猫とフラッシュについて 失明の危険性と安全な撮影方法

猫とフラッシュについて 失明の危険性と安全な撮影方法

カメラのフラッシュが猫の瞳に悪い影響を与える可能性があることを知ってますか?最近はカメラの性能が良く、猫の写真を撮る機会が増えています。「ウチの猫をお友達に見せたいなぁ」と猫を可愛く撮るためにフラッシュの加減こだわったりすることもあるでしょう。ですが人にとって害のないものであっても、猫にとってカメラの強い光のフラッシュは目の機能を奪うこともあるのです。

604view

猫は1回だけのフラッシュで失明する可能性は低い

猫がフラッシュを焚いている

猫の目が一回だけのフラッシュで失明する可能性は低いと考えられます。猫の目の検査時などにフラッシュを使い検査をすることもあります。その一回のフラッシュで猫の瞳が失明してしまう心配はないですよね。

ただ、カメラのフラッシュの様に強い光を使う時などは、猫の網膜の障害などになりやすいことも考えられます。また、猫の瞳にフラッシュが当たることで、猫が痙攣などを起こしてしまうこともあります。

さらに強い光のレーザーポインターやLEDなどの強い光を目に長時間照射することは危ないので絶対に避けてください。今のカメラのフラッシュにはLEDライトなども使われていることがありますね。

部屋が暗い時などに、猫が綺麗に撮れるからと言って、直接猫の瞳にLEDライトのフラッシュ向けることは危険が伴います。レーザーポインタなども、猫の遊び用具に使われることもありますね。そんな時には、十分な注意が必要になりますね。

猫に強い光のフラッシュは避けたほうが良い

猫の目アップ

人もそうですが、猫の瞳にはたくさんの視細胞と神経細胞が集まっています。そのなかでも猫の瞳の細胞の中に「タペタム」いう反射板があります。その反射板に光が当たることで、網膜に光がより多く到達すさせることができるため猫は夜暗くても活動ができるのです。

タぺタムにフラッシュのような強い光が当たると、猫が光を瞳に集めてしまって反射を起こします。それが猫を写真に撮った時に猫の瞳が光ってしまう写真を写してしまうのです。いつも安易にフラッシュを使ってしまっていませんか?

猫にとってフラッシュの光は人が感じる光よりも、二倍かそれ以上の負担が掛かってしまっているのです。猫の瞳のあるタベタムと言う反射板により沢山集められたフラッシュの強い光が、猫の美しい瞳の水晶体に過剰に入ってしまうことで、猫の目が失明してしまうこともあるのです。そんな訳で、カメラのフラッシュを猫の瞳に向けない注意が必要です。

猫にフラッシュが与える影響

猫に向けられたフラッシュを防ぐサングラスイメージ

猫や動物の網膜に障害が出てしまうと症状の重さによって完治は中々、難しくなることもあります。美しい瞳を持つ猫などは、特に気をつけてあげたいことですね。くれぐれも、カメラのフラッシュ、特にレーザーポインターやLEDなどを使用する時には、気をつけてあげましょう。

猫を撮影する際はフラッシュの自動作動をOFFする

猫に向けられたフラッシュ

コンパクトカメラをお使いの方などは、お部屋では暗いとフラッシュが自動で作動する設定になっていませんか?猫やまた動物を撮る時には、フラッシュを解除しフラッシュを使わないように撮ってあげてください。フラッシュは猫や動物の瞳にはとても危険です。

猫は人の様に眩しいと感じるだけではありません。猫の瞳の中には猫の目の色を綺麗に映しだしている水晶体があります。とても澄んでいて美しい猫の瞳です。フラッシュの使い方の加減でこの美しい猫の瞳が失明してしまう恐れもあるのです。

フラッシュを使わない猫の撮り方

フラッシュ無しで猫を撮影するイメージ

「それでも猫の写真は撮りたい!」という、その気持はとてもわかります。ちょっとした猫写真の撮り方の説明をしますね。その前に守ってもらいたいこと「コンパクト写真でも携帯でもフラッシュは使わない」ここ大事です。フラッシュを使うと猫の目にも良くありませんからね。

猫を可愛く撮るためのポイント

自然の光を利用してください。猫にフラッシュを使ってしまうと、目の光った怖い顔の写真が撮れてしまいます。昼間のカーテンを開けた部屋で撮ることが一番良いです。昼間の外では、自然光で十分明るいので、シャッターを押すだけで大丈夫ですから。

猫を上手く写真を撮るコツ

猫の顔の自然な位置くらいまで、カメラ下げること。撮りたいモノ(被写体)とカメラの目線は、同じくらいにすると良いでしょう。ちょっとした光の加減で猫の瞳の色を綺麗に撮る事ができます。フラッシュは絶対に使わないでおきましょう。

また猫の顔や瞳を正面から可愛く撮るコツとしましては、

  • 名前を呼んでみる
  • 猫じゃらしを使って注意を引く
  • 猫が無邪気に眠っている時を撮る

などに気をつけておくと良いでしょう。この時には出来ればシャッターの音は消しておくと猫も驚かないですみますね。

シャッターを押す時のコツ

脇を締めて息を止めて撮ると案外ブレないで撮れます。試してみて下さいね。

フラッシュ以外に猫の撮影で注意すること

猫とデジカメ

猫と写真

猫にはカメラのことはわかりません。レンズを向けられることは慣れていない猫にとって、もしかしたらとても怖いことかもしれませんね。一眼レフなどのレンズなどは、猫にとって大きな目で見られている様な感じに思っていることでしょう。

