無添加のキャットフードの選び方とおすすめフード6選

無添加のキャットフードの選び方とおすすめフード6選

キャットフードを選ぶ時、無添加かどうかは飼い主さんにとって気になるところですよね。無添加のキャットフードの選び方、おすすめの無添加キャットフードについてご紹介します。

510view

無添加のキャットフードの特徴

オレンジの皿から餌を食べる猫

無添加キャットフードを選ぶ理由

無添加のキャットフード、というと単純に添加物が無いものかな、と考えられますね。

食品添加物とは、食品の製造過程において、加工や保存の目的で食品に混ぜるなどして使われるものです。

人の食べるものは、法律で安全とその有効性が認められたものだけが使用を許可されています。しかしキャットフードでは、まだその安全が確立されていないものが使われていることが多いのです。

キャットフードは、ペットショップで手に入りますが、今ではホームセンターやドラッグストア、スーパーでも購入できます。

その中で無添加のものは、どれくらいあるかというととても少ないと考えられます。

猫は本来、肉食の生き物で、野菜や穀物を必要とはしません。猫の食事は、動物性タンパク質でつくられたものが最適で、猫の体に必要なキャットフードということになります。

無添加のキャットフードとは、動物性タンパク質が主で、必要な栄養素を配合してあり、不必要な添加物を入れていないものだと言えるでしょう。猫が必要な栄養だけを安全に摂ることができるということです。

さらに無添加キャットフードは猫が食べすぎないように出来ていて、かさ増しのため無駄に膨らませるようなものが配合されていません。肥満や、脂質や糖質過多によって、糖尿病になることも防げるようにと考えられています。

無添加のキャットフードとはどんなもの?

無添加のキャットフードとは、酸化防止剤、保存料、着色料、香料、甘味料などがないということですね。主に以下のものがフードに入っていない、ということが目安となります。

  • BHA(ブチルヒドロキシアニソール)
  • BHT(ブチルヒドロキシトルエン)
  • エトキシキン
  • 硝酸カリウム
  • 亜硝酸ナトリウム
  • ソルビン酸カリウム
  • グルタミン酸ナトリウム
  • 塩化ナトリウム
  • 人工着色料 赤色2号、赤色3号、赤色40号、赤色102号、青色1号、青色2号、青色3号など

BHA(ブチルヒドロキシアニソール) 、BHT(ブチルヒドロキシトルエン) 、エトキシキンは酸化防止剤です。これらの酸化防止剤を摂取すると、悪性リンパ腫(ガン)になる可能性があり、大変危険です。

硝酸カリウムと亜硝酸ナトリウムは、発色剤で、二つが結びつくことで発ガン性の物質に変わります。ソルビン酸カリウムは防腐剤で、亜硝酸ナトリウムと結びつくと発ガン性物質が発生します。

着色料にも、発ガン性が認められていたり、染色体の異常や免疫低下が起きたりして、大変危険です。

また塩化ナトリウムですが、塩であれば食材そのものから摂る量で十分です。グルタミン酸ナトリウムや塩化ナトリウムといった合成調味料が入っているということは、素材だけでは猫が食べないようなものなのだと考えられます。

添加物と同様に、キャットフードに含まれていると良く無いものがあります。
4Dミートなどの肉以外の物(副産物)、ビートバルプ、大豆です。

4Dミートとは、Dead=死んでいる、Dying=死にかけ、Diseased=病気を持っている、Disabled=障害を持っている、といった4つのDがつく状態にあてはまる動物の肉を使ったもののことです。

4Dミートは食品として不適格な肉類であるとされています。最低ランクの肉の処分のため、ペットフードに使われていることが多いのです。そして添加物が入っている場合がほとんどです。

副産物、他にもミール、パウダー、粉、肉骨粉と記載されているものは、人間が食べられない肉などを、溶かしたり混ぜたりして作られているものです。

殺処分されたり、病気で死んだりした生き物の肉や、骨、また肉以外の羽や爪などといった、食べ物とは言えないような、猫が食べるのには望ましく無い材料だということです。

ビートパルプは、ビート(甜菜)を絞った後の残りカスです。栄養としては繊維質しかなく、かさ増しのために使われます。糖分を摂取することになるので、猫にとっては良くありません。

