13歳の猫を飼う際に気をつけること、掛かりやすい病気

13歳の猫を飼う際に気をつけること、掛かりやすい病気

今回は猫が13歳になった時に気を付けなければいけないことや、掛かりやすい病気、お世話のコツなどをまとめてご紹介します。

1818view

監修:獣医師 加藤桂子先生

(伊達の街動物病院)

猫の13歳は人間で言うと?

居眠りする猫

猫の13歳は68歳

猫の13歳は、人間で言うと68歳だと言われています。人の68才と言えば、まだまだ元気な方もいますが、中には病気が見つかった方から闘病中の方もいますし、白内障などにも掛かりやすくなってくる年齢だと言われています。

13歳になった猫も同じように、元気でピンピンしている子もいれば、介護が必要になっている子もいます。猫の平均寿命は15歳前後だと言われているので、病気が1つもなく、健康で元気な子の方が少ないのかもしれません。

猫は13歳頃から足も弱くなってきますので、何気ない毎日の生活も若い頃と同じようにはいかないのが現状です。

13歳の猫を飼う際に気をつけること

布団の上で丸まる猫

13歳の猫を飼う際には、いくつか気をつけなければいけない点があります。

13歳の猫は目が悪くなっている

人もそうですが、年齢を重ねるにつれて目が見えにくくなったり、耳が聞こえにくくなっていくように猫ちゃんも年齢を重ねれば重ねるほど目のトラブルを抱えてしまう子も少なくありません。家の中のちょっとした段差でつまずいたり、階段や高い所から落ちてしまうケースも珍しくはありませんので注意が必要です。

13歳の猫は足が弱っている

13歳になった猫は、足や腰もどんどん弱くなります。今までのようにお部屋を駆け回ったり、ジャンプしたりすることが難しくなる年齢でもあるので、あまり無理をさせないようにしなければいけません。老化だけでなく原因として関節炎にかかっている場合もありますので、気になる場合は獣医さんに相談してみましょう。

逆に13歳でも足や腰が元気の猫ちゃんなら、たくさん遊んであげて体を動かしてあげると良いですね。

13歳の猫は歯がボロボロになりやすい

猫は若いうちから歯肉炎や歯周病になりやすい子も少なくありませんが、猫が13歳の頃には歯がほとんどない子も珍しくはありません。その結果、食事の時にドライフードを上手に食べることが出来ず、食欲が低下してしまう子もいます。

13歳の猫のお口を覗いてみて、口腔ケアをしっかり行うことやエサを食べやすいウエットタイプに変更するなど、色々な工夫が必要になります。猫が老化していくと、エサを食べないことであっという間に体は弱ってしまいます。

13歳の猫は体温調整が苦手

猫ちゃんも年をとってくると体温調整が苦手になると言われています。基本的に猫は「寒い時は暖かい場所へ・暑い時は涼しい場所へ」と自ら移動できる生き物ですが、13歳になった猫は動くことを嫌う場合も多いです。そのような行動は、もちろん老化だけではなく、病気が隠れている場合もありますので注意しましょう。

その場合、自分で体温調整をすることが難しくなり、寒いのに寒い場所に居て風邪を引いてしまう、暑いのに暑い場所に居て熱中症になってしまう、などのケースも少なくはありません。

飼い主さんが13歳の猫の気持ちを読み取り、快適な場所へと移動させてあげることが必要になります。

13歳の猫がかかりやすい病気

布団で寝る猫

13歳の猫は、様々な病気にかかりやすくなってしまいます。

  • 腎臓病
  • ガン
  • 甲状腺機能亢進症
  • 心臓病
  • 歯周病
  • 骨の病気
  • 痴呆症

13歳ごろの猫がかかりやすい病気を上記に挙げました。

老化が進むことでかかりやすくなる病気のため、注意しなければいけません。13歳の猫は腎臓病や心臓病などの病気を持っている子も多く、飼い主さんもお世話がとても大変になってきますので、13歳の猫をお世話する時のポイントをしっかり押さえておきましょう。

13歳の猫のお世話のポイント

女性と猫

13歳の猫が健康で生きていられるようにするためには、

  • 老猫用の餌に変更する
  • 清潔な水を与える
  • ストレスのない環境作りを目指す
  • 定期検査へいく

などを心掛けるようにしましょう!

13歳の猫をお世話する時は、猫の体調の変化や老化に合わせてあげるということがとても大切になります。

13歳頃から猫は粗相をしやすくなる

13歳の猫の場合、粗相を繰り返してしまうことがあります。粗相を繰り返す猫の場合、おむつを履かせることも一つの選択肢です。ただ、中には泌尿器系のトラブルを抱えていたり、ほかの病気のせいで粗相をしてしまう場合もありますので、注意しましょう。

13歳の猫の介護

13歳の猫が寝たきりになった場合は体が痛くならないように、数時間おきに体の向きを変えてあげて床ずれを防いであげる必要があります。13歳になった猫はお風呂に入ることも辛くなる場合があります。

その時には温かいタオルや水が必要のないシャンプーなどを使用し体を綺麗にしてあげましょう。

以前私が猫の介護をしていた時は、腎臓病により寝たきり、粗相、原因不明の吐血などがあり、毎日体を拭いてあげなければ体臭もきつかったですし、本当に大変だった思い出があります。

まとめ

ソファーの猫

今回は13歳の猫についてまとめました。人間で13歳と聞けばまだまだ若いという気がしますが、猫が13歳の場合はもう立派な老猫です。

今までと同じ生活を送ることは難しくなる猫が多く、飼い主さんもとても大変になります。

猫が13歳になったら、猫が生活しやすい環境でお世話してあげることが1番良いですね。

人気のキーワード