特に、外で猫を見かけた時などは、夢中で猫を追いかけて、写真を撮るなんてことは、避けてあげてください。猫がカメラをトラウマになってしまうかもしれません。それでなくても知らない人に追いかけられる事は怖いのですから。 

猫の写真を撮る機材

様々なモノで写真を撮る事が出来る世の中です。iPhoneなどの携帯、iPadなどの大きな端末から、一眼レフ、ゲーム機でも写真が撮れてしまうのですから、人も猫もびっくりな世の中になりました。

ですから、猫もカメラに慣れて来てくれているのでしょうか。偶に、カメラ目線の猫も居たりもしますね。それでもあまり、しつこく長い時間、猫を追いかけて撮る事はやめておきましょう。猫に嫌われてしまいます。

まとめ

フラッシュ無しで猫を撮影した写真

猫の写真を撮るのは素敵な事だと思います。猫と飼い主さんとの思い出にもなります。可愛く撮れた時は、嬉しくなりますものね。しかし猫にとっては、フラッシュはとても危険なモノです。

猫の瞳や顔などに向けて、フラッシュは決して使わないでください。大好きな猫の綺麗な瞳を失うような事になったら、悲しいですよね。十分に気をつけて、可愛い写真を撮ってあげてくださいね。

さらにレーザーポインターやLEDには、特に注意が必要です。どうぞ安心した猫ライフをお過ごし下さい。

女性 ピン

一時期ツイッターで、ある方の「猫の撮影時にフラッシュを使わないで」という投稿が話題となったようですね。
一度のフラッシュ撮影で失明などをすることはないようですが、それでも猫のストレスや負担を考えるとやはり、撮影時にはフラッシュオフにした方が無難なのは確かだと思います。

ワタシも愛猫を撮影することは良くありますので、フラッシュを使っての撮影は絶対しないようにしようと思いました。
フラッシュを使うと、結構キツイ印象の写真になってしまうので、せっかくの猫のあのほんわかとした雰囲気が出ないですしね!

猫は瞳孔の細さを変えて瞳に入る光の量を調節できるので、言わば自然のサングラスを備えていると言えますが、それでも突然のフラッシュの光には、対応し切れないと思います。
フラッシュを使う時は周囲が暗い時ですが、「暗い」という事は猫の瞳孔は大きく開いていることが多いでしょう。
その時に突然フラッシュを使われたら・・・猫の瞳は収縮しきれず、まともに強い光を受けてしまうことになります。
ちょうど人間が太陽を裸眼で見た時のように。
ですから、フラッシュを使って猫を撮影することで、猫の目を痛めてしまう可能性があることは想像ができます。

獣医師さんの中には一度くらいのフラッシュ撮影で深刻な障がいを引き起こすことは考えにくい、
という意見を持っている方もいらっしゃるようですが、やはりなるべく使わないのがベストではないでしょうか?

女性 まる

猫は周りの光の量に合わせて瞳孔の開閉を瞬時にできるものの、フラッシュのような突発的な光には対応できないらしいですね。私も猫を撮影するときは、もちろんフラッシュを使っていませんが、暗いところで光るAF補助光もオフにしています。
知り合いに野良猫の写真を撮っている写真家の方がいるのですが、近年は猫ブームで野良猫の写真を撮る方が増えているのだそうです。もちろん、そのこと自体はよいのですが、猫がかわいいというだけで、猫に対しての知識が全くないので、平気でフラッシュを使うことを怒っていました。
わざとでないにしても、猫の目にダメージを与えてしまうことに変わりはないので、猫の写真をとるときは、十分気をつけないといけないですね。

40代 女性 ガブリエル

猫を撮影する時のフラッシュの危険性が話題になったのは、わりと最近のことのように記憶しています。以前は、特に問題視されていなかったように思います。
わたし自身は、これまで猫の撮影時にフラッシュを使ったことはありません。しかし、これは自然光のほうがキレイに撮れるから、と考えただけで、いつ猫の撮影にフラッシュを使ってもおかしくない程度の認識でした。
そんな折、「フラッシュを使って撮影すると、猫が失明する」とインターネット上で情報が流れました。これは大変!と思い、その理由を慌てて検索したものです。
最近は猫ブームに乗じて、猫を被写体にして撮影している光景などをよく見かけます。誰もが共通して、猫の目にフラッシュが良くないと分かっていれば良いのですが、なかなか難しいだろうと思っています。

我が家で愛猫たちを撮影する際には、できるだけ自然光で撮っています。個人的な好みもあるとは思いますが、猫は瞳孔が開いていた方が表情に愛嬌が出てカワイイです。午前中の撮影だと、すっかり瞳孔が細く小さくなって針のようになってしまうので、午後の方が撮影に向いていると思います。

また、猫は興味の対象を追いかける時にも、瞳孔が開きます。猫じゃらしなどを使って、猫の興味をひいて、タイミングよく撮影するのがオススメです。とても愛らしい、動きのある写真を撮ることができると思います。
ところが実際は、猫じゃらしを動かしながらカメラのシャッターを押すのは非常に難しいです。お友達や家族で猫の撮影をするのも楽しいかもしれません。
わたし自身は、アシスタントなしでの撮影が中心ですが、猫じゃらしを使うと頻繁な手ブレ状態で、なかなか良い写真を撮ることができません。猫じゃらしで猫の興味を誘っているうちに、本格的な遊びになり、写真撮影どころではなくなることも多いです。

いずれにしても、猫を撮るなら楽しく、危険のない状態で撮影しなければ意味がありません。猫の純粋でキレイな目を少しも傷めることなく、むしろ自然光で微妙な瞳の色の変化を撮影したいものです。
人気のキーワード