キャットフードに記載されている大豆は、人間が食べるようなものではなく、大豆の加工品から出た廃棄物を利用しています。大豆粉、大豆ミールと記載されている場合が多く、水を吸うと膨らみます。猫の胃の中でも膨らむということになります。

無添加キャットフードを買う時の選び方

ソーセージを疑い深く見る猫

添加物の記載が少ないもの、無いものを選ぶ

まず単純に、無添加とあるものを選びましょう。ただ、無添加をうたっているものはまだまだ少ないので、記載されている成分を見て判断する必要も出てきます。

ペットフードの製造業者は、原則として添加物を含む全ての原材料名を表示することが義務付けられています。

市販されているキャットフードのパッケージには必ず成分表が記載されています。まず、上記の添加物が記載されていないキャットフードを選ぶことをお勧めします。

ミールには注意する

ミール、と記載されているものには注意した方が良いでしょう。家禽ミール、大豆ミール、まぐろミール、などとあるものは、4Dミートが使われています。

さらに無添加かどうかを判断するには、賞味期限が不自然に長いものを避けることです。保存料が大量に使われていると考えられます。

原材料の記載を確認

基本的に、原材料名の表示は、使用量の多い順に記載することになっています。ペットフード安全法で原材料名の記載の順序は特に規定されていませんが、上位に記載されているものから重量が多いと考えれば問題ないでしょう。

単純に肉類、と上位に記載されていても、その中の成分に、穀類、とうもろこし、大豆、〇〇ミール、副産物などとあれば、正しく肉類が主原料として使われているとは言えませんね。

肉類(ビーフ、チキン)と記載されていれば、そちらのほうが安全性は高いと考えられます。

穀類が多く使われているキャットフードも、避けた方が良いでしょう。猫にとって必要な栄養素でなく、かさ増しのために使われているからです。穀物不使用(グレインフリー)と記載されているものも増えてきていますので、それを選ぶと良いでしょう。

オーガニックフードを選ぶ

オーガニックフードとは、化学肥料や農薬を使用せずに有機的な方法だけで栽培された材料のみで作られたものを言います。

ただ、オーガニックフードと無添加フードが同じというわけではありません。オーガニックの素材を使用している、ということで、キャットフードそのものがオーガニックという意味ではないということです。

オーガニックフードで、穀物不使用、合成添加物不使用とあれば安心できると言えます。

猫に必要な栄養素

猫に必要な栄養素は、タンパク質、炭水化物、脂質、必須脂肪酸、ビタミン、ミネラル、そして水と、人間と内容はほぼ変わりません。

その中でも一番大切なのはタンパク質です。タンパク質がしっかりと摂れるフードが猫に適しているのです。

炭水化物は猫の獲物とされるネズミなどの生き物にも含まれています。ただ割合は低いので、フードの中の炭水化物の割合があまり多いと、猫は消化不良や下痢を起こしてしまうでしょう。

その他の栄養素もタンパク質とのバランスを考えて作られているキャットフードを選ぶことが、猫にとって必要な栄養素を効果的に摂れることになります。

おすすめの無添加キャットフード6選

餌を食べる3匹の猫

無添加キャットフードを選ぶ際、国産が良いかと思われる方も多いでしょう。

海外のキャットフードの方が、日本よりも、ペットフードの安全性が高いものがあります。必ずしも国産が良いとは限らず、安くて賞味期限が長いものは、添加物で素材の粗悪さを補っている場合も多いのです。

また、原材料が海外産でも、最終的に日本で加工されれば原産国は日本と表記されます。国産、海外産というだけで選ぶのではなく、成分表示を見て購入することが必要になります。

カナガンキャットフード チキン

カナガンキャットフード チキン(1.5kg)
4,965円(税込)

商品情報
ドライフードの美味しさは、ついにここまで来ました。 ドライフードが苦手な猫ちゃんにこそ試してほしい。最高レベルの美味しさを。イギリス最高級のグレインフリー(穀物不使用)キャットフード

イギリス最高級のグレインフリー (穀物不使用) キャットフードです。人工添加物不使用で、動物性原料が70%と栄養がたっぷり。

たまのごはん

たまの元気ごはん フィッシュ 150g
324円(税込)

