猫リパブリックが他の猫カフェと違う理由

猫リパブリックが他の猫カフェと違う理由

近年、都内を中心にどんどんと展開している「猫リパブリック」は、保護猫たちの集まる猫カフェ施設です。一般的な猫カフェとは違った活動や取り組みもたくさん行っているこの施設について今回まとめました。

613view

猫リパブリックと他の猫カフェとの違い

子猫
  • 一般的な猫カフェの猫はブリーダーやペットショップから来ている
  • 猫リパブリックは保護猫をメインとしているのでメンバーの入れ替わりがある

猫リパブリックのように保護猫をメインのメンバーとして迎え入れている猫カフェも近年増えてきています。しかし、そうではない一般的な猫カフェの場合は、ブリーダーやペットショップから猫カフェのメンバーを集めていることが多いです。

また、猫リパブリックの場合はメンバーとなっている猫の里親探しも行っているため、良い里親が見つかれば猫メンバーを譲渡します。そのため、猫リパブリックのメンバーは入れ替わります。

しかし、一般的な猫カフェのメンバーはお店の猫として飼われているため、他の人に譲渡されるということは基本的にありません。

猫リパブリックとは

木の上を歩く猫

近年、猫ブームが続いている影響もあり、あらゆる場所で猫カフェがオープンしています。特定の品種のみを集めた猫カフェや、店内のインテリアにこだわっている猫カフェなどお店によって特徴がありますが、都内を中心に展開している「猫リパブリック」というお店もこだわりを持つ猫カフェのひとつです。

猫リパブリックは「自走型保護猫カフェ」をコンセプトにしている猫カフェで、「2022年2月22日までに、日本の猫の殺処分ゼロに!」という目標を立てて、猫の保護や譲渡を行っています。

現在日本では、年間で約4万頭以上の猫が殺処分されています。生まれた時から野良だった猫や、無責任な人間が捨てた猫などさまざまな背景を持つ猫が殺処分されないように、猫リパブリックでは猫カフェのメンバーとして猫を保護しているのです。

猫リパブリックの猫カフェ店舗について

猫リパブリックの第一号店は岐阜にあります。そして、現段階で東京(御茶ノ水、池袋、中野)や大阪、広島などに店舗を展開しています。料金システムや営業時間は店舗によって異なります。

猫リパブリックのお店の料金システムは時間制になっており、どの店舗もだいたい30分1100円程度の値段から利用することができます。また、営業時間はお昼頃から夜にかけてオープンしているスタイルになっているので、仕事や学校の帰りがけなどに寄ることも可能です。

猫リパブリック店舗情報:http://www.neco-republic.jp/access.html

猫リパブリックの活動について

見つめる猫

猫リパブリックでは、猫カフェ経営や猫グッズの販売などを通じてお客さんに利用してもらい、その収益を使って保護猫の引き取りや里親探しを行っています。具体的にどのような活動を行っているのか、以下の項目で紹介をします。

猫リパブリックの保護猫の引き取り活動

猫リパブリックの保護猫は、地域のボランティア団体と連携しており、保護猫団体によって保護された里親募集中の猫たちを引き取っています。ネコリパブリックの猫はワクチン接種を受けさせ、血液検査も行って病気の有無も確認済みの状態です。

猫リパブリックの里親探し活動

猫リパブリックでは里親探しにも力を入れています。猫を飼うことに対して責任感のない人や、虐待などを目的としている悪い人に譲渡してしまうことがないよう、里親希望者には必ず審査を行います。

そして、細かい審査に見事パスした人にだけ譲渡を行っているのです。そして、譲渡日には誓約書や証明書の提示などを里親に行ってもらった上で、引き取る猫を決めてもらいます。

はじめの2週間はトライアルとして里親の家で飼ってもらい、特に問題なく猫が過ごせそうであれば、正式に里親の家族の一員として迎え入れることができるのです。

ペットショップやブリーダーから購入する場合と比較をすると、里親希望をしてから猫を家族として迎え入れるまで長い期間がかかりますが、猫リパブリックでは細かい審査やトライアルなどを通して、本当に猫を大事にしてくれる人の元へ譲渡をすることができます。

猫リパブリックの猫カフェ経営

「自走型保護猫カフェ」がコンセプトなので、当然猫カフェとして利用することも可能です。猫を飼う環境はそろっていないけど、気軽に猫と触れ合いたいという人にはまさにおすすめの空間ですし、猫カフェ利用時に支払う料金がそのまま保護猫活動に使われるため、猫の役に立てることもできるのです。

猫リパブリックグッズの販売

猫リパブリックでは猫グッズの販売も行っています。猫をモチーフにした雑貨やスイーツ、猫用フードや猫用品まで、猫に関するグッズを幅広く扱っています。オンラインショップもあるため、お店に直接行くことができない人でも気軽に購入することができます。

猫リパブリックは猫の楽園となる「無人島購入計画」も始動

現在猫リパブリックでは、インターネットを通じて資金の提供を呼びかけるクラウドファンディングという仕組みを利用して、猫のための無人島を購入する計画を進めています。

2022年2月22日までに猫の殺処分をゼロにするという目標を達成するには、単に猫カフェのような施設を増やすだけでは追いつかないため、このような計画を始動しました。

目標は22億を設定しており、無人島の購入費や無人島に迎え入れた猫の飼育費、猫が住みやすくなるためのインフラ整備などに当てられる予定になっています。

まとめ

黒い猫

猫リパブリックなどの保護猫活動が盛んになってきていることもあり、殺処分の数は徐々に減ってきています。

猫を保護するということが難しいという人でも、猫リパブリックのカフェ利用や猫グッズ購入をするだけで、保護猫活動の一部に十分貢献できていることになります。

猫リパブリックに少しでも興味がある人は、ぜひ一度利用してみてはいかがでしょうか。

40代 女性 けびん

猫リパブリックは大阪心斎橋にあるので少し前に、行ってみました。
どの猫ちゃんも綺麗で一緒に行った私のお友だちも感動していました。そのお友だちは、保護猫ちゃんを飼いたいとおもっていたので、気の合う猫ちゃんがいれば時間をかけて仲良くなって、いずれは飼いたいという夢をもっていました。一緒に何度も通いました、気の合う猫ちゃんができて今、審査中です。トライアルもうまくいったのですが、結果が出るまで緊張すると言っていました。どうしても、その猫ちゃんを飼いたいと思っているそうで、将来その猫ちゃんを家族に迎えて幸せになってほしいです。 
人気のキーワード