空猫カフェってどんなお店?尾道で名物ベーグルを食べてみよう

空猫カフェってどんなお店?尾道で名物ベーグルを食べてみよう

空猫カフェってどんなお店?猫の聖地「尾道」で名物ベーグルを食べよう!空猫カフェの特徴や来店時の注意点などをご紹介します♪

186view

空猫カフェの特徴

尾道階段

「坂の街」として有名な広島県尾道。近年では猫好きの聖地としても知られているのをご存知でしょうか。

猫の細道と呼ばれる路地には招き猫美術館やネコノテパン工場など猫にちなんだ魅力的な店舗が並び、2017年には猫目線で街探索ができる「広島CAT STREET VIEW」でも話題となりました。そんな猫好きにはたまらない街、尾道の坂道の途中に「空猫カフェ」はあります。

(無断転載厳禁)

空猫カフェは「猫の街にある古民家カフェ」であり、一般的な「猫カフェ」なるものではありません。移住されてきたご夫婦が空き家再生プロジェクトによって生まれ変わった古民家で営まれているベーグルが名物のカフェです。

そのため店内に猫はいませんが、お店に辿り着くまでに尾道で暮らすたくさんの猫と出会うことができるでしょう。

(無断転載厳禁)

喧騒から切り離された空間で極上ベーグルが楽しめると口コミが広がり、現在では空猫カフェを目当てに遠方から足を伸ばす方も。一般的な喫茶店とは一味も二味も違う、まるで異空間に飛び込んだような特別な時間を味わせてくれると評判です。

(無断転載厳禁)

ただ、この空猫カフェは「辿り着くのが難しい」ということでも有名で実際に「空猫カフェ目当てで尾道へ行ったのに辿り着けなかった…」という声もあるほど。

空猫カフェの公式サイトやSNSなども存在せず、実際に入店した人の口コミのみが頼りとなっているのが現状。そんなお伽噺に登場する「隠れ家」のような雰囲気も、多くの人を魅了する理由の一つなのかもしれません。

空猫カフェの店舗情報

(無断転載厳禁)

お店へのアクセス

住所:広島県尾道市東土堂町6-11
最寄り駅:JR尾道駅より徒歩20分
     ネコノテパン工場から50m程。

料金

名物のベーグルとドリンクのセットは890円、単品ベーグル7種類は各200円。その他ドリンクが500円〜となっています。(2019年9月現在)料金やメニューは変更となる場合があります。現在、ベーグルやドリンクのテイクアウトは行われていません。

営業時間

金曜日、土曜日、日曜日の11:30〜17:00
(夏季冬季長期休業有り。2019年7月より夏季休業、10月営業再開予定)

空猫カフェを利用する時の注意点

(無断転載厳禁)

空猫カフェを利用する前に必ずチェック!

辿り着くのが難しい

前述したように、空猫カフェは「辿り着くのが難しい」ことでも有名です。尾道の入り組んだ坂道のずっと奥にあり、更に長い階段を登ったところに看板があります。

実際に空猫カフェへ辿り着くことができた方の情報では、近隣目印となるお店(ネコノテパン工場さんなど)まで歩いたら、グーグルマップで確認しながら「階段の上」を見ることがポイントとなるようです。

グーグルマップや来店した方のブログなどを参考に慎重に歩みを進めましょう!ネコノテパン工場さんから3分以上歩いているのに辿り着かない場合は、道に迷っていると認識すべし!との口コミもあります。

また、車での来店はできません。車が入れない斜面地にあり、近隣に駐車場もないため注意してください。

営業日について

空猫カフェの営業日は一週間のうち金曜日、土曜日、日曜日の3日間のみとなっています。更に夏季、冬季それぞれ長期休業があります。空猫カフェは、公式サイトやSNSなども存在しないため、来店前は営業しているかどうかを電話で確認することをおすすめします。

2019年9月現在の情報では夏季休業は7月から、営業再開は10月頃となっているようです。

お子さん、団体の入店について

空猫カフェでは子連れ入店、及び団体での入店が不可となっています。カフェスペースは大広間となっており、静かに流れる時間と雰囲気を大切にしているカフェのため、大きな声で話したりバタバタ動いたりすると他のお客さんの迷惑にもなりますので注意しましょう。また、大きめのキャリーケースなどの持ち込みもできないとの口コミ情報もあります。

この記事の画像は撮影者様の許可を頂き掲載しております。
※無断転載、引用、保存などは一切厳禁です。

空猫カフェは特別な時間を過ごせる空間

尾道の猫

尾道にある空猫カフェをご紹介しました。多くの企業や店舗がソーシャルメディアを活発に利用するのが当たり前のこの現代に公式サイトもブログもSNSもない、あまりに情報露出が少なすぎる空猫カフェの営業スタイル。

それはどこか特別な世界に迷い込んだようにも感じ、「自分だけが特別に辿りつけた」そんな錯覚に陥りそうなほど。猫の街、尾道で特別な時間を過ごしてみませんか。

スポンサーリンク