猫が幸せを感じる生活環境3つ

猫が幸せを感じる生活環境3つ

猫ちゃんにとって居心地の良い環境を考えたことはありますか。つい飼い主さんの視点で良い環境にしてしまいがちですが、たまには猫ちゃんの視点から考えてみましょう。

1687view

猫好みの環境とは?

マフラーに包まれている猫

猫ちゃんにとって幸せな環境とは何かを考えたことはありますか。元々こういった考えは動物園で動物達を飼育する時に生まれました。「環境エンリッチメント」という言葉が近い概念であり、動物福祉の立場からどのような環境が理想なのかを追求したものです。

エンリッチメントとは「豊かにする」という意味があり、動物達にとってストレスの無い幸せに感じる環境を指すようになりました。動物がストレスを感じてしまうと異常行動を起こしてしまう可能性が高くなります。同じことろをぐるぐる回ってしまったり、自傷行為に走ってしまったりします。そのような事を起こさないようにするために、今回は猫ちゃんがどういった環境を好むのかを調べてみました。

1. 床の素材

フローリングの上の猫

猫ちゃんは綺麗好きな生き物ですので、生活環境に清潔さは欠かせません。よく動物病院のフロアやケージが一般的に素材が金属やコンクリート、もしくはプラスチックなどで作られています。これは消毒のしやすさが求められており、対応できる素材にしているからです。

しかし猫ちゃんの視点から見ると、温度の変化が少ない木材やフリースの素材を好みます。これらから基本的には、掃除のしやすい空間で作ってあげるのがベストですが、猫ちゃんのお気に入りの休憩場所やよく行く寝場所などは、柔らかい素材で包んであげると喜ばれると思われます。

2. 能力の発揮できる空間

キャットタワー上の猫

猫ちゃんという生き物は、野生環境で敵から逃げる手段として木登りやジャンプをする能力が発達しました。その性質から、猫ちゃんは高い場所にいると安心感を得ることができます。そのためストレス緩和に一番手っ取り早いのが、キャットタワーを設置してあげることです。

基本的に猫ちゃんのジャンプ力は体長の約5倍だと思ってください。そして1メートル以上の高い場所には、慣れたところでないとなかなか登ってくれません。今は通信販売で様々なキャットタワーが販売されていますので、愛猫の体格に合わせてものを購入しましょう。

もちろん家の家具で疑似キャットタワーを作成することは可能です。ソファ、デスク、タンスといったように上手くつなげてあげて、愛猫が登りやすい環境を整えてあげましょう。

3. 隠れ場所

隠れている猫

猫ちゃんは体を隠せる場所を好みます。本来単独で生きる動物ですので1匹ですぽっと隠せるジャストな空間を好みます。ぴったりと、ぎりぎりのサイズが良いです。

猫ちゃん用の隠れ家として「猫ハウス」や「猫ちぐら」などが販売されています。購入したのに使ってくれないという場合の大半は、サイズが大きすぎることが原因であることが多いです。その場合は中にタオルなどを敷き詰めてあげて工夫しましょう。

まとめ

八(はち)

猫ちゃんの性質に沿って環境を整えてあげると、猫ちゃんも生き生きと過ごすことができます。ぜひ空間を見直して直せるところから始めていきましょう。

スポンサーリンク