猫と一緒に食べられるおつまみを紹介

猫と一緒に食べられるおつまみを紹介

猫と一緒に晩酌ができたらいいなと思っている方のために、人間も猫も楽しめるおつまみについて紹介します。おつまみを猫にしょっちゅうねだられて困っているという方も必見です。

1371view

猫と一緒におつまみを食べることができる!?

ごはんを食べるグレーの猫

晩酌をしている際、おつまみを食べていたらと飼い猫が寄ってきたという経験はあるでしょうか。
特に、お肉や海鮮系の食べ物は猫の大好物でもあるため、においにつられて寄ってきやすいのです。

市販のおつまみは人間向けの味付けや調理方法をしているため、猫が口にしてしまうとからだに悪影響を及ぼす可能性が高いです。
しかし、猫と一緒に食べられるおつまみや、猫のことを考慮した手作りのおつまみであれば与えることができます。
そこで、今回は猫に与えることができるおつまみを紹介します。

猫も人間も食べられるおつまみ「猫飯」が話題に!

猫飯セット3腫盛り
1,836円(税込)

商品情報
宗田節、宗田かつお(国産)

まずは市販の猫用おつまみを紹介します。
ネコリパブリックから販売されている「猫飯」という商品は猫、犬、そして人間が食べることのできるおつまみです。
「晩酌時に愛猫も一緒に楽しむことができる」と話題になっています。

猫飯は全部で6種類出ており、スモークかつお、焼きかつお、宗田節うす削り、宗田節ふりかけ、宗田節チップス、きびなご煮干しがあります。

スモークかつおや焼きかつお、宗田節チップス、きびなご煮干しなどを猫に与える際は、細かくした上で食べさせましょう。人間が食べる場合は、そのまま食べるのがおすすめです。

また、宗田節うす削りや宗田節ふりかけを猫に食べさせる場合は、キャットフードの上にふりかけて与えることもできます。人間が食べる場合は、ご飯の上にふりかけて食べると良いです。

どの商品も無添加で塩を一切使用していないため、安心して猫に与えることができます。
どちらかというと、人間よりも猫好みの味に仕上げてあるため、もし人間が食べてみて「味が薄い」と感じる場合は、人間用の分だけ追加で調味料を足すと良いでしょう。

ネコリパブリックとは

ネコリパブリック とは「ネコの殺処分ゼロ」を目標に掲げている保護猫カフェです。
猫カフェの運営を行うと同時に、保護猫の里親探しや猫グッズ販売なども手掛けています。
「猫飯」は猫グッズのひとつとして販売している商品で、売り上げは猫の保護活動に使用されます。
ネコリパブリックでお買い物をするだけで、保護猫活動に貢献できていることになるので、興味のある方はぜひ「猫飯」やその他の猫グッズを覗いてみてはいかがでしょうか。

ネコリパブリックが運営している猫カフェで買うこともできますし、それが難しい場合は公式のオンラインショップで購入することも可能です。

猫に与えても良いおつまみ

鶏肉のにおいを嗅ぐ猫

スーパーなどで買うことのできる食材を使って、猫と人間が食べられるおつまみを作ることも可能です。
猫に与えても良い食材はいろいろありますが、なかでも猫の嗜好性をくすぐるささみやツナは、おすすめの食材といえるでしょう。

ささみを使ったおつまみ

猫はタンパク質をたくさん摂る必要があるため、ささみは猫にとって良い食材のひとつです。
猫も人間も楽しめるように調理する場合は、茹でたささみや、ささみ蒸しにするとよいでしょう。
加熱したささみを冷ませば、そのまま猫に与えることができますし、人間が食べる場合は、ごまだれドレッシングなどをかけて食べるとちょっとしたおつまみになります。

ツナ(まぐろ)を使ったおつまみ

まぐろが好きな猫は多くいます。また、ささみと同様にタンパク質を摂取することもできるため、エネルギー源の補給にもなります。

まぐろを猫に与える場合は、刺身の状態で与えても良いですし、細かく切って加熱をしツナ缶のような状態で与えても良いです。調味料などは一切使用せずに調理したものをそのまま猫に与えましょう。

刺身やツナ缶状態であれば人間のおつまみにもなりますし、小腹が空いた際の間食にもなるためおすすめです。

まとめ

人間の手からごはんをもらう猫

猫にはキャットフードしか与えたことがないという飼い主さんも多くいますが、猫が食べられる食材を用意していちから調理をすれば、実は人間と一緒に楽しむことができます。

また、今回紹介した「猫飯」を利用すれば愛猫と一緒におつまみを食べることができるので、調理をする暇がないという方は、ぜひ購入してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

人気のキーワード