オッドアイの猫まとめ!主な原因と確率、多い種類まで

オッドアイの猫まとめ!主な原因と確率、多い種類まで

オッドアイと呼ばれる不思議な目の色を持つ猫にはどのような特徴があるのでしょうか?引き込まれそうな目の色に、何とも言えない神秘的な気持ちを覚えます。

4100view

オッドアイの猫とは

オッドアイの白猫

「オッドアイの猫」とは両目の虹彩の色が左右異なる、もしくは片側の瞳の虹彩が一部変わっている猫のことです。病気ではなく左目と右目の虹彩が違うという「状態」を現しています。

猫のオッドアイのパターン

片方の色が青色、もう一方は黄色、茶色、橙色、緑色などが多い色彩パターンがオッドアイの猫とされています。

オッドアイを日本語で言うと

ちなみに「オッドアイ」は英語です。日本猫では「金目銀目(きんめぎんめ)」と言われます。片方が黄色の目の色、もう片方は黄色味のない淡い銀や灰色、もしくは淡青色の目の色である猫になります。

猫がオッドアイになる原因

宝石
  • 猫のオッドアイの原因:先天性
  • 猫のオッドアイの原因:後天性

猫のオッドアイの先天性の原因

  • 猫のオッドアイの先天性原因:遺伝子変異
  • 猫のオッドアイの先天性原因:形成異常

猫がオッドアイになる原因は定かではないのですが、先天性の「虹彩異色症」という遺伝子変異が多いと言われています。誕生前の胎内中で、形成の異常が見られることも先天性の原因の一つと考えられています。

猫のオッドアイの後天性の原因

  • 猫のオッドアイの後天性原因:事故
  • 猫のオッドアイの後天性原因:猫同士の喧嘩
  • 猫のオッドアイの後天性原因:病気

事故や猫同士の喧嘩による目のケガにより、オッドアイになる後天性の原因もあります。オッドアイの黒猫も白い被毛の猫に次いで多いのですが、後天性の原因が多いそうです。

ただし、後天性でオッドアイに猫がなった場合は、炎症や癌も考えられますので一度病院を受診して検査をする事をおすすめいたします。

猫がオッドアイになる確率

眠る白猫
  • 猫がオッドアイになる確率(白猫)約25%
  • 白が多い三毛猫や二毛猫もオッドアイがいる

猫の「オッドアイ」は遺伝子変異です。どの猫の種類、どの被毛の猫にもおこり得ますが、特に白い被毛の猫にあらわれる確率が約25%と他の被毛色の猫を圧倒しています。

オッドアイは白い被毛が大半を占める三毛猫や二毛猫にも見られます。

オッドアイになりやすい猫の種類

ターキッシュバンのオッドアイ猫
  • オッドアイになりやすい猫の種類:ターキッシュバン
  • オッドアイになりやすい猫の種類:ターキッシュアンゴラ
  • オッドアイになりやすい猫の種類:ジャパニーズボブテイル(白被毛が多い三毛)
  • オッドアイになりやすい猫の種類:メインクーン
  • オッドアイになりやすい猫の種類:白い被毛の多い雑種

猫の種類に関わらず、先天的にオッドアイになりやすいのは白い被毛の猫です。白い被毛の多い猫の種類を探せば良いと言う事です。また、白い被毛の猫にはオッドアイだけではなくアルビノの猫も見られます。

オッドアイの猫は寿命が短い?

聴診器をあてられたオッドアイの白猫
  • オッドアイの猫の特徴:聴覚障害の可能性
  • オッドアイの猫の特徴:皮膚が弱くなる可能性
  • オッドアイの猫の特徴:遺伝子異常
  • オッドアイの猫の特徴:危険に遭いやすい

大変に貴重なオッドアイの猫ですが遺伝子の異常という障害を持っているために、身体が弱い傾向にあり寿命はあまり長くはないようです。

オッドアイの猫は聴覚障害になりやすい

オッドアイの猫は聴覚障害になる可能性が3割〜4割程度あります。聴覚障害のあらわれる耳は、青い目の色側の耳です。メラノサイト(色素細胞)を抑制されているために真っ白の被毛を持ちやすく、色素が足りなく青色の目を持つようになります。

オッドアイの猫は皮膚が弱い

オッドアイの猫は白い被毛が多いために紫外線に弱く、皮膚病や皮膚がんに注意が必要です。

オッドアイの猫は自然界では目立ちやすい

室内飼いで無い場合は、白い被毛は目立つので敵に見つかりやすいために危険に遭遇しやすくなります。なお聴覚障害を持っていれば危険に遭遇した場合、危険に気がつきにくくなりますから、危険から逃げる事も難しいのです。オッドアイの猫を完全室内飼いにすれば、危険に遭わせる可能性も低くなります。

オッドアイの猫の販売価格

ペットショップでキャリーバッグを持つ少女
  • ターキッシュアンゴラの価格:30万円前後
  • ターキッシュバンの価格:20〜30万円
  • ジャパニーズボブテイルの価格:20万円前後
  • メインクーンの価格:15〜30万円
  • 雑種の価格:無料または数万円

オッドアイの猫であるために生体の値段が高くなることは無いようですので、それぞれの猫の種類の平均的な値段となります。しかし、メインクーンの白い被毛の猫のみ、高額で取引される事があるようです。

保護猫のオッドアイ

保護猫にもオッドアイの猫は存在しますので、オッドアイの猫を家族に迎えたい方は前もって探している事を話すと良いでしょう。

オッドアイの猫に関する豆知識

オッドアイの猫

オッドアイの猫は「幸運を運ぶ猫」

元々、猫の目はチャームポイントであると同時に、ビー玉のような宝石のような美しさから人間を楽しませてくれます。オッドアイの猫の神秘的な目の色を見ると幸せになると言われるのは当然かもしれません。

日本で幸運を呼ぶと言われる「金目銀目」は「招き猫」より縁起が良いと評判だったそうです。勿論、招き猫にもオッドアイの猫がいます。招き猫のお寺として有名な豪徳寺にはオッドアイの猫である招き猫はいるのでしょうか?

オッドアイの猫の「オッド」とは?

「Odd(オッド)」には「変な、妙な、はんぱな、片方の、残りの、奇数の」などの意味があります。「オッド」だけではなく「バイアイ」「ヘテクロミア」と呼ばれる事もあります。

オッドアイの猫の動画

オッドアイの白猫ユキ、幸せを呼ぶ福猫 Odd-eye white cat (two colored eyes)

白猫ユキちゃんは捨てられていたそうです。しかし、今は優しい飼い主さんの元で幸せに暮らしています。

えっキメラなの?さび猫ビーナスの秘密。

さび猫ビーナスちゃんはオッドアイの猫だけではなく、左右の顔の色が違います。とても神秘的な表情をしています。

オッドアイの猫グッズ

オッドアイの猫とのご縁は残念ながらなくても、オッドアイの猫が描いてあるマグカップで毎日幸せを祈ってはいかがでしょうか。

オッドアイ マグカップ ねこ型マグ サンアート 食器ギフト かわいい キャラクターグッズ通販
商品ページはこちら

オッドアイ マグカップ

まとめ

オッドアイの白黒猫

オッドアイの猫まとめ!主な原因と確率、多い種類までについてお話をさせていただきました。画像をご覧いただけましたら納得の、不思議な目の色のオッドアイの猫達です。自然のなせる技とも言えますね。

元々、猫の目には人の気持ちを見透かしているような、輝きや深さを感じる事ができますよね。この上、両目の色が違うのであれば、オッドアイの猫に神様の啓示を感じてしまうかもしれませんね。

人気のキーワード