猫が便秘になる原因と解消する方法

猫が便秘になる原因と解消する方法

人間では特に女性がなりやすいと言われる便秘。猫は性差はないようですが、なぜ便秘になってしまうのでしょうか?その症状や原因、治療法、自宅で出来るケアについて、お伝えします。愛猫の便秘の原因を突き止め、早めに解消してあげましょう!!

584view

監修:獣医師 平松育子先生

(ふくふく動物病院)

猫が便秘になった時の特徴

トイレットペーパーと猫
  • うんちが固い、コロコロしている
  • 2日間うんちが出ていない

猫の腸に便が溜まり、中々排出できない状態を便秘と言います。便が出ていても、少量でコロコロとした固い便の場合も、便秘とみて良いでしょう。

1日便が出ない事はあっても、まる2日便が出ていない場合は注意が必要です。愛猫の便の異常にいち早く気がつけるよう、いつどんな便が出たか、記録をとっておくと安心です。

猫が便秘になる原因

お水で遊ぶ子猫

猫が便秘になる原因は、一体何なのでしょうか?

水分不足

猫が便秘になる理由として多いのは水分不足です。猫は水をガボガボ飲む動物ではない為、水分不足になりがちです。

水分が不足すると便が固くなり、便秘になってしまうのです。家の中に数カ所、水飲み場を設けるのはもちろん、普段ドライフードを食べている場合は、たまにウェットフードを与えるなどして、水分の補給を行なってあげましょう。

腸の蠕動運動の低下

猫が老化や病気などで腸の働きが鈍くなり、便を移動させる蠕動運動が低下して、便秘になる事が考えられます。蠕動運動が低下する病気として、巨大結腸症、甲状腺機能低下症、繊維質不足、低カルシウム血症、低カリウム血症などがあります。

結腸が閉塞している

結腸は大腸の一部ですが、ここにポリープや腫瘍、ヘルニアなどが起こり、閉じてしまうことで、便秘になる場合があります。

便が出る時の痛み

何らかの原因で肛門や直腸が狭くなったり、肛門嚢炎や腫瘍、脱肛、後ろ足の骨折があったりする為、排便時に痛みを生じ、便秘になる事も。この場合、体の機能は正常ですが、痛みによって排便しずらい状態になります。

毛球症や誤飲

毛球症は毛づくろいによって飲み込んだ毛が体内に溜まって排出されない病気です。その他にも、異物を誤飲した事で便が腸内を通過出来なくなり、便秘になる可能性があります。

心意的ストレス

猫は非常にストレスを感じやすく、そのストレスがすぐ体に表れる繊細な動物の為、何かのストレスから、便秘を生じさせているのかもしれません。ストレスの感じ方には個体差がありますが、特に他に便秘の原因が思い当たらない時は、愛猫が何かのストレスを感じていないか、考えてみましょう。

投薬

鎮痛剤やスクラルファート、抗ヒスタミン薬など、病院で処方された薬の副作用で便秘になる事も。このような場合は便秘になった旨を獣医師に伝え、適切な処置を行って貰いましょう。

猫種

特に尻尾が短い猫種であるマンクスに多いと言われていますが、骨盤周辺の骨に奇形が生じやすく、その骨が神経に影響する為、便秘になりやすいとか。こればかりは仕方がないので、なるべく便秘にならないよう、予防していくしかなさそうです。

猫の便秘を自宅で解消する方法

透明なグラスで水を飲む猫

便秘には水分

猫の便秘を自宅で治したいと思ったらまず、水分補給を行うようにしてください。便秘になる原因には水分不足である事が多いです。

繰り返しになりますが、水飲み場を複数設け、食事をウェットフードにして、猫が水分を摂れるようにします。

便秘解消マッサージ

他に、便秘解消のため愛猫のお腹をマッサージしてあげるのも良いでしょう。マッサージと言っても特別な事をする必要はなく、軽くお腹を撫でてあげます。

無理にゴリゴリと押したり、揉んだりしなくても大丈夫です。愛猫とのスキンシップがてら、行なってみてください。優しい声かけと共に行うと、更に愛猫も喜んでくれるでしょう!

猫の便秘の症状

体温計を持つ猫

猫が便秘になると、どのような症状が現れるのでしょうか?

  • 左下腹部に固い膨らみができる
  • 嘔吐
  • 食欲不振
  • 少量の乾いた便
  • 何度もトイレに行く
  • お腹に触るのを嫌がる
  • 奇異性下痢になる

猫の便秘の症状は、あまり人間と大差がないと言えるでしょう。便秘になると何度トイレに行って踏ん張っても出ない、とても辛い状態になります。

奇異性下痢

奇異性下痢というのは、肝心の便は出ずに、腸内の水分や粘液だけが排出される症状です。もし猫砂の上に便ではなく、液体だけが残されていたら、奇異性下痢の疑いがあります。

猫の便秘の治療法

ブロッコリーと猫

猫の便秘の治療法は、便秘の原因により、異なります。病気によって便秘になっている場合はまず、その病気の治療をしますし、浣腸や下剤で排便を促すこともあります。
便秘を繰り返すと、将来的に巨大結腸症になることがあります。早めに診察を受け、解決することをお勧めします。こじれると自力で排便できなくなることもあります。

キャットフードを食物繊維が多く含まれたものに変える方法も。ですが、この方法は逆に症状を悪化させる可能性もありますので、必ず獣医師の指示に従い、行なってください。

まとめ

トイレにいる子猫

今回は猫の便秘についてご紹介しました。

愛猫が便秘で苦しい思いをしていたら、誰だって心配になります。日頃から便秘にならないよう、気をつけてあげる事が大切です。

猫によっても、よく水分を取る子と、そうではない子がいます。愛猫に合わせた方法で、健康管理をしてあげましょう。

人気のキーワード