商品情報
「いつもの食事に栄養をプラスしたい」「いつまでも元気でいてほしい」そんな飼い主さんの思いに配慮して作られました。ミネラル補給に8種類の雑穀と、ビタミン補給に8種類の野菜を使用し、ウコン・DHA・キトサン・プロポリスなどと小魚をブレンドしました。

アニマル・ワン たまのカリカリねこまんま (成猫用) 500g
2,447円(税込)

商品情報
わかめや煮干し,かつお節など海の恵みを組み合わせたドライフード。自然派フードならではの自然な風味です。

こだわりの国産原材料を使用。無着色無香料ノンオイルコーティング。
小麦粉や小麦グルテン不使用で、アレルギーの子にも安心な自然派フードです。
保存料、着色料、香料無添加、酸化防止剤であるエトキシキン、BHA、BHT、膨張剤、防カビ剤も不使用です。

オリジン (Orijen) キャット&キティ

オリジン (Orijen) キャット&キティ 340g
2,773円(税込)

商品情報
元来、すべての猫は肉食です。 様々な種類の新鮮丸ごと肉を豊富に含むと同時にフルーツ、ベリー、植物の量は抑えた食事を生物学的に必要としています。 オリジン キャット&キトンは放し飼いコッブ種鶏肉と七面鳥肉、巣に産み落とされる全卵と天然魚を使用しています。

全猫種・全年齢対応のキャットフード。穀類を一切使用していません。
BHA、BHT、エトキシキン等の人工的な防酸化剤を使わず、人工の保存料も一切使用していません。

こだわりのジロ吉ごはんだよ!

こだわりのジロ吉ごはんだよ 国産キャットフード 500g
1,566円(税込)

商品情報
国産原材料100%使用。食に安全性を求める飼い主が、合成保存料・酸化防止剤・着色料などのを心配する事なく、食べさせられるキャットフードです。穀類や野菜は消化を考え、加熱してから使用しています。食物繊維が豊富に含まれています。

ジロ吉ごはんに使われているのは、人間の食材としても使えるレベルの有機野菜と減農薬野菜と穀物、良質で安全な国産牛肉粉と食用牛骨カルシウム、それに栄養たっぷりのビーフエキスです。合成保存料・着色料・香料はいっさい使用せず、ほぼ自然の形のまま加工しました。

ウェットフードは、水を飲まない時の水分補給であったり、いつものフードを食べなくなった時にトッピングしたりと、あると便利なものです。ウェットフードは添加物が多いと言われることもありますが、無添加で作られているものもあります。

はごろも無一物

はごろも 無一物パウチ まぐろ(国産)50g×12個 (まとめ買い)
990円(税込)

商品情報
まぐろのみを使用し、添加物を全く加えておりません。

食品添加物・飼料添加物を加えていない製品です。まぐろ本来の旨みを味わえるよう、まぐろと水だけで仕上げたキャットフードです。

シシア キャット ツナ&エビ

シシア (Schesir) キャット ツナ&エビ マルチパック(50gx6個パック)
1,069円(税込)

商品情報
100%ナチュラルな原材料を使用した、素材の旨味が香るキャットフードです。香りと風味が豊かなイタリアンレシピ。ツナは高級部位だけを厳選使用しています。

100%ナチュラル原材料の最高級ウェットフードです。無添加・無着色・化学防腐剤フリーで安心。

猫の無添加キャットフードまとめ

グレーの猫とキャットフード

猫は飼い主さんの与える餌だけで生きているわけですから、できる限り安全で安心なものをあげたいものですよね。

添加物は、必ずしも悪いものばかりではなく、必要なものもあります。体に悪くて必要のない添加物を、猫に摂らせないようにすることが大切です。

無添加キャットフードは、他のキャットフードよりも値段が高めになります。良い素材を選んであるので当然と言えるでしょう。また、長期保存に向いていないということがあります。

また、飼い主さんがキャットフードを選ぶ基準に、食いつきの良さがあります。無添加フードに変えた時にあまり食べないと、がっかりするかも知れません。

その時は、少しずつ今までのフードと混ぜるようにして、徐々に切り替えていくと良いでしょう。ウェットフードを混ぜることでも、食べてくれる場合があります。

キャットフードの値段や長期保存と、猫の健康や長生きとを考えれば、どちらが重要かは比べるまでもありませんね。

猫の健康に適したキャットフードを、しっかりと選んであげられることが飼い主さんの大切な役割です。

人気のキーワード