猫が不整脈になるとどうなる?原因や対処法

猫が不整脈になるとどうなる?原因や対処法

猫の様子がおかしいと思って病院に連れていったときに「不整脈」と診断されることがありますよね。人間の不整脈と同じで猫も息苦しいものなのですが、具体的な症状や原因はどのようなことが考えられるのでしょうか。ご紹介させていただきます。

1201view

猫の不整脈とは?

ハートのクッションと猫

そもそも猫の不整脈はどのようなものなのでしょうか。猫の不整脈とは、心拍数が極度に増加をしたり減少したりすることです。不整脈は二種類あり、

  • 頻脈性不整脈
  • 徐脈性不整脈

頻脈性不整脈は、極度に心拍数が増加をするもの、徐脈性不整脈は極度に心拍数が減少をするものがあげられます。不整脈は人間と同じで一定のリズムに乱れが起こるものなので、息苦しさを感じてしまうこともあります。

猫が不整脈になった時の症状

聴診器と猫

では、猫が不整脈のときに具体的な症状はどのようなことがあるのでしょうか。いくつかご紹介させていただきます。

猫の不整脈には、普段から呼吸が早い、歯茎などの粘膜が白い、すぐに息苦しくなったり疲れやすくなる等の症状があります。

症状か軽度の場合は、猫自身もさほど自覚症状はありません。しかし、病院に行ってみると「心臓に雑音」が感じられることがあります。途切れたりリズムが小刻みになったりすることもありますが、猫自身はさほど苦しさはないようです。

症状が重い場合は、失神や突然死をしてしまうことがあります。酸欠などが原因で呼吸困難となり、痙攣などを引き起こしてしまうこともあります。

猫が不整脈になる原因

しょんぼり顔の猫

では、不整脈になってしまう原因はどのようなことが考えられるのでしょうか。不整脈を起こす原因は様々ですのでなかなか断定をすることは難しいのですが代表としてあげられる原因についてご紹介させていただきます。

頻脈性不整脈にも徐脈性不整脈にも共通する原因としては、以下のようなものがあげられます。

ストレス

猫はストレスを感じやすい動物です。自分の縄張りに飼い主以外の人間が入ったり、大きな音を聞いたり、飼い主にたくさん触られるだけでストレスになってしまうこともあります。

自律神経障害

若い猫に特に起こりやすいとされていますが、未だに原因は解明されていません。しかし、自律神経障害になると下痢や便秘などを引き起こします。また呼吸、循環、吸収、消化などの様々な機能に障害を来すことがあります。

甲状腺異常

甲状腺異常では、猫の甲状腺ホルモンの分泌が異常に多くなってしまう病気です。これにより、心拍数の変動や消化器官への悪影響があります。元気がなくなったり急に活発になったり、餌は食べるのに体重が減ってしまうことなどが症状としてあげられます。

体質

なんらかの病気というわけでもなくただ、体質的に不整脈になってしまいやすいことがあります。また、加齢と共に不整脈になりやすくなってしまいます。

睡眠不足

猫は睡眠不足であったり、疲労をためてしまうことによっても不整脈になりやすいです。寒くて寝れなかったりすることもありますので、猫が眠れる環境か今一度確認してみるようにしましょう。

心疾患

先天的や後天的に心疾患があると、不整脈になってしまうことが多いです。

血圧異常

血圧異常によっても不整脈が引き起こされてしまいます。血圧が高血圧なら頻脈性不整脈、低血圧なら徐脈性不整脈と診断されます。

これらのようなものがあげられます。

また頻脈性不整脈の原因として、心筋炎症、心筋挫傷。徐脈性不整脈の原因として高カリウム血症、敗血症、低血糖などもあげられます。

猫が不整脈と診断された場合どうすればいい?

一人で遊ぶ猫

では、病院で不整脈と診断された場合に自宅ではどうすれば良いのかについてご紹介させていただきます。

ストレスを減らす

猫と人の手

猫が病院で不整脈だと診断された場合に一番飼い主が気を付けなければいけないことは「ストレスを与えないようにする」ということです。

猫は寒かったりしてもストレスを感じますし、空腹なのに餌が空っぽでもストレスを感じてしまいます。

猫が過ごしやすい環境作り

これらのようなことは、飼い主が気を付ければ改善されることです。

ですので、飼い主が猫にストレスを与えてしまわないようになるべく猫のための生活環境を整えてあげましょう。

何か異変があれば、すぐに病院に連れていってあげることも大切です。日頃から猫の様子を見守ってあげることが早期治療に繋がるでしょう。

まとめ

抱っこされる猫

猫の不整脈は、人間と同じように心拍に乱れが生じてしまうものです。

原因は、心疾患や血圧異常などもありますが

  • ストレス
  • 睡眠不足
  • 自律神経障害

などによっても不整脈を引き起こしてしまうことがあります。飼い主が猫のために「ストレスのない生活」ができる環境を整えてあげることが大切です。