余ったダンボールで三角屋根のハウスを手作り!

余ったダンボールで三角屋根のハウスを手作り!

以前からダンボールハウスは数個作りましたが、猫たちのお気に入りでも、暫く使っていると端の方をかじったり、上に乗って次第に猫たちの重さで潰れてしまったものがあります。そこで、余ったダンボールがあったので、可愛らしく三角屋根のハウスを作ってみました。その作り方です。

241view

猫たちのために作った物

三角屋根のダンボールハウスを作りました。

我が家には3個手作りのダンボールハウスがあります。どれも簡単に作れて、寒い時はハウスの中にフリースや小さな座布団などを入れると、その中で眠ってしまうこともあります。ただ暫く使っていると、上に乗ってつぶれてしまったり、ダンボールの周りを悪戯でかじってしまって、ボロボロになった物もあります。

それで、今は1個しか残っていません。そこで、自宅に使わないサイズ的に丁度いいダンボールがあったので、ハウスを作ってみました。

三角屋根のダンボールハウスの材料

材料が写っている

1.ダンボール箱 1個
2.屋根に使う厚紙(ダンボールのしきりに使っていた物があったので、今回はそれを使いました。)
3.カッティングシート 適宜
4.はさみ・カッター・ガムテープ

ダンボールハウスの作り方

  1. まず、底や四方を頑丈にするために、ガムテープでしっかり留めておく。
  2. 猫の出入り口にするために、正面に丸く穴を開ける。なるべく切り口はきれいに始末した方が、猫がかじりません。
    ダンボールの穴を開けている
  3. しきりに使っていたダンボールを中心で追って、屋根の様に置きガムテープで取り付ける。
    ダンボールに屋根を付けている
  4. ここまで出来たら、ダンボール全体にカッティングシートを張り付ける。
    正面が写っている
  5. 出来上がりです。
    カッティングシートを貼っている

猫に見せてみました

部屋の猫ベッドの中で気持ちよさそうに寝ていたのですが、出来上がったダンボールハウスを部屋の片隅に置いてみると、直ぐに寄ってきました。まずは何かな~?と、匂いを嗅ぎだしました。次にハウスの周りをグルッと歩き回って顔だけ中に入れました。

猫が入り口に顔を入れてのぞき込んでいる

中に何かあるのかなとでも警戒しているみたいに、身体はいつでも逃げ出せるような体制です。そのうち、怖い物ではないと分かったようで、出たり入ったりを繰り返していました。ただ、時々屋根のカッティングシートを貼っている所を、口でかじろうともしていたので、カッティングシートの端をなるべく剥がれにくいようにきれいに貼り直しました。

猫がハウスの屋根を噛んでいる

まとめ

猫がダンボールハウスの後ろに写っている

猫を飼っていると、フードやトイレの雑貨などをまとめて購入したりするので、その度にダンボールが余ったりします。何も使わないと廃品回収用品になってしまいますが、再利用でこのようなダンボールハウスがほとんでお金をかけずに作れるので、便利だと思います。

基本猫はこのような箱の入れ物が大好きなので、そのうち中で寝たり、お気に入りの玩具を入れて遊んだりする姿を見ていると、こちらも癒されます。何も手を加えずに四角に織り込むだけでも猫は喜んで使ってくれるので、一番簡単な手作り品だと思います。

スポンサーリンク