猫にシャンプーは必要?

猫にシャンプーは必要?

猫にシャンプーをするかどうか…悩む部分かと思います。やはり洗った方がキレイになるし、匂いもさっぱり!そう思ってシャンプーする飼い主さんは多いでしょう。でも本当に、猫を洗う必要ってあるのでしょうか?

643view

SupervisorImage

記事の監修

北里大学獣医学科卒業。埼玉県内の動物病院で勤務医をしながら教育・研究にも携わっており、大学では『伴侶動物の鉄代謝』をテーマに研究しています。『猫は小さな犬ではない』という格言のもと、何よりも猫ちゃんの健康と福祉の向上を一番に考え、日々の診療に励んでおります。

基本的には必要ない

桶に入っている猫とブラシ

猫のシャンプーは、基本的には必要ありません。なぜなら毛づくろいでキレイにしているからです。室内飼いではほとんど体が汚れることはありませんし、元々体臭があまりない動物です。ですから猫をシャンプーしなくても、困ることはないでしょう。

本能的に水を怖がるので、洗われるのをひどく嫌がることがあります。ストレスも感じるようです。暴れる猫をシャンプーするのは飼い主さんにも大きな負担がかかるので、無理にする必要はありません。お互い大変な思いをするのは、目に見えていますから…。

必要な猫もいる

シャンプーされている猫

野良猫や長毛猫、無毛の猫、汚れがひどい猫などはシャンプーした方が良い場合もあります。外にいた場合は汚れていますし、ノミが付いていることがあります。長い毛ではゴミがつきやすく絡まりやすいです。

無毛の猫はシャンプーの必要はない気がしますが、皮脂が溜まりやすいので洗ってあげた方が清潔に保てます。その他にもお尻に排泄物がついてしまっている場合などは、シャンプーをした方が良いでしょう。

嫌がらない場合はOK!

おとなしくシャンプーされている猫

稀に嫌がらない猫もいます。その場合はシャンプーしてあげると良いでしょう。ただあまりに頻繁だと必要な皮脂もそぎ落としてしまうので、年に1~2回程度が望ましいようです。換毛期に洗ってあげると抜け毛が取れ、さっぱりするでしょう。

子猫の頃から慣れさせておくと良いという話がありますが、これには個体差があるようです。いつまで経っても嫌がる猫は、無理に洗わなくても良いでしょう。シャンプーによるストレスで体調を崩してしまったり、飼い主さんへの信頼を失ってしまったりすることさえあるでしょう。

シャンプー以外の方法も

ガーゼで顔を拭かれている猫

水に濡れるのが大っ嫌い!!でも体が汚れているから洗いたい…そんな場合もあるでしょう。ペット用ウェットティッシュやドライシャンプーなどを使ってキレイにしてあげましょう。後で猫が舐めても体に害のない成分のものを使用してあげてください。

水を使うシャンプー以外の方法なら、水嫌いでもそれほど負担がかかりません。嫌がって暴れることがないので、飼い主さんも楽にキレイにできるでしょう。

まとめ

ゆず

シャンプーは必ずしも猫が望んでいることではありません。どうしても必要がある場合以外は、行わなくても特に問題になることはないでしょう。水が好きならたまに洗ってあげると、喜ぶかもしれませんが。その猫に合わせて、シャンプーするかどうかを決めてあげましょう。

スポンサーリンク