気がつくと見られてる!猫が隙間から飼い主を覗く理由3つ

気がつくと見られてる!猫が隙間から飼い主を覗く理由3つ

猫ちゃんと暮らしているとふと後を見ると、こちらをじーっと見ている愛猫と視線が合うことがあります。堂々と見てもいいのに後からこっそりと覗くように見ている猫ちゃんは一体どのようなことを考えているのでしょうか。

1006view

なぜ猫はこっそり覗く?

毛布の中からのぞく猫

飼い主さんが日々猫ちゃんとの生活を送っていると、なんだか視線を感じる瞬間はありませんか。なんだろうと思い振り返ってみると、愛猫が物陰からじーっと飼い主さんを見ていることがあります。

猫ちゃんと暮らしているといわゆる「あるある」な場面なのですが、猫ちゃんとしては一体どのような心理状態なのでしょうか。飼い主さんから見ると「なぜあんなにこっそりと見られているのだろう」と謎が深まることだと思います。そのため今回はこのテーマを調べていきたいと思います。

1. 観察している

高いところから見る猫

猫ちゃんは知能のある賢い生き物です。飼い主さんのことをよく観察し、何をするつもりなのかを興味をもって見つめています。毎日の飼い主さんの癖も把握しますし、「この時間になるといつもこれをやるなぁ」とか「これをやる癖があるなぁ」とか意外に覚えるのです。

それを自分は安全な場所にいながら、こっそりと観察されている可能性があります。動体視力の優れた猫ちゃんなので、人間の目から見た景色とはまた違った景色の中で観察していることでしょう。目を輝かせて飼い主さんの方を見ているようなら、そのまま好きなだけ見てもらいましょう。

2. 構ってほしい

床に寝そべる猫

猫ちゃんの性格によっては、甘えん坊な子とそうでない子がいます。甘えん坊な子は直接飼い主さんの方に近づいて、遊ぼうというアピールをするのですが、そうでない子はこっそり物陰から飼い主さんを見つめることで訴える子もいます。

遊びたくても素直に甘えられないがためにそのような行動をとっていますので、飼い主さんはできるだけ配慮してあげる必要があります。遊んでほしそうだなと感じ取ったら、なるべく付き合ってあげるようにして下さい。猫ちゃんも遊びに満足したらふいっとその場を離れていきますので、そうなったら満足したという意味でとって大丈夫です。

3. 警戒している

警戒している猫

元々、警戒心の強い猫ちゃんに多いのですが、飼い主さんを怖がって警戒している可能性があります。飼い主さんが掃除機といった大きな音のでるものを動かしていたり、知らない人が家に来て飼い主さんと話をしているときなども、猫ちゃんはあっという間に隠れてこっそり覗きます。

警戒すべき対象がいったいどのような動きをするのか、安全圏から観察しているのです。このような性格の子の場合は、飼い主さんも警戒が解けるまではむやみに近づかないようにしましょう。安全だと把握したら、向こうから自然と近づいてくると思われます。

まとめ

まめた

猫ちゃんから覗かれるといっても様々な意味があることが分かりました。日頃のコミュニケーションから、愛猫がどのような気持ちで覗いているのかを把握する必要がありますので、普段の生活からしっかりと観察しておきましょう。

スポンサーリンク