危険!猫に食べさせてはいけない食べ物とは

危険!猫に食べさせてはいけない食べ物とは

猫ちゃんにいつまでも健康で長生きしてほしい。そう願う優しい飼い主さんと猫ちゃんの為に「猫の健康に悪影響を及ぼす様々な飲食物」について、まとめてみました。

2068view

猫に食べさせてはいけない食べ物

レーズン

ぶどう、レーズン

腎不全の原因となります。原因は今の所は不明ですが最悪死に至る可能性があります。

牛乳

消化不良をおこします。

キムチや塩辛等

塩分が多いもの、加工品など全般と捉えていただければよいと思います。

ココア、チョコレート等、カカオ類

カカオの成分の中にあるテオプロミンという物質によって中毒を引き起こしてしまいます。人間が食中毒を起こすのと同じように、猫ちゃんも嘔吐、痙攣、下痢などの症状を出し、最悪、死に至る場合もありますので、誤って食べてしまった場合はすぐに病院に連れて行ってあげてくださいね。

玉ねぎ、長ねぎ、ニラ

赤血球が破壊されて貧血や血尿を引き起こします。お料理中にうっかり床に落としたものを猫ちゃんが食べちゃったりするので、落とさないように気をつけてあげてくださいね。

エビ、カニ、貝等の甲殻類

猫にとっては身と殻ともに毒物にあたり、嘔吐や痙攣、皮膚炎を引き起こします。

アルコール

猫の体組織や脳細胞を破壊する為、最悪の場合死に至ります。軽度の中毒でも嘔吐や下痢、異常行動が見られます。

マタタビ

嗜好品として今までは普通にあげていたものですが、近年、中毒性が問題視されています。与えすぎには気をつけてくださいね。

コーヒー、緑茶等 

カフェイン中毒をひきおこし痙攣や下痢といった症状が出ます。

鳥の骨

これはよく知られたことですが、鳥の骨は裂けるので、口の中やもし口を通ってしまえば胃の中に刺さってしまいます。

観葉植物

観葉植物に限らず、植物は食べさせないようにしてあげてください。猫は毛づくろいの際に体内に入った毛を吐き出す為に植物を食べますがその時、猫にとって毒物にあたる植物を摂取した場合、嘔吐や下痢といった症状の発症から、最悪の場合は死に至ります

ワカメ、昆布、海苔などの海藻類

海藻類は猫は食べないような気がするのですが猫にとっては好物のようで、積極的に食べようとしてきます。しかし、猫ちゃんが海藻類を食べてしまうと光に過敏になり人間で云う所の太陽アレルギーのような症状(皮膚のかゆみなど)を発症します。

そして痒いから掻く、掻くから毛が抜ける、さらには掻きすぎて皮膚が裂ける、といった悪循環を起こすので、人間が食べていると欲しがりますが、与えないように気をつけてください。

猫の体に悪影響をもたらすもの

アロマオイル

化粧品

猫ちゃんが愛情表現で飼い主さんの手やお顔をペロペロしてきたとき、お化粧品が付いていると付いてる分だけ舐めとって猫ちゃんの体内に入ってしまいます。人間のお肌には良くても猫ちゃんには毒物となるものも入っていたりするので猫が舐めないように注意しましょう。

タバコの煙

副流煙で猫ちゃんも喫煙している状態になります。空気清浄機を設置し、猫がいない場所で喫煙するようにしましょう。

アロマオイル

最近、ティーツリーのオイルで猫ちゃんがお亡くなりになったという話を聞きます。アロマオイルのほとんどは植物から抽出したオイルですが、ほんの一滴取る為に花を1000本必要であったりするように、ほんの一滴であっても、非常に凝縮されたものですので、大変強力な効果が出てしまいます。

何よりも、猫ちゃんは自分の匂いがしていないと嫌なので、猫にアロマオイルは使わない様にしましょう。また、アロマディフューザーを使用する時も気をつけてあげてくださいね。

まとめ

抱きかかえられた猫

こんなに書いたら飼い主さんに厳しすぎるな。と思いはしたのですが、それでも自分の不注意で愛猫を喪う悲しみを味わうよりは、知識の一つとしてでもご存知いただける方が良いかと考え、私ごときが大変恐縮ながら書かせていただきました。

可愛い猫ちゃんと飼い主様がいつまでも長く楽しく、より幸福に過ごせるようお祈り申し上げます。

女性 匿名

野良猫が去年8月から縁側に入って来るので餌をあげていたら、今年4月縁側の隅で4匹赤ちゃんが産まれました、一匹は死産あとの3匹は元気でしたが、なんと今5分前に仔猫をくわえて外にでていきました。あんなに一生懸命おっぱいあげていたのに、捨てにいったのでしょうか。一番元気な子猫が残っていますが、その猫も捨てられるのかしら、育児放棄でしょうか、初めて見る猫の行動。このような場面を見た人いますか?

スポンサーリンク

人気のキーワード