猫が手をなめる3つの理由

猫が手をなめる3つの理由

愛猫がペロペロと手をなめる時、そこにはどんな理由があるのでしょうか?くつろぎながら目を細め、手をなめる姿はとても可愛らしいです。猫がどんな心理でいるのか、気になりますね。猫が自分の手をなめる時、飼い主さんの手をなめる時、他の猫の手をなめる時について、解説していきます。

29479view

猫が自分の手をなめる理由

手をなめる猫

猫が自分の手をなめるのには、以下のような理由があるようです。

  • 毛づくろいの一環
  • ストレス
  • かゆいから

毛づくろいの一環

猫は一日の中でたびたび毛づくろいをしていますが、その一環で自分の手をなめる事があります。なめる部分は腕、手先、肉球など、手全体に渡ります。目を細めながら手をなめる姿は、とても幸せそうですね!手をなめながら、顔を洗う時も。

猫が毛づくろいをするのには、様々な理由があると言われています。匂いを消す、毛並みを整える、体温調節などです。水などが付いて汚れた時も、念入りに手をなめて、キレイにします。猫にとって毛づくろいは、当たり前の習慣です。ですから猫が手をなめるのは決して特別という訳ではなく、おなじみの仕草なのです。

ストレス

猫がストレスを感じると、過剰に手をなめる事があります。「過剰グルーミング」と言いますが、ストレスでグルーミングをしすぎて、毛が禿げてしまいます。過剰グルーミングは、手以外にも全身に見られます。

実際、我が家の元野良猫さんがお外にいる時、ストレスで手の甲をなめすぎて、一部分の毛が禿げてしまっていました。幸い、保護してウチの猫になってくれてからは、過剰グルーミングはなくなりました。

過剰グルーミングはストレスの他にも、皮膚に異常がある場合に起こるようですが、原因としてはストレスの方が多いのだとか。愛猫の体にハゲがないか早期発見する為にも、スキンシップはマメに取りたいところです。

猫が人の手をなめる理由

人の指を舐める猫

猫が人の手をなめる事があります。これには、どんな理由があるのでしょうか?

  • 愛情表現
  • 敵意がないことを示す
  • 手が美味しいから
  • お返し
  • 何かの要求
  • 匂い消し

愛情表現

飼い主さんの事が大好きで仲間と認めている為、ペロペロと手をなめるのです。猫にとって人の手をなめるのは、愛情表現なのですね。愛猫がなめてくれるのは嬉しいですが、猫の舌はザラザラしているので、時に痛いことがあります。その場合は無下に断るのではなく、猫を撫でてあげるなどして、スキンシップをはかりましょう!

敵意がないことを示す

例えば猫は、初対面の人の手をなめる事があります。人懐こい猫に多いですが、「あなたに対して敵意はありません」と示しているようです。

手が美味しいから

人の手は、塩分や油分があります。猫はそれらが好きな為、飼い主さんの手が美味しくて、ずっと手をなめるようです。長い時間手をなめてくる場合、猫があなたの手を味わっている、と考えられます(笑)。

お返し

猫を撫でたり、ブラッシングしたりした時、お返しとして手をなめる事も。完全に飼い主さんに心を許し、仲間、家族だと思っている証拠です。

何かの要求

「撫でて欲しい」「ご飯ちょうだい」「構って!」など、何かの要求があって、手をなめることがあります。その他にもそばに座る、じっと見てくるなど、無言の要求をしてくることも。愛猫と暮らしているとなぜか、何を言っているのか分かってくるのが、不思議です。

匂い消し

外出から帰ってきた時や、猫が知らない匂いが手からする時、なめて自分の匂いを付けることで、安心しようとします。大好きな飼い主さんに付いている未知の匂いが、どうにもこうにも気に入らないのでしょうね。

猫が他の猫の手をなめる理由

他の猫を舐める猫

猫が他の猫をなめる事を、「アログルーミング」と言います。お互いになめ合う事も、ありますね。アログルーミングをするのは、親しい間柄の猫のみなのだそう。ですから、猫が他の猫の手をなめるのは、親しい猫同士だという事です。

尚、アログルーミングをするのは頭や首が多いそうで、手をなめるのは稀なのですが、手がなめやすかった場合は、なめることもあるようです。頭や首の側に手があった場合、手を一緒になめることもあるでしょう。

我が家でも、愛猫が毛づくろいをしている最中側に手を置いておくと、自分の体の延長で、一緒になめてくれる事が良くあります。飼い主の手だと気がついているのかいないのかは分かりませんが、とても嬉しい瞬間です。

猫が手をなめる時に噛む理由

他の猫を噛む子猫

猫が手をなめる時、噛むこともあります。その理由とは…?

猫自身の手の場合

猫が自分の手をなめる時に噛むのは、かゆいからです。皮膚にかゆみを感じるので、それを歯でかいているのでしょう。人間が指でかゆい場所をかくのと同じですね。

猫が毛づくろいをしている時、良く観察していると、カカッと皮膚を噛んでいる所が見られます。そんなに伸ばして大丈夫?と思う位、皮膚が伸びている時もあります。歯でかゆい所をかき、爪を噛んで古い爪を取り除く場合も。器用ですね。

飼い主さんの手の場合

猫が飼い主さんの手をなめる時、同時に噛むことがあります。噛むと言っても、ほとんどが軽く噛む「甘噛み」でしょうが、これはリラックスしている時だと言われています。子猫の時、十分に他の猫との関係性を学んだ猫であれば、噛む加減を分かっているので、気を許している相手を傷つけるほど噛むことはあまりないでしょう。

もし本気で噛む時は、「もう良いよ!」と終わりにして欲しい時です。この場合は猫から手を遠ざけて、それ以上の攻撃を受けないように、注意しましょう。さっきまでは友好的に手をなめていたのに、突然豹変するのが、猫ですから。

まとめ

子猫を舐める親猫

猫が手をなめる理由は、これだけたくさんあるのですね。自分の手をキレイにするだけでなく、飼い主さんや他の猫とのコミュニケーションとしても、手をなめる事を使っているようです。愛猫が手をなめるのは飼い主としては嬉しいですが、猫の口の中には雑菌がいっぱいですので、猫がなめた手をなめる事は、避けましょう。以上、猫が手をなめる理由について、お伝えしました!!

40代 女性 しほ

猫ちゃんが、手を舐めてくれるのは、すごく嬉しいですね。
ご機嫌がいいときなんかも、手を舐めに来てくれます。うちの猫ちゃんが過剰なストレスを受けたときに、手をずっと舐めていて毛がハゲかけたことがあります。ストレス発散で色んな遊びをさせてあげたらだいぶましになりましたが、しばらく身体中を過剰に舐めるようになりました。しかし、何日かすると嫌だったことを忘れたのか、普通に戻りました。安心しました。
人気のキーワード