猫の『腹ペコ』サイン5つ

猫の『腹ペコ』サイン5つ

猫が腹ペコになると、様々なサインで飼い主さんに伝えてきます。それはどんなサインなのでしょうか?個体差があると思いますが、一般的な猫の腹ペコサインを、お伝え致します。

2134view

1. おねだりして鳴く

こちらを見上げて鳴く猫

猫が腹ペコになると良くやるのが、「鳴いておねだり」です。「お腹空いた〜ご飯ちょうだい〜」とニャーニャー鳴いて知らせてくれるでしょう。

もちろん、鳴く猫と鳴かない猫がいますし、その時々で鳴いたり鳴かなかったりということもあります。ご飯の要求のときは、普段とは違う声色で鳴く猫もいますね。その猫によって鳴き方が様々なので、特徴を捉えておくと分かりやすいでしょう。

2. ご飯場所に待機

赤いフードボウルでご飯を食べる猫

腹ペコになると密かに、いつもご飯を食べている場所に待機する猫も。筆者宅の猫にこのパターンの子がいますが、ホントさりげな〜くその場所にいるので、たまに気づかないことがあります。

それでも猫はじ〜っと気がついてくれるのを待っているので、我慢強いですね。元来猫は狩りをするのに待ち伏せすることがあるので、待つことには慣れているようです。でも、さりげないご飯アピールがとても愛おしく感じます。

3. 嘔吐

口を開けて気持ち悪そうな表情の猫

猫が腹ペコになりすぎると、嘔吐してしまうことがあります。白い泡の胃液や、黄色い胆汁を吐いてしまうのです。ご飯を小分けにして与えて、腹ペコにならないよう注意してあげましょう。

もし何度も嘔吐したり血を吐いたり、元気がなくなるようなら、ただの腹ペコではない可能性がありますので、動物病院を受診するようにしましょう。

4. 飼い主さんの注意を引く

寝ている飼い主の顔に手を伸ばす猫

物を落とす、邪魔してくるなど、飼い主さんの注意を引くことも。「早くご飯、ちょうだい!!」と言っているので、早めにあげるようにしましょう。

飼い主さんが寝ている早朝に、腹ペコで起こしにかかってくる猫もいますね。前足でのちょいちょいから始まり、なかなか起きないと強硬手段で、高い場所からダイブすることもあります。痛い目に合わないうちに猫の欲求を満たしてあげましょう。

5. 恨めしげに見てくる

家具の隙間からじっと見つめる猫

腹ペコをアピールするため、飼い主さんの側に座ってじ〜っと、恨めしげに見てくるパターンもあります。何とも言えない、じっとり感。ご飯が貰えるまで飼い主さんの側を動かないので、早めにあげるのが得策でしょう。

まとめ

つみれ

その猫によって独特の、腹ペコサインがあるかもしれません。いずれにしても猫の腹ペコには、早めに気づいてあげる方が良いですね。

ご飯のあげ過ぎは良くありませんが、あまりに腹ペコなのも可哀想です。猫の腹ペコサインを見極めて、対処してあげてくださいね!

スポンサーリンク