猫の起源を知ろう!その誕生から進化の歴史について

猫の起源を知ろう!その誕生から進化の歴史について

私たちの生活に当たり前のように寄り添って生活をする猫達の起源をご存知ですか?はるか昔、エジプトで飼われていた猫がイエネコの起源だとは言われていますが、それよりも以前はどんな生き物だったのでしょうか?またこんなにも身近な存在となった理由はいったいなんなのでしょうか?今回はそんな猫の起源についてご紹介しましょう。

916view

猫の起源と言われる生き物

塀の上に座っている猫

猫の祖先はミアキス

猫の起源と言われる生き物は「ミアキス」と呼ばれる、イタチに似た姿をした動物です。約6500万年~4800万年頃にヨーロッパ周辺に生息していた動物で、森林地帯の木の上で生活をしていました。猫の起源ミアキスは鳥類や爬虫類といったものを主に捕食し生活をしていたと考えられます。

ミアキスを祖先とする動物達

木の上で生活をしていた猫の起源と言われるミアキスですが、やがて森に残るものと草原地帯へと生活の拠点を移すものが現れます。この時、森に残ったミアキスが猫へと進化していき、草原地帯へと進出したものが犬へと進化していきます。

つまり猫と犬は祖先が同じ、いわゆる遠い遠い親戚になるのです。猫の起源と言われるミアキスは猫と犬以外にも、クマ科、アザラシ科、アシカ科、イタチ科の祖先と考えられています。歴史をたどれば意外な動物がつながっているということですね。

イエネコの祖先はヤマネコ

森林に残った猫の起源ミアキスはその後、さらに枝分かれをしながら進化をしていきます。ライオンやヒョウなどのヒョウ系に進化したもの、マーブルキャットやボルネオヤマネコ系に進化したもの、カラカル系、オセロット系、ピューマ系などあげだしたらキリがありません。

そのような枝分かれに進化をしていく中で生まれたのが、今のイエネコの祖先だと言われているベンガルヤマネコ系です。主にアジア地域に生息しており、見た目もイエネコに通ずるものがあります。このベンガルヤマネコからさらに分岐をしたのが、私たちが慣れ親しんだイエネコで、分岐したのは今から340万年前後だと言われています。

猫が人と暮らし始めた起源

バステト神の置物

猫と人が暮らし始めた起源は、今から4000年前の文明を築きだしたころだと言われています。最初にかかわりを持ち始めたのはエジプト地方です。エジプト文明は人類の歴史の中でも、早くから栄えていました。エジプト人の生命線ともいえるナイル川のおかげで、ヒトや食料などの資源も多くあつまり、農業も盛んにおこなわれていました。

そんなエジプト人にとって天敵となったのは農作物や穀物を荒らすネズミの存在です。そんなネズミ退治目的で飼われだしたのが猫で、猫と人が暮らし始めた起源と言われています。最初は猫をネズミの撃退用として飼育していたエジプト人ですが、時が経つにつれ猫の神秘的な容姿を神格化していき、最終的には神の使いとして丁重に扱うようになりました。

現にエジプトの神にはバステト神という猫の姿をした神様が存在していますし、現代に残された壁画には、猫の姿が数多く残されています。さらに、権力者の愛猫は人間と同様ミイラにして手厚く葬られていた痕跡も発見されています。猫の神秘的な姿に魅了されている人は今も昔も多いというのがわかりますね。

猫が日本に来た起源

境内にいる猫

エジプトで飼われていた猫は次第に世界へと広がっていきます。猫が我が国日本に来た起源は、弥生時代だと考えられています。弥生時代に始まった稲作の伝来に伴って日本にわたり、穀物を荒らすネズミなどを狩って過ごしていたと考えられています。その後、奈良時代に経文や経典などをネズミから守るため中国から連れてこられることで、猫の飼育が一般的になっていったのではと考えられます。

平安時代になると、さらに日本人にとって身近な存在となっていき有名な「枕草子」や「源氏物語」にも猫が登場しています。その後、猫は確実に数を増やしていき江戸時代には空前の猫ブームが訪れます。本物の猫が少なかった時代には、ネズミを駆除するお守りとして、猫の置物や猫の絵が人気を集めていました。また招き猫もこの時代を起源とすると言われています。この猫ブームに伴い、猫の数はさらに拡大していき現代にいたるようです。

まとめ

撫でられている猫

猫の起源と言われるミアキスが進化をとげイエネコになり、人と生活を共にするようになるまでをご紹介しましたが、いかがでしたか?猫がここまで人間の生活に寄り添うようになったのは、お互いの利害が一致した結果ともいえます。猫を飼うことでネズミを退治してくれてハッピー、ネズミをたくさん食べられて猫もハッピーという関係が成り立っていたこその関係なのです。

そんな猫は現代でも人間と寄り添うことで様々なメリット感じているからこそ一緒に過ごしてくれているのです。ぜひ、これからも猫が人間に寄り添って生活をしてくれることを祈るばかりです。

スポンサーリンク

人気のキーワード