遊ぶの大好き!活発で運動神経の良い猫種3選

遊ぶの大好き!活発で運動神経の良い猫種3選

マンチカンやスコティッシュ、ラグドールなど近年ではどちらかというとおっとりとした性格で、例えば集合住宅の室内飼いでも騒音トラブルを起こしにくかったりなど、大人しめの猫種が好まれる傾向が強いようにも感じられます。しかし、本来猫は活発かつ野性味溢れる動物で、それが非常に魅力であるとも言えるのです。そこで今回はあえてそんな元気で可愛い猫種についてまとめてみました。

633view

1. ベンガル

ベンガル

豹柄の見た目そのままにワイルドなベンガルは非常にしなやかで筋肉質な体型をした、豹柄の斑点模様が特徴的な猫種です。ベンガルはアメリカ原産の猫で、猫種の品種改良を進める過程でヤマネコ(アジアンレオパードキャット)と短毛のイエネコを交配し、その結果として誕生しました。

ベンガルはペットとして飼われている猫の種類の中でも、飛び抜けて活発で運動量も多いとされていますが、これはヤマネコの血を引いていることもあり、ワイルドさを残しているからなのかもしれません。

性格や特徴

ベンガルは非常に元気な猫種で飼い主の膝の上で大人しくしているよりは、一緒におもちゃで遊んだり、走り回ったりするのが好きな猫です。また、時々すごいジャンプ力を見せて飼い主さんを驚かしたりもします。

ただ、非常にワイルドな気質であるからといって、気難しい性格をしているかというとそんなことはなく、甘えん坊で従順な部分もある可愛い性格の猫種です。

2. アビシニアン

アビシニアン

オリエンタルな美しさと活発さを持つアビシニアンは筋肉質の引き締まった体に、光沢のある毛並みが美しい猫種です。アビシニアンという猫種の起源についてははっきりとしておらず、例えば4000年前の古代エジプト文明の壁画に描かれている猫のモデルと言われたり、アビシニア(現エチオピア)戦争の後にイギリスに持ちかえられて品種改良されたなど、いろいろな仮説が立てられていますが、本当のところは謎に包まれています。

そんなアビシニアンは見た目もどこかオリエンタルな雰囲気で、目の下にクレオパトララインと呼ばれる特徴があったりと、猫種自体起源ははっきりとしていませんが、中東の美を彷彿とさせる見た目をしています。

性格や特徴

性格の方はというと非常に活発で遊ぶのが大好き、運動量も非常に多く、牧羊犬として屋外を駆けまわるコリー犬のようだということで、猫のボーダーコリーと呼ばれることもあるそうです。また、高い所に登ったり、飼い主の投げたボールを取ってくるのも大好きです。

このようにアビシニアンは非常に活発かつ、オリエンタルな魅力を持つ猫なので、元気な性格で美しい見た目の猫を飼いたいという人にはぴったりかもしれません。

3. コーニッシュレックス

コーニッシュレックス

元気なだけでなく、不思議な魅力を持つコーニッシュレックスはとてもインパクトのある見た目の猫種です。その体付きは筋肉質ではありますが非常にスリムで、毛並みやヒゲ、眉はウェーブがかかり縮れています。耳も特徴的と言われバットイヤーと呼ばれるコウモリのような大きな耳が小さな顔についているその容姿は、宇宙から来た猫と言われたり、細身で非常に短毛であることから猫界のグレイハウンド(犬種)に例えられることもあります。

性格や特徴

そんな非常に不思議な魅力のあるコーニッシュレックスの性格はというと、スリムで優雅な見た目ではありますが、非常に活発で元気に遊ぶのが大好きです。飼い主さんにおもちゃを投げてもらいそれを取って来るというような運動も好みます。

また、それだけでなくコーニッシュレックスは非常に愛情深く、甘えたりするのが大好きな猫種であるとされているので、不思議な魅力を持っていて元気で愛情深い猫を望んでいる人には相性の良い猫種と言えるでしょう。

まとめ

Otto

いかがでしたか?猫は大人しくのんびりした性格であっても可愛いですが、猫をたくさんかまってあげたい、元気で一緒に遊べるような猫が欲しいという人には今回ご紹介したような活発な猫種がぴったりかもしれません。

ただ、例えばアビシニアンの場合は多頭飼いの猫や見知らぬ人に神経質になる傾向があったり、コーニッシュレックスの場合はたくさんかまってあげないと、極端に寂しがるなど猫それぞれの特徴もありますので、自分の住環境や生活リズムを考慮して飼育は検討したほうがいいでしょう。

また、活発な猫は走ったりジャンプしたりして遊びますので、隣人との騒音トラブルなどが気になるという人にはあまり向かないかもしれません。もし自分の環境や生活リズムと条件が合うようであれば、ぜひこの魅力的で活発な猫達の飼育も検討してみてくださいね。

スポンサーリンク