そうじゃない!猫に飼い主が叱られてしまう勘違い行動5つ

そうじゃない!猫に飼い主が叱られてしまう勘違い行動5つ

良かれと思ってやったのに、なぜか猫に叱られてしまった…。こんなことはありませんか?どうも人が良いと思うことは猫には逆に取られてしまうことがあるようです。そんな勘違いしてしまいがちな行動をチェックしていきましょう。

1585view

1. ヘソ天からのお腹なでなで

フローリングの上でヘソ天になっている猫

猫がお腹を豪快におっ広げている姿勢を俗に「ヘソ天」といいます。この体勢を取られるとついつい、もふもふのお腹に手が伸びてしまいますが…。

多くの猫が触られるのを嫌がる場所なのです。なぜなら、急所だから。内臓が詰まっている上にそれを守る骨がないので、攻撃されると命に関わるのです。本能的に嫌がることが多いでしょう。

ですから、猫がヘソ天をして豊満なお腹を見せつけてくるからといって、触ってほしいわけではないことを覚えておいてください。撫でるのであれば、やはり顔周辺が喜んでくれるでしょう。

2. 目を凝視する

猫の目を見て話しかける女性

猫の透き通った美しい目は、ついついじ〜っと凝視したくなってしまいます。ですが、見つめていると猫の方がふいっと視線を反らすことはありませんか?

これは猫界では視線を合わせることは喧嘩を売っている、という意味があるからです。信頼関係が築けている場合は多少見つめあっても問題はないようですが、あまりに見つめていると叱られてしまうかもしれません。

猫の目を見つめたければ視線は合わせないように行うか、度々瞬きをして敵意がないことを伝えると良いでしょう。

3. しっぽを振る

横になりながら尻尾を振っている猫

猫がしっぽをバタバタと早く振っているとき、どんな気分だと思いますか?犬は嬉しいときに良く振っていますが…。ですので猫も嬉しいのかと思いきや、実は逆なのです。

早く振っているときはご機嫌が悪いとき。ここを勘違いすると、叱られてしまうでしょう。しっぽ以外にもイカ耳になっていたり、被毛が逆立っていたりするかもしれません。ご機嫌ナナメサインを見逃さないように注意してください。

4. おとなしいからナデナデ

猫を膝の上に乗せて撫でる人

猫がじっとリラックスして座っているとき、構われたくないことがあるようです。おとなしくしているときは絶好のナデナデタイムと思ってしまいますが、それは聞いてからにしましょう。OKなときもあれば今は嫌、ということもあります。無理に触ることのないようにしてください。

また寝ているときにもついつい構いたくなってしまうのですが、睡眠は猫にとってとても重要な時間です。なるべくゆっくりと休めるように、邪魔をしないようにしてあげましょう。

5. 遊び中の毛づくろい

横になって毛繕いをしている猫

猫と遊んでいると、突然毛づくろいを始めることがあります。これをやられると「もう飽きたのかな?」と飼い主さんは思ってしまうでしょう。でも、おもちゃを片付けると叱られてしまうかも。

遊んでいるときの毛づくろいは飽きたのではなく、興奮しすぎた神経を落ち着かせるためなのです。つまり、最高潮に楽しんでいるということ。「興奮しすぎるな。落ち着け、自分。」と毛づくろいをして気を静めているのです。ですから、まだまだ遊ぶ気満々です。おもちゃを片付けるのは少し待ってあげてください。

まとめ

不機嫌そうな表情でこちらを見る猫

猫と人との間には、相容れない常識が存在しています。飼い主さんに合わせてもらうことは残念ながらできません。ですから、猫の方に寄り添ってあげてください。そうすれば今以上に絆が深まり、一緒に過ごす時間がより楽しいものとなるでしょう。

スポンサーリンク