかります。猫がどんな寝相で寝ているかを気にしてみると、面白いですよね。

人気のキーワード